2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

大阪から京都の宇治へ日帰り旅行!【旅のモデルコースと費用】

京都の宇治に日帰り旅行をしてきました。
大阪発の京阪電車を利用したプランです。

今回の旅の目的は2つ。

・三室戸寺
・平等院鳳凰堂

この2ヶ所に行くことでした。
というわけで、この記事ではこんなことをご紹介します。

・三室戸寺の観光情報
・平等院鳳凰堂の観光情報
・日帰り旅行のプランとルート
・日帰り旅行でかかった費用

・京都の宇治に日帰りでお出かけしたいー!

という人の参考になれば幸いです♪
それでは詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

旅のプラン

まずは日帰り旅行のプランのご紹介です。

・11:00 大阪発
・12:30 京阪宇治駅着
・13:00 「しゅばく」さんでお昼ごはん
・14:00 三室戸寺を観光
・15:30 古民家カフェ「通園」さんで休憩
・16:00 平等院鳳凰堂を観光
・17:00 宇治発
・18:30 大阪着

大阪発は11:00。
ちょっと遅めの出発になりました。

宇治駅に到着したのはお昼時。
「しゅばく」というお蕎麦屋さんで昼食を取りました。

食べログで高評価なだけあって、お店の前には行列。
20分くらい待ちました。

その後は、宇治の名物「抹茶」を利用したソフトクリームのおやつ♪

14:00には三室戸寺に到着。
ちょうど紫陽花の時期だったので、紫陽花を鑑賞しました!

三室戸寺の後は、再び宇治駅周辺へ。
平等院鳳凰堂に行く前に、川沿いの古民家カフェ「通園」で休憩。

体力を回復して平等院鳳凰堂に向かいます。
仲見世通りを抜けて、平等院鳳凰堂に到着!

たっぷり宇治を観光して、17:00には現地を後にしました。

 

スポンサーリンク

旅のルート

今回の旅のルートはこちら。
大阪から宇治までは省略しました。

宇治で訪れた場所を徒歩ルートで繋いでいます。

・トータル3.6km
・約50分

の道のりです。

実際すべて徒歩で行きました笑
結構歩いていますね笑

スポンサーリンク

かかった費用

今回の日帰り旅行でかかった費用のご紹介です。

・トータルで約4,600円

トータルでは5,000円以下となりました。
交通費が安いので、全体的に安く収まっています。

内訳はこちらです。

・交通費 約1,200円
・食事代 約2,000円
・三室戸寺 800円
・平等院鳳凰堂 600円

ちなみに食事代には、

・お昼ごはん代
・ソフトクリーム(おやつ)代
・カフェ代

が含まれています。

 

スポンサーリンク

日帰り旅行のご紹介

今回の日帰り旅行の内容をご紹介します。
以下の6つに分けてお伝えします。

①京阪宇治駅へ
②「しゅばく」のお蕎麦
③「駿河屋」さんの抹茶ソフト
④三室戸寺
⑤古民家カフェ「通園」へ
⑥平等院鳳凰堂

 

①京阪宇治駅へ

大阪市内から電車を乗り継いで、まずは京阪宇治駅に向かいます。

「京阪」とわざわざ書いているのは、JRにも宇治駅があるからです。
2つの駅の場所はこちら。

宇治川を挟んで徒歩10分の距離にあります。
近いので正直、どちらに着いても問題ないです。

 

②「しゅばく」のお蕎麦

宇治駅に到着したのは12:30。
ちょうどお昼時です。

食べログで評価の高かった「しゅばく」というお店に行くことにしました。
お蕎麦屋さんです。

駅からは徒歩1〜2分の距離です。
とても近い。

お店の前に到着すると行列が・・・。

名前を書いて待つこと10分〜20分くらい。
ようやく入ることができました。

メニューはこちら。
「このわた」や「鯛わた塩辛」など珍しいメニューもありました。

とても暑い日だったので、

・辛味大根おろし 1,050円

を注文しました。
ピリッとした辛さが暑さに効きます♪

そしてお蕎麦が到着ー!
美味しそー!

このお店は十割そば。
つなぎが入っておらず伸びやすいので、急いで食べます!

喉越しも香りも最高でした♪

本当に美味しかったです。
行列の理由が分かります。

蕎麦湯で最後まで美味しくいただきます。

名称 しゅばく
住所 京都府宇治市宇治東内13-1
営業時間 11:00〜15:00 ※売り切れ次第終了
定休日 月
カード 不可
駐車場 あり
アクセス 京阪宇治駅から徒歩2分くらい
HP(食べログ) https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260701/26004771/

 

③「駿河屋」さんの抹茶ソフト

お蕎麦を食べた後は「駿河屋」さんでソフトクリーム♪

・宇治と言えばお茶!
・お茶といえば抹茶!

ということで、抹茶のソフトクリームです。
この日はめっちゃ暑かったので、最高でした。

英気を養って、いよいよ三室戸寺へ向かいます。

・三室戸寺へは、京阪宇治駅から歩いて約20分〜30分くらい
名称 駿河屋
住所 京都府宇治市宇治東内16
営業時間 9:00〜18:30
HP(公式) http://chadango.jp/

 

④三室戸寺

ようやく三室戸寺に到着!

入口で拝観料を支払います。
あじさい園の時期は少し高くなります。

・通常期は大人500円
・あじさい園の時期は大人800円

園内には色とりどりの紫陽花が咲いていました。

三室戸寺の観光情報については、宇治の三室戸寺を観光してきました!【初夏は紫陽花、秋は紅葉が楽しめます】の記事に詳しく書いています。
気になる方はご覧ください。

三室戸寺には1時間くらい滞在しました。
また来た道を歩いて帰ります。

名称 三室戸寺
住所 〒611-0013 京都府宇治市莵道滋賀谷21
拝観時間 8:30~16:30(4月1日~10月31日)、8:30~16:00分(11月1日~3月31日)
拝観料(通常期) 500円(大人)、300円(子ども)
拝観料(あじさい園開園期間中) 800円(大人)、400円(子ども)
駐車場 あり(有料)
HP https://www.mimurotoji.com/

 

⑤古民家カフェ「通園」へ

宇治駅前まで戻ってきました。
平等院鳳凰堂に行く前に小休止を入れます。

お邪魔したのは「通園」さん。
宇治川沿いに店を構えており、店内から川を眺めることができます。

創業はなんと平安時代末の永暦元年(西暦1160年)!

ここではアイスコーヒーを注文しました。
しばしの休憩〜♪

名称 通園
住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治東内1
営業時間 9:30〜17:30
HP http://www.tsuentea.com/index.php

 

⑥平等院鳳凰堂

2つ目の目的地、平等院鳳凰堂に到着しました。
入口で入場料を払います。

・入場料は大人600円です

平等院鳳凰堂といえば、10円玉で有名。
実はいままで行ったことがなく、20代後半にして初めての訪問となりました。

まずは園内マップを確認します。

今回は都合により時間が限られていたので、2ヶ所をメインに観光しました。

・鳳凰堂
・鳳翔館

最初に訪れたのはメインの鳳凰堂!
これは、周りを池に囲まれた中島に建てられています。
まるで、極楽の池に浮かぶ宮殿のよう。

ちなみに、鳳凰堂の一部は工事中でした。
(2019年6月末時点)

続いて鳳翔館に行ってみました。
こちらはミュージアムです。

中には平等院鳳凰堂の国宝が展示されていました。
撮影NGだったので写真はないのですが、結構見ごたえがありました。

映像や照明が工夫されており、まるで美術館のよう。
滞在時間は30分くらいでしょうか。
ゆっくり見れば1時間くらいかかります。

これにて平等院鳳凰堂の観光は終了。
京阪宇治駅まで戻り、大阪に帰ります。

名称 平等院鳳凰堂
住所 https://www.byodoin.or.jp/
拝観時間 8:30〜17:30 (受付は17:15まで)
拝観料 大人600円、中高生400円、小学生300円
駐車場 なし
HP https://www.byodoin.or.jp/

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、京都宇治への日帰り旅行についてご紹介しました。
それではまとめです。

行ったのは下記の5ヶ所です。

・しゅばく|お蕎麦
・駿河屋|抹茶ソフト
・三室戸寺|紫陽花
・通園|カフェ
・平等院鳳凰堂|世界遺産

電車で大阪から向かい、トータルの費用はこちらでした。

・約4,600円

5,000円以下で楽しめたので良いプランだったかなぁ〜と思います。

ちなみに、三室戸寺は紫陽花以外にも、四季を通じて見どころがあります。
三室戸寺の観光情報については、宇治の三室戸寺を観光してきました!【初夏は紫陽花、秋は紅葉が楽しめます】の記事で詳しくご紹介しています。

みなさんも宇治に旅行に行ってみてはいかがでしょうか。
大阪からなら1.5時間くらいで着きますよ。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました