2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

クアラルンプールのチャイナタウンを観光!【お土産・グルメ・見どころ】

クアラルンプールにチャイナタウンがあるのをご存知でしょうか?

通りいっぱいに露店や屋台が広がり、とくかく活気があります。
洋服から、雑貨から、偽ブランドものから、格安で美味しいグルメなど。
ありとあらゆるものがカオスに混在してる場所です。

私がクアラルンプールに旅行に行った折、このチャイナタウンに宿を取りました。
格安のゲストハウスも多い場所なのです。

ということでこの記事では、クアラルンプールのチャイナタウンの観光情報をお届けしますー!
アクセス方法やグルメ、お土産に観光スポットから全部まとめています。

この記事はこんな人におすすめ!

・クアラルンプールのチャイナタウンに行ってみたいけど、いまいちどんな場所かわからない人
・クアラルンプールの熱くてディープな観光スポットを探している人
スポンサーリンク

クアラルンプールのチャイナタウンとは?

クアラルンプールのプタリン通りを中心として形成されるエリア一帯が、チャイナタウンです。

朝は5:00頃からお店の営業が始まります。
市場や点心などのお店です。

そして、夕方になると通りを埋め尽くすほどの露店、屋台が出現します。
かの有名なチャイナタウンのナイトマーケットです。

私はこういった「わちゃわちゃ」した場所が好きなので、ここに宿を取りました笑
ナイトマーケットは大体16:00、17:00頃から始まります。
終わるのは、だいたい22:00頃です。

別に何かを買わなくとも、その空間を歩くだけでも楽しいはずです。
ちなみに、人がめちゃくちゃ多いので、スリにはご注意ください。

チャイナタウンの歴史は、植民地時代から。
当時の面影を残す建物が数多く残り、それらの間を道が、まるで迷路のように入り組んでいます。

スポンサーリンク

チャイナタウンの行き方、場所

クアラルンプールのチャイナタウンの最寄り駅は、バサール・スニ(Pasar Seni)駅です。
この駅は、クラナ・ジャヤ・ラインという路線の駅になります。

バサール・スニ駅を出て、少し北に進むとスルタン通りという大きな通りに出ます。
この道を東に進むと、横浜の中華街のような大きな門が見えます。

こちらです。
これが、チャイナタウンへの入口です。

バサール・スニ駅以外にも、マスジット・ジャメ(Masjid Jamek)駅やプラザ・ラキャ(Plaza Rakyat)駅からも行くことができます。
少し離れてはいますが、ともに徒歩圏内です。

とにかくアクセスがいいのですね。
クアラルンプールは鉄道網が発達しているので、主要観光地は駅から歩いて行けるような場所にあります。

ということで、チャイナタウンの場所はこちら。
バサール・スニ駅からの徒歩ルートを表示しています。

スポンサーリンク

【泊まる】チャイナタウンには格安ゲストハウスが多い

チャイナタウンのバックパッカー宿

チャイナタウンには格安のゲストハウスが多くあります。
いわゆるバックパッカー宿です。

やはりどの国でもチャイナタウンには、バックパッカーや外国人旅行者が集まるのですね。

こうした格安ゲストハウスは、チャイナタウンの中でもスルタン通りに多いと言われています。

スルタン通りは、バサール・スニ(Pasar Seni)駅から伸びています。
途中で弧を描いて、チャイナタウンのメインストリートである、プタリン通りと並行になります。

ちょうどその部分に多くの格安ゲストハウスが集まっています。
地図ではマーカーをつけると、ちょうど下記の通りです。

私が泊まった「サブマリンゲストハウス」

私はチャイナタウンに宿を取りました。
例に漏れず、格安のゲストハウスです。

サブマリンゲストハウス(Submarine Guesthouse)です。
サブマリンゲストハウスには、「1」と「2」があるのですが、私は「1」に泊まりました。

ドミトリーで1泊¥1,000しなかったと思います。
綺麗とは言えませんが、寝るには十分!
チャイナタウンへのアクセスも良く、満足できる宿でした。

『地球の歩き方』には、「日本人バックパッカーも多い」と書かれていましたが、私の滞在中はひとりも日本人はいませんでした笑

名称 サブマリンゲストハウス(Submarine Guesthouse)
住所 9, Lebuh Pudu, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号 +60 3-2022 0883
料金 ドミトリーで¥1,000くらい

スポンサーリンク

【食べる】チャイナタウンの美味しいお店

チャイナタウンの美味しい&有名なお店をご紹介します。
とにかく安くて美味しい大衆料理が、チャイナタウンには集まっています。
お店に辿り着くまでに、迷路みたいな路地を散策するのも楽しいですよ〜笑

雲呑麺のお店「冠記」


クーンキーワンタンミー (トリップアドバイザー提供)

冠記は雲呑麺が有名なお店です。
雲呑麺とは、ワンタン麺のことです。

塩味のスープで、(失礼ながら)お店の佇まいからは想像できない上品な味とのこと。

スープに麺が入っている一般的なワンタン麺と、スープがないドライタイプの麺を選ぶことができます。
ドライタイプは油そばのような見た目です。

名称 冠記(Koon Kee Wan Tan Mee)
住所 95, Jalan Hang Lekir, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 10:00〜22:00

カメゼリーのお店「恭和堂」


恭和堂 (トリップアドバイザー提供)

カメゼリーとは、漢方が入った真っ黒いゼリーで、健康効果があると言われています。
美肌効果も期待できるそうです。

これは非常に苦いため、はちみつをたっぷりとかけて食べます。
1コ9RM。

名称 恭和堂(Koong Woh Tong)
住所 107, Jalan Petaling, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 9:00〜23:15

 

チキンライスのお店「南香」


ナムヒョンチキンライス (トリップアドバイザー提供)

チキンライスといえば、私達日本人にも馴染み深いですね。
南香は一人前6.7RM(チキン+ライス)で、美味しいチキンライスが楽しめるお店です。

亀ゼリーもワンタン麺もそうですが、チャイナタウンでは、10RM以下で食べれる美味しいグルメが溢れています。
ひとり旅だと、たくさん食べれないのが無念です・・・。

名称 南香(Nam Heong Chicken Rice Chinatown)
住所 56, Jalan Sultan, 50000 Kuala Lumpur, Malaysia
電話番号 +60 3-2078 5879
営業時間 11:00〜15:00
HP(日本語あり) http://www.namheongchickenrice.com/

 

お粥専門店「漢記」


HON KEE (トリップアドバイザー提供)

漢記はお粥の専門店です。
なんと朝4時からやっています。

有名なのは鯉のお粥。
熱々の粥の中に、刺し身になっている鯉の身を入れて食べます。
こちらも10RM以内で食べれる格安グルメです。

名称 漢記(Hon Kee Porridge Petaling Street)
住所 93, Jalan Hang Lekir, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 4:00〜14:30

ノスタルジックな店内「オールド・チャイナ・カフェ」

オールド・チャイナ・カフェ(Old China Cafe)は、チャイナタウンでは有名な、ニョニャ料理のレストランです。

私はこちらでお昼ごはんをとりました。

ドアをあけて中に入ると、何十年も昔に戻ったかのような錯覚を起こします。
建物は植民地時代のものを改装して使用しているようです。
テーブルや壁に飾られている写真や調度品、美術品も美しく、歴史を感じさせてくれます。

ニョニャ料理とは、ココナッツと香辛料(ライムやレモングラスなど)がきいた、辛口のマレー風中華料理です。
専門のレストランは、マラッカやペナンに多くあるそうです。
中華とマレー料理のミクスチャーですね。

オールド・チャイナ・カフェの入口はこじんまりとしています。
比較的大きな通り面しているのですが、見逃しそうになりました。

店内には絵画や調度品が飾られています。
どれも歴史を感じます。

テーブルや椅子にもこだわりを感じます。
お店の中全体が、ノスタルジックな空間です。

ここでは、「バビポンテ」という料理を注文しました。
これは、豚肉と玉ねぎをスパイスで煮込んだ料理です。

スパイシーですが美味!
見た目はカレーのようですが、カレーほど濃くないというか、、、あっさり目の煮込み料理でした。

日本人好みの味だと思います。
ビールとライスも注文し、お会計は25RMほどだったかと思います。

チャイナタウンお店に比べると、ちょっと高価です。
ただ内装も美しくおしゃれなので、おすすめです〜

名称 オールド・チャイナ・カフェ(Old China Cafe)
住所 11, Jalan Balai Polis, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 11:00〜22:30
HP(英語) http://www.oldchina.com.my/

スポンサーリンク

【楽しむ】観光スポット、お土産スポットもあるよ

お土産は「セントラル・マーケット」


セントラル マーケット (トリップアドバイザー提供)

セントラル・マーケット(Central Market)は、チャイナタウンの端にあるショッピングモールです。

小さなショップが一同に集まる店内には、マレーシア各国の民芸品や、アジアの輸入う雑貨が所狭しと並べられています。

チャイナタウンの猥雑な雰囲気とはちょっと違った、ショッピング&観光スポットです。

2012年に改装され、1階には民族別ゾーンができました。
通路の両側に、チャイナ、アラブ、インディア、というような形で、テーマ別にショップが軒を連ねます。

セントラル マーケット (トリップアドバイザー提供)

中には日本人に大人気だという「ナマコ石鹸」のお店がありました。
日本語で呼び止めらたので、つい立ち止まってしまいました。

お店の中に入り説明を聞くと、「日本人しか買わないよ」とのこと。
割と多くの旅行雑誌で、ナマコ石鹸はマレーシアの定番土産・・・みたいに書いてましたが笑
あれって、日本人だけなのですかね。

とにかく、セントラルマーケットでは多種多様な品々に出会うことができます。
伝統工芸品や雑貨のみならず、洋服や食料品まであります。
2階もあり、フードコートやニョニャ料理のレストランも入っています。

バラマキ土産に最適な小物も多いので、お土産選びには事欠かないでしょう。
買うだけでなく、見て歩くだけも楽しいはずです。

名称 セントラル・マーケット(Central Market)
住所 Jalan Hang Kasturi, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号 +60 1-300-22-8688
営業時間 10:00〜22:00 ※店により異なる
定休日 なし
HP(英語) http://www.centralmarket.com.my/

マレーシア最大のヒンドゥー教寺院「スリ・マハ・マリアマン寺院」

スリ・マハ・マリアマン寺院(Sri Maha Mariamman Temple)はヒンドゥー教の寺院です。
1873年に建てられ、その後1999年に改装されています。

色鮮やかな彫刻は目を引きます。
クアラルンプールでは最大規模のヒンドゥー教寺院だそうです。

仏教寺院ですので、多くのヒンドゥー教の人々が祈りを捧げにきます。
ヒンドゥー教徒でなくとも、観光も可能です。

ただ、入るには入口で靴を脱ぐ必要があります。
そのときに2RM支払います。

毎年1月下旬〜2月上旬に開催されるヒンドゥー教のお祭り「タイプーサム」では、神像を載せた牛車が、ここからバトゥ洞窟まで行進します。

この祭りは、美しさ、若さ、力を象徴し、悪の破壊者であるスブラマニアン神(別名ムルガン神)を称えて行われます。

身体の至る所に、針や鉄の串を刺した信者が、山車を引いてバトゥ洞窟までの階段を登っていくらしいです・・・。
興味のある方はタイミングを合わせて、是非観光ください笑

名称 スリ・マハ・マリアマン寺院(Sri Maha Mariamman Temple)
住所 Jalan Tun H S Lee, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 6:30〜20:30
電話番号 +60 3-2078 5323
料金 2RM

スポンサーリンク

いざ!チャイナタウンを散策

そんなチャイナタウンを散策してみました。
時刻は夜の20:00。
プタリン通りの大きな門から、チャイナタウンへと繰り出します。

とにかく人が多いです。
ただでさえ狭い通路の両側に、屋台がぎっしり。
人とすれ違うたびに、ぶつかりそうです。

ご飯やさんも充実しています。
マレーシアの名物B級グルメ「サテー」のお店・・・かと思ったら、違うでしょうか。

お腹が空いたので、マレー系の料理屋に入りました。
路地までテーブルが広がっているオープンスペースです。
とりあえずビールで乾杯します。

頼んだのはチキンライス!
あっさりした茹で鶏と甘辛いソースが絶妙に合います。

チキンライスはいつ食べても美味しいですね。
お腹は一杯。

体力が回復したので、散策を再開します〜
こうしてチャイナタウンの夜は更けてゆくのでした・・・。

スポンサーリンク

チャイナタウンの治安は?

スリに注意

チャイナタウンではスリにご注意ください!

チャイナタウンはとにかく通路が狭いです。
そして、その狭い通路に大勢の人がいます。

すれ違う度に、誰かにぶつかりそうになるほどです。
貴重品は肌身離さず、しっかり守っておくことをおすすめします。

また、迷路のように入り組んだ路地は夜は暗いです。
人気のない道での夜の独り歩きは、極力控えたほうがよいと思います。

あわせて読みたい!
防犯グッズもご紹介!初めての海外旅行で必要なアイテムは初めて海外に行く人必見!海外旅行の持ち物リストをご紹介!で紹介しています。

コピー品の購入は注意

チャイナタウンにはコピー品を扱うお店が多くあります。
これらは買わないようにしましょう。

有名ブランドのロゴやデザイン、キャラクターなどを模したコピー品は、空港の関税で没収される可能性もあります。

確かに安いかもしれませんが、正規品を購入し、無用なトラブルは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

チャイナタウンの基本情報

名称 チャイナタウン (Chinatown)
場所 プタリン通りとその周辺
営業時間 7:00頃〜22:00頃まで
定休日 なし
最寄駅 バサール・スニ(Pasar Seni)駅、マスジット・ジャメ(Masjid Jamek)駅、プラザ・ラキャ(Plaza Rakyat)駅

スポンサーリンク

まとめ

今回はクアラルンプールのチャイナタウンの魅力をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

チャイナタウンは、マレー系と中華系のパワーが合体した熱い観光スポットです。
雑多な雰囲気、ちょっと怪しいお店・・・そんなワードに惹かれる方は、是非足を運んでみてください〜

鉄道駅からも近く、アクセスは良好ですからね!

それではまとめです!

・チャイナタウンは屋台や露店がひしめく、熱い観光スポット!
・美味しいグルメからショッピングモールから寺院まで、見どころはたくさん!
・最寄駅はバサール・スニ(Pasar Seni)駅!
・安宿もここにある。バックパッカーも集まるよ!
・路地は狭くて暗い。トラブルには気をつけて!

今回はここまで!
チャオ!

スポンサーリンク

他にもあります!クアラルンプールの観光スポット

クアラルンプールには、他にもたくさんおすすめの観光スポットがありますよー!
あわせてこちらもチェックです!

タイトルとURLをコピーしました