【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

ホイアンに一人旅してきたので観光スポット8選を紹介します!【旅行プランも合わせて紹介】

ホイアンに旅行に行く人
ホイアンに初めて行くから、おすすめ観光スポットを知りたい
あと、旅行のプランやおすすめのホテルがあれば教えてほしい

こんな風に思っている方はいませんか?
本記事を読むことで以下が分かります。

・ホイアンのおすすめ観光スポットが分かる
・ホイアンの旅行プラン、おすすめホテルが分かる

この記事を書いている私は、以前ホイアンに一人旅をしてきました。

ホーチミン→ダナン→ホイアンのルートで約1週間の旅でした。
ホイアンには3日間滞在したのですが、とにかく最高♪
ランタンに照らされる旧市街の美しいこと・・・。

この記事はその時の経験をもとに書いています。

 

スポンサーリンク

ホイアンはどんな街?

hiro
hiro

ホイアンは街全体がランタンで彩られた「世界遺産の街」なんです!

ホイアンは、ベトナムはダナンの南30Kmに位置する古い港町です。
古い町並みが残る旧市街は、1999年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

ホイアン旧市街は、街の至る所にランタンが吊るされています。
日が落ちるとそれらが幻想的に輝き、観光客を目で楽しませてくれます。
私が行った際は、欧米の観光客も多く、世界的に人気の観光都市のようです。

ホイアンには空港がないので、まず最寄りのダナン国際空港に行く必要があります。
ダナンからホイアンまでは車で1時間弱です。

 

スポンサーリンク

ホイアンの歴史

hiro
hiro

ホイアンは古くから栄える港町!
街の名前である「ホイアン」の名が付けられたのは16世紀頃と言われています

16世紀末以降には、ポルトガル人などのヨーロッパ人、中国人、日本人が来航し国際貿易港として繁栄しました。

17世紀に入ると、江戸幕府との朱印船貿易の要所となりました。
その頃のホイアンには、大規模な日本人街や中国人街が作られたといいます。

同時期には、オランダ東インド会社の商館も設けられるなど、繁栄の時代を迎えました。
しかし、江戸幕府が鎖国政策を取り始めると、日本人の往来が途絶え、東インド会社の商館も17世紀半ばに閉鎖されました。

国際貿易港としてのホイアンは、19世紀まで繁栄しました。
しかし、それ以降は貿易の中心がダナン港へと移行しました。

長い歴史を歩んできたホイアンですが、その街並みは当時のまま残り続けています。
ベトナム戦争時代にも破壊されることはなかったそうです。

 

スポンサーリンク

ホイアンのおすすめ観光

hiro
hiro

ホイアンのおすすめ観光スポットや楽しみ方をご紹介します!

ホイアンはなんというか、時間を詰め込んで観光するような場所ではないです。
時間を気にせず、気の赴くまま、ふらふらっと旧市街を歩き回ることをおすすめします。

街の探検に飽きたら、レンタサイクルでビーチに行くのが良いです。
そこでも同じように予定を詰め込まず、まったりと過ごすのをおすすめします。

紹介するのは以下の8つです。

・夜の旧市街探訪
・名物料理を食べる
・ビーチに行く
・ローカル店で朝ごはん
・昼のホイアン散策
・朝市に行ってみる
・華僑の集会所「福建会館」
・世界遺産「ミーソン遺跡」

 

夜のホイアン旧市街探訪

hiro
hiro

ホイアン最大の魅力は、夜に旧市街を散策することです!
ノスタルジックな町並みとランタンの組み合わせが最高♪

とにかく最高すぎて言葉に出ません笑
ランタンの灯りがどこまでも続きます。

こんな感じ。
街中が毎日お祭り騒ぎのよう。

街中にランタンがあります。
観光客の数もめちゃくちゃ多いです。
(特に欧米人)

散策するだけでも楽しいのですが、おすすめは眺めのいいレストランに入ることです。
2階のテラス席で、ランタンで彩られた旧市街を眺めながらのディナーは最高です。

この時は現地で知り合った旅行者と一緒に食事をしました。
ホイアンの夜は程よく涼しくてビールが進みますよ♪

間違って高級店に入るといけないので、入店前にメニューを見ましょう。
店の前に置いてあることが多いです。
なくても、店員さんに声掛けすれば見せてくれます。

・なお、旧市街への入場には観光チケット120,000ドン(約600円)が必要です

旧市街のエリアに入ったあたりで係の人に声掛けされます。
怪しいボッタクリとかではないので、逃げないようにしましょう笑

旧市街の詳細は下記です。

名称 ホイアン旧市街 / Phố Cổ Hội An
住所 Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam
入場料 120,000VND(約600円)
HP http://www.hoianworldheritage.org.vn/ja.hwh

 

三大名物料理を食べる

hiro
hiro

せっかくホイアンに来たら名物料理を食べましょう♪

ホイアンには名物料理があります。
多くのレストランのメニューに載っているので、食べるチャンスは多いはずです。

そんなホイアン三大名物はこちら。

① ホワイト・ローズ
② カオ・ラウ
③ 揚げワンタン

写真で示すとこんな感じ。
このお店には一皿で全部楽しめるメニューがありました♪

 

① ホワイト・ローズ

米粉で作ったか皮にエビのすり身を包んで蒸したものです。
半透明の皮が開いている様が白いバラのよう・・・という理由で「ホワイトローズ」と名がつけられたそうです。

 

② カオ・ラウ

カオ・ラウのルーツは日本のうどんとの説があります。
きしめんのような平たい米粉の麺で、トッピングは様々。

私は焼きうどんのようなものを食べました。
ライムを絞るとさっぱりして最高です♪

 

③ 揚げワンタン

揚げワンタンは名前の通り、ワンタンを揚げたものです。
その上にトッピングとして、豚ひき肉とエビのすり身が載っています。
私が食べたものはトマトなどの野菜も載っていました。

揚げているので脂っこいかな〜と思っていたらそんなことはなく。
トッピングの野菜がいい仕事をしています。

他の土地ではなかかな食べれることが少ないので、ホイアンに来たら是非、名物料理を食べてみてください。

 

郊外のビーチに行く

hiro
hiro

ちょっと足を伸ばしてビーチに行くのもオススメです!

ホイアンは海に近い街です。
自転車を30分ほど漕ぐとビーチに行けます。

私は、夜の旧市街を堪能した翌日にビーチに行きました。
その時行ったのは、

・アンバンビーチ(An Bang Beach/Bãi biển An Bàng)

というビーチです。

泳いだりマリンアクティビティをするというよりは、パラソルの下でのんびりしたい人向けのビーチでした。

こんな感じのパラソルの下でまったりできます。
最高ですね。

水着やサンダルは現地のマーケットでも買えるので、そんなに心配しなくても良いと思います。
日本から持っていく場合は、折り畳めるビーチサンダルが便利です。

名称 アンバンビーチ / An Bang Beach
住所 Hai Bà Trưng, Tp. Hội An, Quảng Nam
アクセス ホイアン中心部から5km、自転車で約30分

 

ローカル店で朝ごはん

hiro
hiro

朝ごはんはローカルなお店でベトナム料理がおすすめです!

宿泊したホテルが朝食なしプランだったので、朝ごはんは街で食べました。
せっかくなら現地のメニューを・・・ということで、

・バインセオ
・生春巻き

を食べました。

生春巻きは日本でも有名ですね。
ライスペーパーにエビや野菜などを包み、タレをつけて食べます。
バインセオはベトナム風お好み焼きです。

ホテルで優雅に朝食もいいですが、朝の街に繰り出してみるのも悪くないです。
ホイアンの人々の生活を垣間見ることができて楽しいですよ。
朝の日差しも気持ちいいですしね。

 

昼のホイアン散策

hiro
hiro

昼のホイアンは夜と違って静かなまちです

昼のホイアンは夜とは別の顔を見せます。
ランタンのキラキラで見えなかった、のどかな風景や人々の暮らしを見ることができます。

日中のホイアンは爽やかな緑の木々に囲まれた静かな場所です。
観光スポットが集中している旧市街から離れると、より一層のどかさが増します。

お土産屋さんを見つけました。
ランタンが売られています。

通り沿いの道はこんな感じ。
歩道に椅子とテーブルを出して、昼からみなさんくつろいでいます。

hiro
hiro

なんというか・・・日本とは時間の流れが違うと感じました

私は普段、大阪のまぁまぁ人が多いエリアに住んでいるのですが、みんな忙しないですね。
朝のラッシュの電車とか、閉まりかけのドアに走って乗ろうとする人も見かけますし。

ちょっと話がそれました。
昼間のホイアンも素敵ですよ! という話でした。

 

朝市に行ってみる

hiro
hiro

ホイアンの朝市は活気があってオススメですよ!

旧市街のはずれにホイアン市場という場所があるのですが、そこで朝市がやっています。

新鮮な海の幸、川の幸、野菜、果物、お肉。
なんでも揃っています。

まずはお魚ゾーン。
こんな感じです。

見たことのない魚が並んでいます。
アジアの市場って感じです。

ちなみに、結構匂いがきついです・・・。
私はほんと辛くて、すぐ魚ゾーンを出ました・・・。

そして果物エリアへ移動。
カラフルなフルーツが並んでおり、南国って感じ。

ここでパパイヤとか買って、宿ので冷やして食べるのも良さそう。
当然、値段はどれもお値打ちです。

名称 ホイアン市場 / Chợ Hội An
住所 Trần Quý Cáp, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam

 

華僑の集会所「福建会館」

hiro
hiro

真っ赤なレンガと屋根の彫刻が綺麗な華僑の集会所です!

福建会館は、ホイアン旧市街のはずれにある、ひときわ目立つ真っ赤な建物です。
ホイアン市場の近くにあるので、セットで観光すると良いでしょう。

ここは中国は福建省から渡ってきた華僑が集う場所でした。
ただ、現在でも使われているようです。

天后聖母という航海安全の神様が祀られています。
中国王朝風の建物の屋根には龍が飾られており、彫刻が見事です。

名称 福建会館
住所 46 Trần Phú, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam
営業時間 8:00〜17:00

 

世界遺産「ミーソン遺跡」

hiro
hiro

足を伸ばして郊外の「ミーソン遺跡」に行くのもアリです♪

ホイアンにずっといてもいいですが、足を伸ばして「ミーソン遺跡」に行くのも良いかもです。
私は滞在最終日の午前中に行きました。

・チャンパ王国というかつて存在した王国の聖地で、世界遺産に認定されています

ホイアンから50kmくらい離れており、自力では行きにくい場所です。
なので、旅行会社の「ミーソン遺跡半日観光ツアー」を利用するのがおすすめ。

私もツアーで行きました。
現地の旅行会社を利用して、昼食付で7,500円くらいでした。

アンコールワットを想像して行くと拍子抜けしますが、見ごたえはあります。
ほぼ原型を留めていない遺跡のため、散策中は日光が直に当たるので、帽子は必須です笑

 

スポンサーリンク

ホイアンの旅行プラン

私はホイアンに3日滞在しました。
というわけで、3日間のホイアン観光プランをご紹介します。

参考になれば幸いです。

1日目|夜の旧市街散策

・ダナン→ホイアンに移動
・ホテルにチェックインして旧市街を散策
・眺望の良いレストランで食事

 

2日目|ビーチに行く

・ローカル店で朝ごはん
・ホイアンのビーチへ
・夕方〜夜はまたホイアン旧市街を観光
・この日も眺望の良いレストランで食事

 

3日目|ミーソン遺跡

・ホイアンの朝市へ
・郊外の「ミーソン遺跡」を観光
・最後のホイアン散策(福建会館など)
・ホイアン→ダナンに移動

こんな感じです。
基本的に夜は旧市街をぶらぶらするというプランです笑

 

スポンサーリンク

ホイアンのおすすめホテル

hiro
hiro

ホイアンで宿泊したホテルが良かったので紹介します

Areca Homestay (アレカ ホームステイ)」いうホテルです

総合評価 ★★★★☆
宿泊費 1,500円くらい/1泊/1部屋
清潔感 ★★★★☆
フリーWi-Fi あり
朝食 なし
言語 英語 ※日本語は通じません
立地 ホイアン旧市街まで徒歩10分くらい

総合評価はこんな感じです。

綺麗で安いし旧市街に近いのでGOODです。
Areca Homestay から旧市街までは歩いて10分くらいです。

朝食が付いていないプランでしたが、1泊1,500円くらいでした。
しかもツインルームでこの価格。

お部屋はこんな感じ。
結構綺麗です。

この宿に向いている人は↓↓↓みたいな人です。

・宿代を抑えたいけど綺麗なホテルが良い
・旧市街観光が中心なのでその近くがいい
・ドミトリーは嫌で個室がほしい

「自分に合いそうだな」と思ったら↓↓↓から部屋の詳細を見てみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・とにかく夜のホイアン旧市街が最高すぎる♪
・ランタンに彩られた街を眺めながらレストランでビールがおすすめ笑
・他には、①名物料理を食べる ②ビーチに行く ③ローカル店で朝ごはん ④昼のホイアン散策 ⑤朝市に行ってみる ⑥華僑の集会所「福建会館」 ⑦世界遺産「ミーソン遺跡」もおすすめ

こんな感じです。

ダナンから1時間で行けちゃうので、日帰りも可能ですが、正直もったいないです。
旧市街で1日、ビーチで1日の計2日は欲しいところです。

私は3日間滞在しましたが、もっといたかったです笑
また、効率的にホイアンを観光したければツアーを利用しても良いでしょう。

・夜のホイアン堪能プラン
・終日プラン
・ミーソン遺跡+ホイアン観光がセットのツアー

など色々な種類が出ています。
個人手配より割高にはなりますが、時間が限られている場合は選択肢に入るでしょう。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました