【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

仁淀川を日帰り観光してきました!【観光スポットと旅のプラン】

高知の仁淀川周辺に観光に行く人
・高知県の仁淀川に行って「仁淀ブルー」を見てみたいと思っている
・「にこ淵」とか「中津渓谷」とか行きたいけど、距離が離れているので旅行プランが立てにくい
・あと、観光情報やアクティビティ情報も知りたい

こんな悩みを抱えている人はいませんか?
この記事を読むことで以下が分かります。

・仁淀川の1日観光プラン、観光ルート、観光スポットがわかる
・仁淀川の観光情報やアクティビティが分かる

この記事を書いている私は、先日、1泊2日で高知に旅行に行ってきました。そのとき、レンタカーを借りて、「にこ淵」→「中津渓谷」→「雨竜の滝」の順番に観光してきました。

事前にネットで色々調べたのですが、仁淀川の観光スポットは広い地域に点在しており、どこをどの順番で観光するのか悩みました。

多分、私のような悩みを持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか。というわけで、自分が実際に行った旅行プランを記事にすることにしました。

 

スポンサーリンク

仁淀川の1日観光プラン

hiro
hiro

仁淀川周辺の「にこ淵」→「中津渓谷」→「雨竜の滝」を1日で観光しました♪

このときの旅行スケジュールは以下です。

10:30 高知空港着
10:45 レンタカーで出発
12:00 道の駅 土佐和紙工芸村「くらうど」
12:30 御食事処「あおぎ」
14:00 にこ淵 着
15:30 中津渓谷 着
16:00 雨竜の滝 着
18:00 高知市内ホテルにチェックイン

こんな感じです。

高知空港に到着後は、空港すぐの場所にあるレンタカー屋さんで車を借りました。そこからナビに従って仁淀川沿いを進み、途中に道の駅 土佐和紙工芸村「くらうど」で休憩。

そして、そのすぐ近くにある御食事処「あおぎ」で昼食を取りました。ここは、テラス席から仁淀川が一望できてオススメです。

にこ淵には14:00頃に到着。そこから中津渓谷→雨竜の滝と観光して、18:00過ぎに高知駅付近のホテルにチェックインしました。

なお、フライトはジェットスターを利用しました。セールをゲットできたので、往復7,000円くらいです。

 

スポンサーリンク

旅のルートと所要時間

hiro
hiro

今回の旅のルートをGoogleマップ上で示してみます♪

今回の旅のルートはこんな感じ。走行距離は160kmでした。

・スタートは高知空港
・ゴールはJR高知駅

にしています。

 

スポンサーリンク

公共交通機関という選択肢はアリ?

hiro
hiro

公共交通機関でも行けますが・・・しかし!

にこ淵や中津渓谷には公共交通機関でも行けます。高知駅から電車に乗って、途中の駅で降りてバスに乗り、最後は徒歩でというルートです。

正直、レンタカーで行くか公共交通機関で行くか悩んだのですが、レンタカーにしました。理由は下記です。

・バスの本数が少なく旅行プランに融通がきかない

バスの時刻表をチラっと見たのですが、1日数本でした。乗り逃すと大変です。

あと、本数が少ないと接続時間の待ちが発生するので、時間がもったいない&複数の観光スポットに寄れない問題もありました。

というわけでレンタカーを選択しました。

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

 

スポンサーリンク

仁淀川の観光スポット3つ

hiro
hiro

1日の観光で行った3つのスポットをご紹介します♪

10:30に高知空港を出発し、18:00にJR高知駅まで帰ってくる約7.5時間。全部で3ヶ所を観光しました。

・にこ淵
・中津渓谷
・雨竜の滝

の3つです。

移動や休憩で4〜5時間使ったので、観光に使えた時間は実質3〜4時間でした。旅を終えての感想ですが、とにかく神秘的な「仁淀ブルー」を心ゆくまで見れたので大満足でした♪

 

にこ淵

hiro
hiro

「にこ淵」は今回の旅の一番の楽しみでした!

今回の高知旅行は「にこ淵」のために行ったと言っても過言でないほど、一番楽しみにしていました。

写真見たほうが早いと思うので、「にこ淵」はこんな感じの場所です。

天気の悪い日だったので人が少なく、ほぼ絶景を独占できました。エメラルドグリーンの淵がなんとも神秘的です。

草木をかき分けて進んだ先にあるのですが、この秘境感がなんともいえません。

観光地とはいえ、大自然そのままなので、すぐ近くは激流です。足場も普通の岩なので、調子に乗ると怪我をします。

あと、この淵に降りる道が険しいです。かなりの急勾配なので滑り落ちないように注意が必要です。

道にはロープやチェーンがあります。これを頼りに淵まで降りていきます。

私が行ったのは雨の日だったので、地面が滑ってデンジャラスでした。ただ、とにかく美しい場所でした。「にこ淵」を鑑賞できるスペースは狭く、次々と観光客が来るので長居はできませんでした。

20分くらいで淵を出たと思います。短時間の滞在(しかもここまで車で2時間くらい)でしたが、来る価値はありました。

名称 にこ淵
住所 〒781-2511 高知県吾川郡いの町清水上分1278
HP https://www.inofan.jp/spot/%E3%81%AB%E3%81%93%E6%B7%B5/

 

中津渓谷

hiro
hiro

にこ淵の次は中津渓谷に向かいました♪

にこ淵から中津渓谷までは車で1時間くらい離れています。

中津渓谷もにこ淵と同じく「仁淀ブルー」を楽しめる場所です。川に沿って歩ける遊歩道があり、そのゴールには圧巻の「雨竜の滝」があります。

こちらも写真を見たほうが、どんな場所か分かりやすいと思います。

川の上流に近くなり、水の流れは強まっています。ゴツゴツとした岩も目立ちます。ちなみに、右手に見えるのは「ゆの森」という宿泊施設です。

川べりまで降りることができます。うっすらと水が青色なのが見えるでしょうか?

結構流れも強くて迫力があります。川の上に橋がかかっているのですが、上から見た写真がこちら。

いま振り返れば、大雨が降った後だったから水量が多かったのかもしれません。ハイキングコースの入口はこんな感じです。約2.3kmとのこと。

ここを進むと「雨竜の滝」まで行けます。歩いていこうか悩んだのですが、滝までは車で行くことにしました。

名称 中津渓谷
住所 〒781-1741 高知県吾川郡仁淀川町名野川
HP https://niyodoblue.jp/%e4%b8%ad%e6%b4%a5%e6%b8%93%e8%b0%b7/

 

雨竜の滝

hiro
hiro

最後に行ったのは雨竜の滝です!

中津渓谷の先にある雨竜の滝を見に行きました。中津渓谷から続くハイキングコース(約2.3km)を進んでも行けるのですが、時間的な成約もあり車で行きました。

標識を頼りにハイキングコースに入ります。そして、「多分こっちが滝かな〜」なんて思いながら進むこと10分ほど。ついに雨竜の滝と対面しました!

落差は20m。ここ数日の雨で雨量は多め。大迫力でした。

滝周辺の遊歩道はこれまた神秘的。柵がないので落ちたら危険です。

滝周辺をしばらく散策した後、ホテル(高知駅周辺)に向かうことにしました。

これにて仁淀ブルーの1日観光は終了です。このとき16:00過ぎ。ここから2時間かけて街に帰り、18:00くらいに高知駅周辺に着きました。

とにかく大満足の旅でした♪

名称 雨竜の滝
住所 〒781-1741 高知県吾川郡仁淀川町名野川
HP https://niyodoblue.jp/%E4%B8%AD%E6%B4%A5%E6%B8%93%E8%B0%B7/

 

スポンサーリンク

仁淀川のアクティビティ情報

hiro
hiro

奇跡のブルー「仁淀川」では、それを活かしたアクティビティを楽しむことができます!

私は結局アクティビティをしませんでしたが、結構ギリギリまでやろうか悩みました。
やめた理由は、下記の2つでした。

・ちょっと値が張る
・観光する時間が少なくなる

まぁ、後者の理由のほうが大きかったですね。1泊2日という短い旅程だったので、

・にこ淵
・中津渓谷
・雨竜の滝

という3ヶ所を欲張って観光することを選びました。ちなみに、「やってみようかな〜」と悩んだアクティビティは下記でした。

  • 屋形船
  • カヌー
  • SUP
  • レンタサイクル

なお、仁淀川で開催しているアクティビティは「仁淀ブルートリップガイド」で紹介されています。時間&お金&興味があれば、現地でのツアーに参加しても良いでしょう。

仁淀ブルーを堪能できるSUPツアー」については、レジャー予約サイト asoview!(アソビュー)で予約することができます。事前にネット予約しておくと当日スムーズにアクティビティができるので便利です♪

\仁淀ブルーでSUP体験!/

・奇跡の清流で川下りが楽しめる♪
・レクチャー付きで初心者も安心♪

 

スポンサーリンク

道の駅やランチ情報

hiro
hiro

にこ淵に行く途中に寄ったお店2つをご紹介します!

にこ淵までは高知空港から2時間ほどの距離があるので、休憩しながら向かいました。あと、お昼時だったので、食事ができる場所も探していました。

実際に私が寄ったお店2軒をご紹介します。

・道の駅「くらうど」さん
・食事処「あおぎ」さん

です。

 

道の駅 土佐和紙工芸村「くらうど」

hiro
hiro

ここにはドライブの休憩で寄りました♪

「くらうど」さんは道の駅ですが、

・紙漉き体験ができたり
・宿泊ができたり
・SPAがあったり
・機織りができたり
・カヌー&ラフト体験ができたり

と、かなり幅広いサービスを展開している施設です。一般的な道の駅の要素である、

・レストラン
・お土産

も、もちろん扱っています。

ただ、レストランはちょっとお高めでした。なので、ここでは食事をせず、後述する御食事処「あおぎ」さんでランチを取りました。

名称 道の駅 土佐和紙工芸村「くらうど」QRAUD
住所 〒781-2136 高知県吾川郡いの町鹿敷1226
HP http://www.qraud-kochi.jp/

 

御食事処「あおぎ」

hiro
hiro

ここでお昼ごはんを食べました♪

道の駅「くらうど」さんのすぐ近く(車で1分くらい)の場所にあるごはん屋さんです。近すぎて通り過ぎるところでした笑

こちらで注文したのは「ツガニうどん」。

カニが丸ごと一杯乗っている贅沢なうどんです。「ツガニ」は関東では「モクズガニ」とも呼ばれます。蟹味噌がスープに溶け込んで美味でした♪

窓からの眺めも最高!

名称 あおぎ御食事処・喫茶
営業時間 8:00〜19:00頃
住所 〒781-2141 高知県吾川郡いの町勝賀瀬3192
HP http://aogi.jugem.jp/

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・10:30空港発→18:00高知市内着で回った観光スポットは、「にこ淵」「中津渓谷」「雨竜の滝」の3つ
・「にこ淵」は本当に神秘的!ぜひ行っていただきたい!
・仁淀川のアクティビティはカヌー、「仁淀ブルーを堪能できるSUPツアー」、屋形船、レンタサイクルなど多種多様
・公共交通機関で行くこともできるが、自由な旅行プランを組みたいならレンタカーがおすすめ

こんな感じです。

 

hiro
hiro

高知を旅行する場合はレンタカーを借りることが多いと思います。レンタカーは「たびらいレンタカー」を利用して、安値を探すと良いです。飛行機のフライトと同じように、各社のレンタカー料金を一括比較できます。

\レンタカー料金を一括比較!/

最安値を検索して予約ができる!

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました