[2022年8月]国内旅行クーポン&割引まとめ>

【ランキング】宮崎空港で買える人気のお土産10選【実際に買ってきた】

宮崎空港

宮崎旅行のオススメのお土産を知りたい。
飛行機で行くので、宮崎空港でお土産を買おうと思っている。空港で買える人気のお土産を教えてほしい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・宮崎空港で買える人気のお土産ランキングを紹介
・実際に宮崎に旅行に行ってきた筆者が紹介
・その他、宮崎空港の見どころやネット通販で買える宮崎のお土産も紹介

アジアをひとりで旅してみたら

この記事を書いている私は一人旅好きのフリーランスです。2018年にブログを開設してから、海外・国内問わず旅先のお役立ち情報を発信し続けています。

先日、宮崎に2泊3日の旅行に行ってきました。帰りのフライト前に宮崎空港でお土産をいくつか買いました。この記事はその経験をもとに書いています。

【関連記事はこちら】
【車なし】宮崎旅行2泊3日の観光モデルコース【実際に行ってきた】

 

スポンサーリンク

【ランキング】宮崎空港で買える人気のお土産10選【実際に買ってきた】

先日、宮崎に2泊3日の旅行に行ってきました。

宮崎空港はお土産屋さんが充実しています。2階のフロア一帯がお土産物屋さんフロアになっており、効率よく散策ができます。

フライトまでの待ち時間にお土産を買うことができるので、とても便利です。実際に私も宮崎空港でお土産を買いました。

そこで今回は、私の経験を踏まえて「宮崎空港で買える人気のお土産10選」をランキング形式でご紹介します。

第10位:青島せんべい

第10位は「青島せんべい」です。

青島せんべいは、昭和40年代から親しまれているロングセラーの銘菓です。パリッとした生地に香ばしいクリームが挟まれています。

薄焼きせんべいなので、軽く食べれます。24枚入りで2,000円程度とリーズナブルなのも嬉しいです。会社などへの大勢へのお土産にもおすすめです。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:ANA FESTA

 

第9位:チーズ饅頭

第9位は「チーズ饅頭」です。

「チーズ饅頭」とは、クッキー生地の饅頭の中にクリームチーズが入ったお菓子です。一口かじると、濃厚なチーズの味が口の中に広がります。

私は今回の旅行で生まれて初めてチーズ饅頭を食べたのですが、かなり好きな味でした。ただ、濃厚なので一度に沢山は食べれないかな…という感じです。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:日向屋売店
空港2F:ANA FESTA

 

第8位:ゴボチ

第8位は「ゴボチ」です。

宮崎県は全国有数のごぼうの産地。「ゴボチ」とはごぼうを薄くスライスして丸ごと揚げたお菓子です。国産&無添加の自然な味で、自然の栄養素も存分に摂ることができます。

2013年には農林水産大臣賞を受賞しました。また、同年のANAのCAセレクションで全国お土産の第一位に選ばれたりもしています。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:ANA FESTA

 

第7位:馬渡の餃子

第7位は「馬渡の餃子」です。

国産小麦を100%使用したもっちりとした皮が特徴の餃子です。野菜も国産のものだけを使用しており、キャベツやニンニクは宮崎県産を使用しています。

実は宮崎の児湯郡高鍋町は全国有数の餃子の町なんです。空港では冷凍した餃子が売られています。中には焼き餃子用のラードとタレも入っています。

30個入りの箱で売られているのですが、結構サイズが大きいので頑張って詰め込む必要があります。買う予定の方はスーツケースにスペースを確保しておきましょう。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:日向屋売店

 

第6位:マキシマム

第6位は「マキシマム」です。

魔法のスパイス。お肉屋さんが作った万能調味料のマキシマム。肉料理、フライ、スープ、炒飯、ドレッシングなど、どんな料理にも使えます。

実際私はこれを買いました。私は料理が好きなので、こうしたご当地調味料をよく買います。日々料理で使ってますが、味にアクセントをつけることができるので重宝しています。

荷物としてもコンパクトなので、かさばらないのも嬉しいです。予算が許せば、宮崎牛と一緒に買うのもおすすめです。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:モーブークック

 

第5位:ガンジスカレー

第5位は「ガンジスカレー」です。

ガンジスカレーは50年以上の歴史を持つ宮崎に愛されるカレーです。かつて、JAL国際線のファーストクラスとビジネスクラスの機内食に採用されたこともあります。

1962年に宮崎空港で生まれたカレーで、宮崎県産の和牛を使ったコクのある味が特徴です。そんな味をレトルトカレーとして楽しめます。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:ウィング・イースト(搭乗ロビー東側売店)
※併設の軽食コーナーでは、ガンジスカレーを食べることもできます。
※空港3Fの「レストラン コスモス」でもガンジスカレーを食べることができます。

 

第4位:飫肥天(おび天)

第4位は「飫肥天(おび天)」です。

おび天とは宮崎県にある日南市飫肥地区の郷土料理です。魚のすり身に豆腐や砂糖、味噌を練り込んで揚げたものです。

見た目はさつま揚げに似ていますが、食感はふわふわしていて美味しいです。おび天は、空港2Fの燦々市場の中にある「おび天本舗」で冷蔵パックされた状態で買うことができます。

また、ここでは揚げたてのおび天を食べることができます。ごぼう、紅生姜、チーズ、しその実など、いろいろな具材を練り込んだものが1コ250円で売られています。

私は「しその実」をチョイスしてその場で食べました。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:「燦々市場」の中にある「おび天本舗」
※揚げたてを注文してその場で食べることもできます

 

第3位:焼肉ザパンチ

第3位は「焼肉ザパンチ」です。

ザパンチは焼肉と相性抜群の調味料です。レモンやスダチの搾り汁と合わせて使います。ローストガーリックの香り、フライドガーリックの旨味、スパイシーな黒胡椒と唐辛子の刺激が柑橘系の果汁と合わさって美味しいです。

昔、友人とバーベキューをしたときにザパンチを使ったことがあったのですが、とても美味しかったので、いつか本場の宮崎で買おうと思っていました。

そして今回の旅行で購入。焼肉やバーベキューはもちろん、色々な料理に使っています。l味にインパクトをつけたい時に重宝します。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:燦々市場

 

第2位:冷や汁

第2位は「冷や汁」です。

冷汁とは、焼いたタイやアジなどの魚を味噌ベースのだし汁に入れてよく冷やしたものです。有名な宮崎の郷土料理ですね。きゅうりや茗荷などの香味野菜も入れて、熱々のご飯にかけて食べます。食欲が落ちる暑い夏にピッタリの料理です。

私が宮崎に旅行したのは5月。ちょうど夏を迎える前でした。「本格的に暑くなってきたら食べようかなぁ〜」と思い、真空パックになっている冷汁を買いました。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:燦々市場

 

第1位:鶏の炭火焼

第1位は「鶏の炭火焼」です。

「鶏の炭火焼」は超有名な宮崎の郷土料理。新鮮な鶏肉を炭火で豪快に焼いたものです。鶏肉は炭のススがついて黒くなります。炭の香りが食欲をそそります。お酒との相性も抜群です。

有名なだけあって、宮崎市内の飲食店でも多く提供されています。私も旅行中に居酒屋で食べました。鶏肉の旨味と炭の香りが絶妙にマッチした逸品でしたね。

お土産の「鶏の炭火焼」は100g〜200g程度のものが真空パックして売られています。1食分のちょうどいい量ですし、持ち運びや保存に便利です。

王道の塩味以外にも、柚子胡椒味やハーブ味などの変わり種もあります。気になる味を数種類選んで買うのがおすすめです。

【空港内で買えるショップはこちら】
空港2F:燦々市場

 

スポンサーリンク

宮崎空港はお土産物屋さんが充実しています

宮崎空港は土産物屋さんが充実しています。

土産物屋さんは1Fと2Fにあるのですが、空港自体がそこまで広くないので買いまわりしやすいです。商品のラインナップはお店ごとにやや異なるので、1周回ってから何を買うか考えましょう。

1Fのお土産屋さんは1軒です。ANAのチェックインカウンターの向かいにあります。

宮崎空港 お土産

宮崎空港公式サイトより

宮崎空港の1Fのフロアマップはこちらをご覧ください。

お土産を買うのは2Fがメインになります。オアシス広場を中心に円形にお土産屋さんが並んでいます。

2Fの様子はこんな感じです。

宮崎空港 お土産

宮崎空港 お土産

以下の赤枠の①、②、③、④、⑥がお土産屋さんです。

宮崎空港 お土産

宮崎空港公式サイトより

②の「燦々市場」⑥の「日向屋売店」は規模が大きいです。私はこの2つをメインに買い物をしました。

宮崎空港の2Fのフロアマップは以下よりご覧ください。

また、宮崎空港の全ショップは以下より確認できます。

 

スポンサーリンク

宮崎空港はレストランやテイクアウトもある

宮崎空港には美味しいレストランや、その場で名産品を楽しめるテイクアウト可能な店舗もあります。

私はフライトの時間まで余裕があったので、レストランで夕食を食べたり、揚げたてのおび天を食べたり、マンゴーソフトクリームを食べたりしました。

 

「レストラン コスモス」で滑走路を見ながら食事

宮崎空港 レストランコスモス

宮崎空港の3Fはレストラン街になっています。

私は「レストランコスモス」で食事をしました。このお店では滑走路を眺めながら食事を楽しめます。

飛行機や滑走路を眺めながら、ゆったりと食事のできるレストランです。調理師こだわりのメニューも季節に合わせ 和・洋・中 豊富に取り揃えております。
おすすめメニューは、連続日本一を獲得した宮崎牛を手軽に楽しめる「宮崎牛丼(1,480円)」の他、創業以来レシピを受け継ぐガンジスカレーがあります。
お子様には人気の「パイロットランチ(720円)」もあり幅広い年齢層のお客様が利用できる店舗です。

滑走路を眺めながら、瓶ビールとカツサンドを楽しみました。お土産を買い終えたら、レストランでゆっくり食事をするのもおすすめですよ。

名称:レストランコスモス
座席数:カウンター10席、テーブル168席
営業時間:10:00〜20:30(ラストオーダーは20:10)
ウェブサイト:https://www.miyazaki-airport.co.jp/eat/cosmos

 

「おび天本舗」で揚げたてのおび天を食す

宮崎 お土産 おび天

宮崎空港2Fのお土産屋さん「燦々市場」の中にある「おび天本舗」では、揚げたてのおび天を食べることができます。

ガラス越しにキッチンを見ることができ、揚げたてのおび天を注文できます。ごぼう、チーズ、とうがらし、たかな、などの沢山の味があります。

1つ250円です。私は「しそ」を注文しました。すぐ食べる場合は、このような袋に入れてくれます。

宮崎 お土産 おび天

そして、空いている椅子に座って食べました。見た目はさつま揚げに似ていますが、食感はふわふわしていて美味しいです。

宮崎 お土産 おび天

名称:おび天本舗宮崎空港店
場所:空港2Fの燦々市場の中
ウェブサイト:https://www.miyazaki-airport.co.jp/shop/sansan

 

「カフェ カンナ」のマンゴーソフトクリームが絶品

宮崎 お土産 マンゴーソフトクリーム

宮崎といったらマンゴーです。ということで、マンゴーソフトクリームも食べました。

2Fの「カフェ カンナ」では、マンゴーの果肉たっぷりのソフトクリームを食べることができます。店内でも食べれますし、テイクアウトもできます。

名称:カフェ カンナ
営業時間:6:45〜19:30(ラストオーダーは19:20)
ウェブサイト:https://www.miyazaki-airport.co.jp/eat/kanna

 

スポンサーリンク

実際に宮崎空港で買ったお土産まとめ

私が実際に宮崎空港で買ったお土産はこちらです。

 

焼肉ザパンチ

レモンやスダチの搾り汁と合わせて使う焼肉と相性抜群の調味料。ローストガーリックの香り、フライドガーリックの旨味、スパイシーな黒胡椒と唐辛子の刺激が柑橘系の果汁と合わさって美味しいです。

 

魔法のスパイス マキシマム

魔法のスパイス。万能調味料のマキシマムです。肉料理、フライ、スープ、炒飯、ドレッシングなど、どんな料理にも使えます。

 

冷汁

郷土料理の冷汁。きゅうりや茗荷などの香味野菜も入れて、熱々のご飯にかけて食べます。食欲が落ちる夏にピッタリのお土産です。

 

スポンサーリンク

宮崎空港の基本情報

宮崎空港の情報はこちら。

中心市街地である宮崎駅とのアクセスが良いです。宮崎駅から空港まではバスで約30分、電車で約15分程度です。

名称:宮崎空港(宮崎ビーゲンビリア空港)
住所:〒880-0912 宮崎県宮崎市赤江
ウェブサイト:https://www.miyazaki-airport.co.jp/

 

スポンサーリンク

宮崎のお土産は通販でも買える

宮崎のお土産は通販でも買えます。ここでは、宮崎の名産品を扱うおすすめのサイトをご紹介します。

 

てげうめぇマルシェ

てげうめえマルシェ

てげうめえマルシェ公式サイトより

てげうめぇマルシェ」は、宮崎のお土産・食品・食材、雑貨等を取り扱う、ネットショップ・通販サイトです。

宮崎の菓子部門人気No.1の宮崎マンゴーラングドシャ 、ご当地グルメの本格宮崎辛麺、炭火焼、ギフト商品など豊富に取り扱う宮崎の食のお取り寄せ専門店です。

 

みやざき物産館KONNE

宮崎物産館KONNE

宮崎物産館KONNE公式サイトより

Yahoo!ショッピングでは、宮崎県の公式アンテナショップ「みやざき物産館KONNE」の商品を買うことができます。

 

おとりよせネット

おとりよせネット

おとりよせネット公式サイトより

「おとりよせネット」は日本最大級のお取り寄せ情報サイトです。宮崎県だけでなく、全国各地の名産品を購入できます。

 

まるごとみやざき

まるごと宮崎

まるごと宮崎公式サイトより

まるごとみやざき」は、宮崎完熟マンゴー「太陽のタマゴ」、へべすなどの宮崎県の特産品や地場産品を数多く取り揃えたオンラインショッピングです。

 

スポンサーリンク

空港以外で宮崎のお土産が買えるスポット

宮崎のお土産は空港以外でも買うことができます。私が2泊3日の旅行中に、実際に立ち寄ったお土産屋さんをご紹介します。

 

アミュプラザ みやざき ひむか きらめき市場(JR宮崎駅)

アミュプラザ みやざき ひむか きらめき市場」はJR宮崎駅と直結しているショッピング施設です。

マクドナルドやケンタッキー、ミスタードーナツなどの飲食店もありますが、お土産屋さんも数件入っています。

私はここで、日向夏クッキーやマドレーヌ、チーズ饅頭や日向夏チューハイ、ポテトチップスチキン南蛮味などを買い、ホテルの部屋で食べて楽しみました。

宮崎 お土産 チキン南蛮チップス

名称:アミュプラザ みやざき ひむか きらめき市場
住所:〒880-0811 宮崎県宮崎市錦町1−8
ウェブサイト:https://www.amu-miyazaki.com/shops/floor/3/1

 

AOSHIMAYA(青島屋)

AOSHIMAYA(青島屋)」は、青島の近くにあるお土産物屋さんです。レストランも併設しており、食事も楽しめます。

ここはお酒のラインナップが豊富です。特に焼酎の種類が多く、見ているだけで楽しいです。私は日向夏のリキュールを買いました。

名称:AOSHIMAYA(青島屋)
住所:〒889-2162 宮崎県宮崎市青島2丁目12−11
営業時間:9:00〜17:00
ウェブサイト:https://www.s-and-r.jp/shop_r1.html

 

スポンサーリンク

お得に宮崎旅行をする方法 – 国内旅行サイトのクーポンまとめ

以下の記事では、旅行サイト別にキャンペーン・クーポン・割引・地域割をまとめています。

旅行するなら少しでも安い方がいいですよね。旅行会社のキャンペーンを利用して賢くお得に旅行を楽しみましょう。

【2022年8月】旅行サイト別のクーポン・割引(地域割)まとめ
本記事では各旅行サイトのクーポンや割引(地域割)の情報をまとめて掲載しています。楽天トラベル、じゃらん、JTB、Yahoo!トラベル、一休などの割引情報です。少しでも安くお得に旅行したい方は本記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

宮崎空港で買える人気のお土産10選の個人的ランキングこちらです。

  • 第10位:青島せんべい
  • 第9位:チーズ饅頭
  • 第8位:ゴボチ
  • 第7位:馬渡の餃子
  • 第6位:マキシマム
  • 第5位:ガンジスカレー
  • 第4位:飫肥天(おび天)
  • 第3位:焼肉ザパンチ
  • 第2位:冷や汁
  • 第1位:鶏の炭火焼

宮崎空港は2Fにお土産物屋さんが集中しています。円形のフロアをぐるっと囲むように店舗があるので、買い回りしやすいです。

また、おび天やマンゴーソフトなどはその場で購入して食べることができます。レストランも充実しているので、フライト前に一息つきたいときに便利です。

今回の記事はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました