【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

ムンバイの格安ホテルHOTEL WINDSOR(ウィンザー)のドミトリーに宿泊してみた!【レビューします】

インドのムンバイに一人旅をしてきました。

・この記事では、私がムンバイで宿泊したホテルをご紹介します
・ちなみに格安宿です

ムンバイには安宿が沢山ありますが、情報が少ない・・・。
私も宿探しで苦労しました。

ということで、今回はこんな人にオススメの記事です。

・ムンバイに旅行に行ので安宿を探しています!
・ムンバイのホテルはどのエリアに取ればいいの?

ちなみに、ムンバイまでの道のりはこちらの記事からどうぞ。
悪名高い(?)インド航空で行きました笑

空港からムンバイ中心地へ、電車で行く方法はこちら。

 

スポンサーリンク

ムンバイでのホテル探しはどのエリアがおすすめ?

・ムンバイのホテルはどのエリアに取ればいいの?

と思っている方向けの説明です。

ムンバイの観光地は下記の場所に集中しています。
これらの場所の近くにホテルを取ると便利です。

・フォート地区
・コラバ地区

特にフォート地区には観光スポットが集中しています。
主な有名所は下記です。

・インド門
・タージマハルホテル
・エレファンタ島へのフェリー発着場
・チャトラパティ・シバジ・マハーラージ博物館
・ボリウッド映画が見れる映画館
・チャトラパティ・シヴァージー駅(建物が綺麗)

それぞれの場所の観光情報については、下記の記事に詳しく書いています。

なので、ホテルを取るなら、フォート地区がおすすめです。
鉄道駅にも近いので、何かと便利です。

フォート地区の場所はこちらです。
チャトラパティ・シヴァージー国際空港からは30kmほど離れています。

チャトラパティ・シヴァージー国際空港からは、タクシーやリキシャーでフォート地区まで行くことができます。

・せっかくだからインドの電車に乗ってみたい!

という方はムンバイの空港から市内まで電車で行ってみたをご覧ください。
空港から市街地までのアクセス方法を記載しています。

 

スポンサーリンク

HOTEL WINDSORの場所

HOTEL WINDSORの場所のご紹介です。

・フォート地区の北側
・チャトラパティ・シヴァージー駅の近く

にHOTEL WINDSORはあります。
地図で見るとこちらです。

大通りから路地を一本入った場所にあります。
ちょっと見つけにくいかもしれません。

ちなみに、観光スポットが集中しているエリアまでは徒歩で行くことができます。

・インド門まで徒歩約20分〜30分です

参考までに、ホテルからインド門までの徒歩ルートを示しています。
Googleでは徒歩24分と出ます。

 

スポンサーリンク

宿泊料金

そんなホテルWindsorの宿泊料金をご紹介します。
料金は当然、時期によって変わります。

私が宿泊したのは、12/29〜12/31という年末のタイミングでした。
2泊3日ですね。

料金はこちらでした。

・2泊3日で合計2,300円
・ドミトリー
・朝食込み

1泊1,000円強いです。
めっちゃ安いです・・・笑

ドミトリーという不自由さはありますが、朝食付きでこの値段は魅力的でした。
ということで、このホテルに決めました笑

朝食の時間は、ホテルの名刺に書いてありました。

・7:30〜9:30が提供時間のようです

 

スポンサーリンク

部屋の様子

そんなWindsorの部屋の様子をご紹介します。

・私が宿泊したのはドミトリーです

安宿なのでそんなに期待していませんでしたが、その期待通りでした笑
マットレスの薄いベットが5台並んだシンプルな部屋でした。

荷物置きなどの場所はないです。
鍵付きの保管場所とかもないですね。

奥の光はベランダの光です。
外に出てみましたが、特に景色は良くありませんでした笑
それに床には鳩の糞が・・・。

部屋にトイレはなく共用でした。
シャワーと水道は部屋に付いていました。

設備は非常にシンプルですが、部屋が広いのが良かったです。
バックパックの荷物を広げたりするので、部屋が狭いと大変なのです。

 

スポンサーリンク

ベッドの様子

部屋にはベッドが5つありました。
チェックイン時は、お客さんは私だけ。
(翌日に2人来ました)

2段ベッドになっていないのが良かったです。
2段ベッドは窮屈なんですよね・・・。

各ベッドにはコンセントが付いています。
これはうれしい!

 

スポンサーリンク

エアコンはない

・部屋にエアコンはありませんでした

ベランダと部屋に扉がなかったので、「自然の風で涼んで」みたいな感じでした笑

ただ、部屋の天井には巨大な扇風機が一つ付いていました。
これのお陰で、なんとか快適に過ごせました。

私がムンバイに行ったのは12月末ですが、それでも日中は30℃くらいありました。

 

スポンサーリンク

シャワー・水回り・トイレ

続いては、シャワーなどの水回りです。
シャワーは部屋についていました。

そのシャワーはこちら。

・お湯はもちろん出ません
・備え付けのシャンプーはありません

日中は12月でも30℃のムンバイですが、夜は気温が下がります。
水シャワーはちょっと冷たかったです笑

シャワールームの床はこんな感じ。
お世辞にも清潔とは言えません・・・。

トイレの写真を撮り忘れましたが、あまり清潔感はなかったです・・・。

・トイレは部屋にはなく共用でした

また、洗面台はドミトリールームに付いていました。
こちらの写真の中央奥です。
もちろんこちらも水だけです。

 

スポンサーリンク

Wi-Fi環境

Wi-Fiは各部屋に付いています。
チェックイン時にパスワードを教えてもらい、「あとは自由にどうぞ」という形でした。

海外では、1泊1,000円の安宿でもネット環境がしっかり整備されていて助かります♪

 

スポンサーリンク

総評|ただ寝るだけなら十分

そんなムンバイの格安ホテルWindsorの総評をします。

・一言で言うと「ただ寝るだけなら十分」というホテルでした

それでは、「良かった点」と「悪かった点」に分けで見ていきましょう。

良かった点
・何より宿泊料金が安い
・立地が良い
・ドミトリーにしては部屋が広い
・スタッフがフレンドリー

イチオシで良かったのは「価格」と「立地」ですね。
1泊1,000円で、中心市街地に宿泊できるのはめっちゃ良かったです。

悪かった点
・水回りの清潔感はない
・シャワーはお湯が出ない
・セキュリティは甘い

水回りやシャワーは値段相応なので文句はないです。

セキュリティに関しては、弱い印象を受けました。
ドミトリーの部屋の鍵も、頑張ればすぐ開きそうな感じ笑

部屋の中にもセキュリティBOXみたいなものはないので、持参した南京錠で防犯していました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はムンバイの格安ホテルWindsorをご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

・とにかく宿泊費を抑えたい!
・観光スポットの近くに泊まりたい!

という方にはオススメのホテルです。

宿泊料金は変動するので、下記の比較サイトで予約するのがオススメです♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました