2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

【関空】ジェットスターのオンラインチェックインの方法を画像付きで解説します!【当日空港での対応も紹介】

ジェットスターを利用する人
・ジェットスターのオンラインチェックインの方法を知りたい
あと、オンラインチェックインが完了した後、当日の空港ではどうすれば・良いのか教えて欲しい
・ついでに、フライト時に便利なアイテムがあれば知りたい

こんなことを思っている人はいませんか?
この記事では以下を解説します。

・ジェットスターのオンラインチェックインの方法
・オンラインチェックイン後、当日空港でどうすればいいのか?
・フライトに持っていくと便利なアイテム

ジェットスターのオンラインチェックインは、めちゃくちゃ簡単で超絶便利なので利用したほうが良いです。

カウンターに並ぶ必要がなくなりますし、搭乗時間に間に合わないというリスクを軽減できます。
LCCは厳しいので待ってくれませんので笑

この記事を書いている私は先日、ジェットスターの国内線でオンラインチェックインをしてみました。
その経験をもとにしてこの記事を書いています。

 

スポンサーリンク

ジェットスターのオンラインチェックイン

hiro
hiro

通常カウンターで行う搭乗手続きをweb上で自分で行うことを「オンラインチェックイン」と呼びます。

航空会社によっては「webチェックイン」ともいいますね。
ここではジェットスターのオンラインチェックインの概要をまとめています。

 

受付可能な時間

hiro
hiro

ジェットスター国内線は「出発の48時間前」から受付開始です!

会社によって「オンラインチェックイン」の受付時間が異なります。
だいたい「出発の48時間前〜1時間前まで」が多い印象です。

ちなみに、ジェットスターの場合は以下です。
受付時間は変わる可能性があるので、最新情報は公式HPよりご確認ください。

・日本国内線 出発予定時刻の48時間前〜35分前まで

 

預け荷物がなければ直接ゲートへ

hiro
hiro

機内持ち込み荷物だけの場合、当日カウンターに行く必要がありません\(^o^)/

この「オンラインチェックイン」を済ませておくと、当日の空港での手続きが超簡素化するので大幅時短になります。

・ジェットスターの場合、預け荷物がない場合は「オンラインチェックイン」を済ませれば、空港に到着後そのまま保安検査場→搭乗ゲートに行くことができます♪

公式の説明も引用します。
いや〜めっちゃ便利!

お預け手荷物のないお客様は、 PCやスマホからオンラインチェックインを済ませれば、空港カウンターでの搭乗手続きが必要ないので、空港に到着後そのまま保安検査場、搭乗ゲートにお進みいただけます。
お預け手荷物をお持ちのお客様は、PCやスマホからオンラインチェックインを済ませて、空港にて受託手荷物受付の締切時刻までに手続きをお済ませください。

引用元:チェックイン|ジェットスター

なお、ジェットスターの機内持込手荷物は7kgまでとなっています。
具体的には下記です。

・キャリーケースなどのお手荷物1個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計2個、合計7kgまで

これを超えると有料で荷物を預ける必要があるので、当日カウンターに行かないと行けません。

 

スポンサーリンク

利用したフライト

hiro
hiro

オンラインチェックインを利用したフライトをご紹介します♪

オンラインチェックインを利用したフライトは以下です。
ジェットスターのセールで往復7,000円くらいでゲットしました。

往路 大阪 09:25 → 高知 10:15
復路 高知 10:25 → 大阪 11:35

大阪から高知への国内1泊2日旅行です。
有休は使わずに土日休みで行きました。

 

スポンサーリンク

オンラインチェックインの方法

hiro
hiro

実際にオンラインチェックインをしたので方法をご紹介します!

オンラインチェックインの手順は下記です。
めっちゃ簡単です。

受付開始のメールが届く

予約番号を入れてチェックイン画面に移動

必要事項を入力

web搭乗券の発行\(^o^)/

で、あとは当日空港に行くだけです。
預け荷物がない場合は、そのまま保安検査場に行くことができます。

ジェットスター公式のPR動画を見つけたので貼っておきます。
「オンラインチェックインすればカウンターに並ぶ必要なくて便利ですよ」という動画です。

 

メールが届く

hiro
hiro

オンラインチェックインが可能になるとメールが届きます♪
チェックインを開始しましょう♪

私は搭乗の前日の朝に届きました。
オンラインチェックインが可能になる48時間前に来るわけではないようです。

なお、別にメールを待たなくてもジェットスターのHPから自分でオンラインチェックインができます。

届くのはこんなメール。
「今すぐチェックイン」をクリックしましょう。

 

必要事項を入力する

hiro
hiro

ここからは画面の指示に従い情報を入力していきます!

 

① 予約番号とメールアドレスを入れる

予約時に表示された「予約番号」とメルアドを入力します。

「予約番号」は忘れていても大丈夫。
届いたメール内に記載されています。

なお、同画面内の「オンラインチェックインのステップについて」をクリックすると、詳しい手順を見ることができます。

 

② チェックインする搭乗者を選択する

ここは「すべての搭乗者」で問題ないでしょう。
正しくチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリックします。

 

③ 予約内容を確認する

次は予約内容の確認&編集画面に移ります。

青枠・・・チェックインするフライトの確認と編集
緑枠・・・預け手荷物の確認と編集

となっており、特に問題なければ「次へ」を押します。
念のためクリックして中を見てみます。

まず「青枠・・・チェックインするフライトの確認と編集」です。
画面はこんな感じ。

今回は往路も復路もオンラインチェックインが可能な期間だったので、両方にチェックが入っています。

続いて「緑枠・・・預け手荷物の確認と編集」です。
荷物が少ないので、「受託手荷物なし」を選択しています。

もし、手荷物を追加したい場合はこの画面で追加できます。
もちろん有料です。

なお、機体に持ち込める手荷物は7kgまでです。
追加料金を払うことで、「機内持ち込み手荷物」の重さを増やせます。
希望する場合は、この画面で可能です。

 

④ 危険物の確認

荷物の中に持ち込みが禁止されている品物がないかをチェックします。
問題なければ「次へ」を押します。

 

搭乗券を発行する

hiro
hiro

いよいよ搭乗券が発行されます♪

危険物の確認の次が搭乗券の発券画面です。

・モバイル搭乗券|印刷不要
・PDF搭乗券|印刷必須

を選べます。
印刷不要の「モバイル搭乗券」が便利だと思います。

すると、搭乗券が発券されます。
これで完了です。

 

発行した搭乗券を再度確認する場合

オンラインチェックインは終わったけど、搭乗券のキャプチャを保存し忘れた。もう一度見たい

みたいなことがあると思います。
というわけで、もう一度搭乗券を見たい場合の方法について書きます。

まずはジェットスターのサイトにアクセスします。
アプリでもいいですね。

私はアプリを使っているので、アプリ画面で紹介します。
ブラウザ画面での操作方法と大きくは変わらないと思います。

① ログインして確認する方法
② ログインせずに確認する方法

の2つをご紹介します。

私はジェットスターのアカウントを持ってるのですが、そうでない人も多いと思います。
その場合は「②ログインせずに確認する方法」となります。

 

① ログインして確認する方法

まずはメールアドレスとパスワードを入れてログインします。
その後、メニューから「予約確認」をクリックします。

そうすると予約確認画面に移ります。
画面内に「搭乗券を表示」というエリアがあるので、ここをクリックすればOKです。

 

② ログインせずに確認する方法

まずは「予約確認」をクリックします。
そして、「ログインせずに予約検索」という画面に移ります。

ここで、オンラインチェックインをしたときと同様に、「予約番号」と「メールアドレス」を入力します。

すると、予約確認画面に移ります。
画面内に「搭乗券を表示」というエリアがあるので、ここをクリックすればOKです。
ここはログインした場合の手順と同じです。

 

当日、空港にて

hiro
hiro

預け荷物がなければカウンターには行かずに、保安検査場→搭乗ゲートでOKです!

これがめちゃくちゃ便利です♪
カウンターに行く必要がないので、大幅に時短ができます。

カウンター近くの看板にも「モバイル搭乗券」があれば、搭乗手続きは不要の旨が書かれています。

預け荷物がある場合はカウンターに行って手続きする必要があるので、ご注意ください。
ただ、オンラインチェックインが済んでいる人用の優先レーンがあります。

公式の説明も載せておきます。

お預け手荷物のないお客様は、 PCやスマホからオンラインチェックインを済ませれば、空港カウンターでの搭乗手続きが必要ないので、空港に到着後そのまま保安検査場、搭乗ゲートにお進みいただけます。
お預け手荷物をお持ちのお客様は、PCやスマホからオンラインチェックインを済ませて、空港にて受託手荷物受付の締切時刻までに手続きをお済ませください。

引用元:チェックイン|ジェットスター

 

スポンサーリンク

フライトで便利なアイテム6選

ジェットスターのオンラインチェックイン方法と合わせて確認したい便利なアイテムを6つご紹介します♪

 

① サコッシュ

「フライトでサコッシュ?」と思うかもしれませんが、あると便利なんです。
理由は下記。

・必要なアイテムを手元に置いておける
・夜間飛行で機内が暗いときアイテムを見失わない
・トイレに立つときや寝るときの防犯になる

機内では荷物は通路の上に格納するので、小物入れとして活躍するんです。
もちろん、旅先ではバックとして大活躍します。

私の愛用は、下記のコロンビアのものです。

なお、サコッシュの便利さは以下の記事で詳しく書いています。

 

② マスク

マスクは必需品です。
理由は下記。

・機内の乾燥対策
・密室なので風邪などをもらわないようにする

機内ってめちゃくちゃ乾燥します。
長時間乗っていると喉が痛くなるんですよね。
あと、密室なので風邪とかをもらわないようにしています。

 

③ イヤホン

イヤホンも必需品です。
理由は下記。

・音楽が聞ける+耳栓の2役をまかなえるから

寝たい時とか耳栓が必要なのですが、イヤホンを持っていけば代用できるので便利です。
無くしても壊れても惜しくないような安いものを持っていくことが多いです。

私が使っているのは、下記のパナソニックのカナル型のイヤホンです。
リーズナブルですが壊れにくいので旅行の時は愛用しています。

 

④ アイマスク

フライトで安眠するためにはアイマスクがあると便利です。
最近はアイメイクが崩れない立体型のアイマスクもあります。

HUYOU(ふよう) 睡眠 アイマスク 立体型 軽量 安眠 アイマスク 圧迫感なし究極の柔らかシルク質感 睡眠 旅行 仮 眠 眼精疲労 疲労回復に最適 耳栓 収納袋付き (ブラック)

 

⑤ ネックピロー

安眠するためにはネックピローがあると便利です。

私は空気を入れて膨らませるタイプのものを使っています。
使わない時は空気を抜けるので、超コンパクトになります。

Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス オフィス 自宅 収納ポーチ付

 

⑥ ラゲージチェッカー

意外と便利なのがこれ。
コンパクトなラゲージチェッカーです。

LCCは機内持ち込み荷物の制限があるので、出発前の自宅で重さを測る時に使います。
ちなみに、ジェットスターは7kgまでです。

・キャリーケースなどのお手荷物1個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計2個、合計7kgまで

当日空港で荷物検査に引っかかると面倒です。
LCCを頻繁に使う方は買っておいて損はないと思います。

私が使っているのは下記です。

 

スポンサーリンク

GoToトラベルキャンペーンで国内をお得に旅行する!

GoToトラベルキャンペーン 2020年の夏からGoToトラベルキャンペーンがスタートしました。

国内旅行を対象に、宿泊・日帰り旅行代金の50%相当額が支援されます。割引の内訳は宿泊料金が35% OFF、残りの15%は旅行先で使える地域限定クーポンです。

2021年の1月31日予約分まで有効です。利用上限回数はないため、2021年の年明けにかけて何度でもお得に旅行できます。

旅行会社各社でGoToトラベルキャンペーンが始まっています。

各社の情報をまとめました。

宿泊料金 最大35% OFFは共通していますが、会社によっては独自にポイントがつきます。一番アツいのはYahoo! トラベルの最大50%相当お得+初めての予約で更に10%お得です。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・ジェットスターは「オンラインチェックイン」がおすすめ!
・日本国内線は、出発予定時刻の48時間前〜35分前まで受付可能!
・オンラインチェックインの手順は、「メールが届く」→「予約番号を入れてチェックイン画面に移動」→「必要事項を入力」→「web搭乗券の発行」
・預け荷物がない場合は、当日空港でカウンターに行く必要なし。直接、保安検査→搭乗ゲートに行けます

こんな感じです。
ジェットスターを使われる方の参考になれば幸いです。

実際に乗ってみた感想は下記の記事にまとめています。
興味のある方は合わせてご覧ください。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました