2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

ベトナムの通貨ドンの日本円への簡単な計算方法!【2つご紹介します!】

ベトナムに旅行に行く人

 

・ベトナムの通貨「ドン」の簡単な計算方法を知りたい
・ベトナムに旅行に来ているけど、ドンの桁数が多すぎて日本円でいくらなのか分からない。
・あと、どこで両替したら得なのかも知りたい

ベトナムに旅行に行かれる方で、こんな風に思っている方はいませんか?
本記事では以下の内容が分かります。

・ベトナムの通貨「ドン」の簡単な計算方法
・どこで両替したほうが良いのか
・ベトナムの物価は? チップは必要か?

この記事を書いている私は、以前ベトナムに旅行をしてきました。
ホーチミン、ダナン、ホイアンを巡る合計で1週間の旅です。

ドンの簡単な計算方法は、旅の途中で現地のゲストハウスのスタッフに教えてもらいました。
今回の記事は、この旅の経験から書いています。

 

スポンサーリンク

ドンから日本円への簡単な計算方法2つ

ベトナムドンから日本円への簡単な計算方法を解説します。
まずは通貨のドンについて、概要を説明します。

 

ベトナムの通貨「ドン」について

ベトナムの通貨の単位はドン(dong)です。
「VND」と表記されます。

流通している紙幣は全部で11種類です。
ドンは桁数が多い・・・。
一番金額の大きい紙幣で50万ドンがあります。

硬貨も発行されています。
全部で5種類です。

ですが、硬貨が使われることは少ないです。
私が現地で両替をしたときも、全て紙幣で返ってきていました。

ベトナムのドンは桁数が多くて間違えがちです・・・。

私も現地に到着早々、空港から市街地行きのタクシーで間違えました笑
運転手からのお釣りが少なかったので、「あれ? 少なくないですか?」みたいな事を言ったら、私の計算ミスでした・・・。

その後、めちゃくちゃ謝ったのは言うまでもありません。
私のようなミスをしないためにも、計算方法を覚えていただいたらと思います。

 

変換レート

ドンと日本円の換算はこちらです。
(この記事を書いている2019年8月時点)

・2,000VND → 約9円
・10,000VND → 約46円
・50,000VND → 約230円
・10,0000VND → 約460円
・50,0000VND → 約2300円
・1,000,000VND → 約4600円

いかがでしょう。
ちょっと桁数が多すぎで混乱してきませんか?笑

 

ドンから日本円への簡単な計算方法|①ゼロを2つ取って2で割る

今回は簡単な計算方法を2つご紹介します。
「やりやすいなー」と思った方を使っていただいたら良いかと。

ひとつ目の計算方法です。
個人的にはこれが一番分かりやすいです。

①ゼロを2つ取って2で割る

この方法は、宿泊先のゲストハウスのスタッフに教えてもらいました。
このお陰で、市場やレストランでも割とすぐに値段を把握できるようになりました。

下記の計算をします。
すると、「1万ドンはだいたい50円」になります。

・10,000VND → ゼロを2つ取る → 「100」になるので → 2で割って「50」 →だいたい50円。

1万ドンは、約46円です。
(この記事を書いている2019年8月時点)

だいたい近い数字になっていることがわかります。
次はもっと大きい額で考えてみます。

・495,000VND → 「50万」として考える → ゼロ2つ取って「5000」にする → 半分にして「2500」 → だいたい2,500円

495,000ドンは約2273円です。
この計算方法で2,500円と出るので、まぁまぁ近い数字でしょう。

 

ドンから日本円への簡単な計算方法|②ゼロを3つ取って5倍する

続いて2つ目の方法です。

②ゼロを3つ取って5倍する

1万ドンをこの方法で日本円に変換してみましょう。

・10,000VND → ゼロを3つ取る → 「10」になるので → 5倍して「50」 →だいたい50円

①と同じ結果になります。
最後、掛け算で考えたい方はこちらの方法が良いでしょう。

同じように大きい数字で考えてみます。

・495,000VND → 「50万」として考える → ゼロ3つ取って「500」にする → 5倍にして「2500」 → だいたい2,500円

いかがでしょうか。

①と②、使いやすい方をお使いください。
私は現地ではずっと①で計算をしていました。

 

スポンサーリンク

現地で両替しよう

・ドンから日本円の計算方法はわかったけどどこで両替したらいいの?

という方向けに説明をします。

 

現地で両替しよう!

日本ではなく現地で両替をしましょう。
理由は下記です。

・日本で両替するとレートが悪いから

日本でも、関空や成田や羽田などの主要空港で両替することができます。
ですが、レートが悪いです。
日本でわざわざ両替するメリットはないでしょう。

 

どこで両替ができるか?

ではどこで両替できるのか? という話です。

・一番メジャーなのは到着先のベトナムの空港での両替です

入国審査を抜けた先に、両替所や銀行などの窓口があります。
ここで「Exchange Please」と言えば両替をしてもらえます。

「言葉が通じるか不安・・・」と思われるかもしれません。
私も初めての海外ではそうでした笑

でも大丈夫。

両替屋の窓口に来る人は100%両替目的なので、言葉を交わさなくとも、窓口の人は理解して事を進めてくれます。

スッと日本円を差し出せば、手続きを始めてくれます笑

場所によってはパスポートのコピーを取られるところもあります。
「え? パスポート渡すの?」とか思うかもしれませんが、大丈夫です。

ただ、渡された紙幣はちゃんと確認した方が良いです。

とにかく桁数が多いので、正しく両替されているか、ちょろまかされていないかをチェックしましょう。

両替は空港以外の以下の場所でもできます。

・ホテルのフロント
・町中の両替所
・町中の銀行

レートの差はありますが、個人的には微々たるものだと思っています。
安いところを探す時間があれば、異国の地の観光の時間に使った方がよろしいかと。

 

スポンサーリンク

ベトナムの物価とチップ

最後にこちらの2つについても、私の旅の体験談を交えてご説明します。

・ベトナムの物価はどうなの?
・ベトナムでチップは必要?

 

ベトナムの物価は?

ドンの桁数が多いので錯覚しますが、ベトナムの物価は安いです。

ミネラルウォーターも50円くらいで買えます。
屋台のフォーやバインミーも100円〜200円くらい。

レストランでの食事代も安いです。
滞在中、ホーチミンのクアン94というカニ料理屋に行ってたらふく食べて飲んだのですが、ひとり2000円くらいでした。

タクシーも安いです。
ダナンからホイアンという街にタクシーで移動したのですが、1時間乗って3,000円くらいでした。

 

ベトナムでチップは必要?

ベトナムでは基本的にチップは不要です。
実際、滞在中にチップを渡したことはありませんでした。

ただこれは、私が宿泊したホテルや利用したレストランが、高級な場所ではなかったためかもしれません。
ホテル・・・というかドミトリーに泊まってましたらね。

ガイドブックなどを見ると、ホテルなどで特別なリクエストをした場合は、1ドル(約23,000ドン)を目安とあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・ドンの日本円へのオススメ計算方法はふたつ
・①ゼロを2つ取って2で割る、②ゼロを3つ取って5倍する
・両替は現地の空港が便利。レートは場所によって変わるが大差ない
・桁数が多いので、両替後の紙幣はちゃんとチェックする
・ベトナムの物価は安い、基本的にはチップは不要

こんな感じです。

ベトナムに旅行に行った時、ドンの桁数が多くて本当に絶望していました笑
ですが、簡単な計算方法を知ることでなんとか乗り切れました笑

値段がパッと出てくると、ナイトマーケットでの買い物や値段交渉も楽しくなりますよ♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました