【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

にこ淵へのアクセス方法は?滞在時間と見どころも紹介!【駐車場とトイレ情報も】

hiro
hiro

「にこ淵」に観光に行く人
・にこ淵へのアクセス方法や見どころを知りたい
・あと、駐車場の情報やトイレの情報、公共交通機関で行けるのかも知りたい
・ついでに、観光の所要時間の目安や旅行プランも教えて欲しい

こんな悩みを抱えている人はいませんか?
この記事を読むことで以下が分かります。

・にこ淵への車でのアクセス方法や観光情報
・駐車場やトイレの有無、公共交通機関でのアクセス方法
・観光に使った所要時間や旅のプラン

この記事を書いている私は、先日、1泊2日で高知に旅行に行ってきました。そのとき、レンタカーを借りて、「にこ淵」→「中津渓谷」→「雨竜の滝」の順番に観光してきました。

事前にネットで色々調べたのですが、

・アクセス方法は?(山の中だけどナビ機能する?)
・駐車場はどこにあるのか?
・近くにトイレとかある?

あたりがやや分かりにくかったので、自分で記事にすることにしました。アクセス方法とか駐車場の場所とかは結構詳しく書いています。この記事が、同じように観光する人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のスケジュール

hiro
hiro

にこ淵には高知空港からレンタカーで行きました!

スケジュールはこちら。

10:30 高知空港着
10:45 レンタカーで出発
14:00 にこ淵 着
14:00-14:30 観光時間\(^o^)/
14:30 にこ淵 発

「にこ淵」自体の観光時間は30分強でした。淵は狭く、観光客も多いので、あまり長居できる場所ではなかったです。

ただ、その短時間でも大きな感動を味わえます。高知空港からレンタカーで行きました。フライトはジェットスターを利用しました。

高知空港〜にこ淵までは、車で約1.5時間ですが、寄り道したりご飯を食べたりしたので、3時間くらいかけて移動しました。

そして、「にこ淵」観光後はそのまま中津渓谷に移動しました。ここでも仁淀ブルーを堪能し、高知市内へと帰りました。

 

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

 

スポンサーリンク

にこ淵とは?

hiro
hiro

「にこ淵」は神秘的なブルーの淵です!
仁淀川の青さを最大限に堪能できる場所です〜

上記の写真は実際に現地で撮影したものです。その青さが分かると思います。木々の合間から差し込む光が美しさを際立たせています。

そんな「にこ淵」の説明は下記です。

美しい娘と大蛇伝説の舞台となった神秘的な青い滝壺。
「仁淀ブルー」の名付け親であるネイチャーカメラマンの高橋宣之氏が、この青こそ仁淀ブルーと言わしめた場所でもある。
木々の間から光が差す僅かなひととき、水面は宝石の輝きのごとく美しい。

参考:奇跡の清流 仁淀ブルートリップガイド

また、神聖な場所とのことで、節度を持って観光する必要があります。

にこ淵は、水神の化身とされる大蛇が棲む所とされ、地元の方は近寄らない神聖な場所です。マナーを守り、静かにご覧ください。また、入水、飲食、トイレなどはご遠慮ください。

参考:いの町観光協会

 

スポンサーリンク

にこ淵へのアクセス方法

高知空港からにこ淵までレンタカーで行ってみました。写真を交えながらアクセス方法をご紹介します。

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

 

車での行き方|駐車場あり

hiro
hiro

gooleマップでは1.5時間くらいのルートです!

高知空港からにこ淵までのルートはこちら。google的には1.5時間ですが、車のカーナビで検索したら下道で2時間くらいと出ました。実際に2時間ほどかかりました。

道中には道の駅「くらうど」食事処「おうぎ」などがあり、休憩&食事もできます。実際、これらの施設に寄りました。詳しくは下記の記事からどうぞ。

車でのアクセスですが、道はそこまで複雑ではないです。基本的にはナビ通りに進んでいけばOKです。

ただ、1ヶ所分かりにくい場所があります。それが(↓)です。Googleマップ上でピンを立ててみました。ここで、国道から右の脇道にそれることになります。

目印はこの看板です。「グリーンパーク」と書かれた看板がある場所を右に進みます。

看板をもう少し拡大するとこんな感じ。この細い道を進んでいきます。

この先は一本道です。にこ淵までは5分くらいです。

にこ淵には駐車場があります。情報は下記です。

・7台〜9台くらい入りそう
・無料

そんな駐車場の場所はこちらです。Googleマップでは検索してもHITしないので、自分でピンを立ててみました。

この数百メートル先に「にこ淵」があります。駐車場には下記の看板が立っているので、分かると思います。

進行方向の左側に駐車場があります。私が行った時は一台だけ止まっていました。

が・・・最終的に7台まで増えました。あと2台くらいは入りそうな感じ?

駐車場に車を停めた後は、徒歩で向かいます。にこ淵までは5分もかからないです。道も一本道なので迷わないと思います。ちなみにこんな道です。

しばらく行くと「にこ淵」という看板が見えます。これで到着です。

 

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

 

公共交通機関での行き方

hiro
hiro

にこ淵へは公共交通機関を利用していくことができます♪

ちょっと大変ですが、にこ淵へは電車+バスでも行けます。

・免許持ってない
・山道の運転は不安

という方は、公共交通機関でのアクセスになります。私は利用していないので詳しく解説できませんが、アクセス方法を記載しておきます。

JR伊野駅から
→とさでん交通バス「長沢行き」乗車
→乗車約50分『程野入口』下車
→グリーンパーク方向へ徒歩約20分

※とさんでん交通バス「土居行き」で、
終点の『土居』で下車すれば、
『程野入口』まで徒歩10分で行くことも可能です。

JR伊野駅時刻表は↓↓↓
http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/busstop/20161001_pdf/inoekimae.pdf?20170509171421

参考:いの町観光協会

実は当初、レンタカーではなく電車+バスで行こうかと悩んでいました。ですがやめました。理由は下記。

・バスの本数が少なく旅行プランに融通がきかない

バスの時刻表をチラっと見たのですが、1日数本でした。乗り逃すと大変です。

あと、本数が少ないと接続時間の待ちが発生するので、時間がもったいない&複数の観光スポットに寄れない問題もありました。というわけでレンタカーを選択しました。

 

道中にトイレあり

hiro
hiro

にこ淵に行く途中にトイレがあります! (外観は↑)

トイレがあるかないかは山奥に行くときに結構大事です。安心してください。にこ淵に向かう途中に公衆トイレがあります。

しかも、駐車場に近い場所なので結構良い場所にあります。トイレは(↓)の辺りにあります。

 

スポンサーリンク

奇跡のブルー「にこ淵」を観光!

hiro
hiro

にこ淵の魅力を写真でお伝えします♪

実際に「にこ淵」に行ってきたので、感動の写真たちを掲載します。ちなみに、観光時間は30分くらいでした。

ずっと居座っても良かったのですが、決して広くはない淵のスペースに、次々と観光客が来たので、頃合いを見て帰りました。

なお、道路から淵まで急斜面を下ります。雨の次の日とかは超滑るので注意が必要です。

行った感想としては、

・運動靴が良い
・スカートじゃな方が良い(裾が汚れる)

という感じです。

 

淵まで下る

hiro
hiro

まずは淵まで降ります!

道路沿いの入口から数十メートル降りた場所に淵があります。で、ここにはあらゆる注意書きの看板があります。

歩道は滑る場合があります。増水している場合があります!十分お気をつけください。落石にも注意

 

ご注意願います! 道は深い谷への急な坂です。転倒、負傷などの事例も発生。険しい山道に不慣れな方は降りないでください。

 

ご注意願います! はち、アブ、くも、ヘビ(まむし)等がいるかもしれません。道は深い谷への急な坂です。お気をつけください!

などなど。注意書きのオンパレードです。それを横目にこんな道を進んでいきます。かなりの急斜面なので、チェーンを使用して降りていきます。

途中から綺麗な階段が整備されています。

 

ついに「にこ淵」に到着!

hiro
hiro

ほんとうに綺麗でした・・・\(^o^)/

ついに到着です。これが「にこ淵」です。

ちょっと上の角度からの写真。木々に囲まれた神秘的な滝つぼです。

もっと上の角度からの写真。

いや〜ホント綺麗です。ずっと見ていられます。

当たり前ですが、自然の滝つぼを勝手に観光しに来ているだけなので、すぐ側は激流です。はしゃぎすぎると怪我をするので注意が必要です。

川の水を近くで見てみましたが、本当に青いんですよね。とっても神秘的。

川のせせらぎ。
風に木の葉が揺れる音。

そんな自然の音を聴きながら、青い水をずっと見てました。マイナスイオンたっぷり♪

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・にこ淵へは車でのアクセスがおすすめ (公共交通機関でも一応行ける)
・高知市内から所要時間は〜2時間くらい
・駐車場あり&近くにトイレあり
・そして「にこ淵」はびっくりするくらい青い!
・滞在時間は30分くらい
・淵まで下りる道は危険。歩きやすく動きやすい格好で

こんな感じです。

とにかく神秘的な場所でした。映画やドラマのワンシーンみたいな光景が広がります。有名なのも納得です。個人的には気に入りました。

なお、車でのアクセスがオススメです。移動に融通がきくので、他の「仁淀ブルー」スポットにも行けます。そのあたりの観光プランは下記に詳しくまとめています。

 

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました