【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

ホイアンのアンバンビーチ(An Bang Beach)へのアクセス方法と観光情報!【ホイアンから自転車で行けます】

ホイアンのビーチに行きたい人
・ホイアンのビーチに行ってみたいのでアクセス方法を教えて欲しい
・あと、ビーチの雰囲気とかも知りたい
・ついでにホイアンの観光情報とかホテル情報も知れたら嬉しい

こんな風に思っている人はいませんか?

ホイアンのビーチってあんまり有名じゃないですが、実はいくつかビーチがあるんです。
しかも街の中心から自転車で30分くらいの場所です。

人も少なくこじんまりしているので、個人的にはダナンのビーチよりも好きです。
というわけで、この記事では以下について解説します。

・ホイアン近くのアンバンビーチまでのアクセス方法、ビーチの様子、楽しみ方
・あわせて知りたいホイアンの観光情報とホテル情報

この記事を書いている私は、以前ホイアンに一人旅をしてきました。
ホーチミン→ダナン→ホイアンのルートで約1週間の旅でした。

ホイアンは旧市街が有名ですが、ビーチにも足を運びました。
この記事はその時の経験をもとに書いています。

 

スポンサーリンク

アンバンビーチへのアクセス方法

hiro
hiro

アンバンビーチへはレンタサイクル or バイクで行きましょう!

アンバンビーチへのアクセス方法をご紹介します。
まず、場所はこちら。

アンバンビーチは、ホイアンの北5kmの場所に位置しています。

ビーチまでは電車もバスも通ってません。
なので、レンタサイクル or バイクで行きましょう。

どちらもホテルで貸し出している場合が多いです。
私は自転車を借りて行くことにしました。

ルートはこちら。
旧市街からず〜っと一本道を北に進みます。

・所要時間は30分ほど
・田園風景が広がる美しい道です

こんな道を進んでいきます。
見晴らしも良いので迷うことはないと思います。

たまに牛とか見かけます。
日本では中々見れない光景。

道路もしっかりと舗装されています。
自転車も漕ぎやすいです。

30分ほど自転車を漕ぐとアンバンビーチに到着します。
海岸線が見えてきたらゴールです。

ちなみに、海外でもネット環境があると便利です。
このようにGPSを利用して目的地に向かったり、経路検索をしたりする場合に大活躍します。

私はsimフリーのスマホなので、いつも海外用のプリペイドsimカードを利用しています。
毎回買うのは、AIS社の8日間で4GB使える↓↓↓のやつです。

8日間という日数もちょうどいいので気に入っています。
simフリーのスマホでない人は、海外用のポケットWi-Fi一択になります。

有名なのは「イモトのWi-Fi」と「グローバルWi-Fi」ですね。
旅先にもよりますが、どちらも1日数百円〜レンタルできます。

どちらもネット予約→空港で受け取れるので便利です。

 

スポンサーリンク

アンバンビーチの楽しみ方

hiro
hiro

ここからは、アンバンビーチの楽しみ方をご紹介します!

アンバンビーチは落ち着いたビーチです。
ホイアン自体がそこまで大きい街ではないこともあり人が少なめ。

なので、

・ビーチを散歩したり
・パラソルの下で昼寝をしたり
・レストランでまったりしたり

といった、スローライフ的な過ごし方がオススメです。

 

泳ぐ

hiro
hiro

せっかくビーチに来たら泳ぎましょう♪

人が多すぎないので泳ぎやすかったです。

ただ、貴重品の管理だけはしっかりと。
私は一人旅だったので、砂浜の荷物を超気にしながら泳いでいました笑

あと、水着&ビーチサンダルを持っていなかったので、売店で買いました。
日本から持っていかなくても何とかなります笑

もしも持っていくなら、↓↓↓のような折りたたみ可能なものがいいですね。

 

ランチ

hiro
hiro

ビーチのレストランでまったり海を眺めるのも良いです

泳ぎ疲れてお腹が空いたので、レストランで食事をすることにしました。
こんな感じのおしゃれなレストランがあります。

注文したのはイカ焼き。
ベトナムらしくチリソースに付けて食べます。

これが超絶美味でした♪
イカの身は引き締まってプリプリ!

レストランの席からはビーチが一望できます。
日陰になっているので涼しくて幸せ♪

観光客ばかりではなく、現地の方も結構いました。
食事をしていたら現地のおじさん3人組に「一緒に食べないか?」的な感じで話しかけられて、ご一緒させてもらいました。

英語が通じなかったので、ベトナム語の単語帳でカタコトの会話を楽しみました。
ちなみに、使った会話帳は『旅の指さし会話帳 ベトナム』。

指差しで言葉が相手に伝わるので結構便利です。
旅はこうした一期一会の出会いがあるから面白いです。

 

パラソルでまったり

hiro
hiro

これが個人的には一番好きでした

ビーチ沿いにパラソルやソファが並んでおり、休憩に利用できます。
ちょっといくらだったかは忘れましたが、高くない金額です。

ビーチには午前中から夕暮れまでいたのですが、半分以上はこのパラソルの下で過ごしました笑

本を持ってきていたのでそれを読んだり。
昼寝をしたり。

とにかくまったりと過ごしました。

 

スポンサーリンク

あわせて確認したい情報

あわせて確認したい3つの情報をご紹介します。

① ホイアンまでの行き方
② ホイアンの観光情報
③ ホイアンのおすすめホテル

の3つです。

 

ホイアンまでの行き方|ダナンからタクシー

ホイアンには空港も鉄道駅もありません。
国際空港があるダナンから、タクシーで行くのが便利です。

他にも、路線バスとかシャトルバスとかツアー利用とか色々ありますが、自由に出発時間をコントロールできるタクシーが便利です。

空港の外に客待ちのタクシーが並んでいるので、そこで料金交渉すればOKです。
ダナンからホイアンに行く人は結構いて、相乗りすれば安くなります。

詳しくは下記で解説しています。

 

ホイアンの観光情報

ホイアンの魅力はなんといっても、ランタンで彩られた旧市街。
夜は格別です。

朝市とかも面白いですよ。
詳しくは以下をご覧ください。

あとは、ちょっと足を伸ばして世界遺産のミーソン遺跡に行くのもありです。
ホイアンから50kmくらい離れた山の中にあるので、「ミーソン遺跡半日観光ツアー」利用をおすすめします。
私もツアーで行きました。

 

ホイアンのおすすめホテル

ホイアンに泊まるなら、旧市街近くに宿を取るのが良いです。
理由は、観光スポットの多くがそこに集まっているからです。

私が宿泊したのは旧市街から徒歩10分くらいの場所にある「Areca Homestay (アレカ ホームステイ)」というホテルです。

1泊ツインで1,500円という安さ。
しかも部屋は綺麗で広い。
アンバンビーチへ行くための自転車もここで借りました。

総合評価 ★★★★☆
宿泊費 1,500円くらい/1泊/1部屋
清潔感 ★★★★☆
フリーWi-Fi あり
朝食 なし
言語 英語 ※日本語は通じません
立地 ホイアン旧市街まで徒歩10分くらい

 

スポンサーリンク

アンバンビーチの基本情報

名称 アンバンビーチ (An Bang Beach/Bãi biển An Bàng)
住所 Hai Bà Trưng, Tp. Hội An, Quảng Nam, Vietnam
アクセス ホイアンから約5km (自転車で30分)

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・アンバンビーチへはホイアンから自転車30分くらい (約5km)
・レンタサイクル屋さんはホイアンに沢山あります♪
・ビーチでの楽しみ方は、①泳ぐ②レストランでまったりする③パラソルの下でまったりする
・水着はなくても現地で買えるので大丈夫

こんな感じです。

ホイアンに2日以上滞在するなら、

・1日目は旧市街
・2日目はビーチ

とかが良いと思います。
田園地帯を自転車漕いで海へ向かうのは楽しいですよ笑

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました