【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

琵琶湖の近江舞子水泳場に行ってきた!【琵琶湖のビーチはどんな感じ?】

琵琶湖の近江舞子水泳場に行く人

 

・近江舞子水泳場の情報を知りたい
・琵琶湖のビーチってどんな場所なのか気になる

・あと、行き方とか更衣室とか売店とかバーベキューの情報も知りたい
・あと、持っていった方が良いアイテムがあれば知りたい

こんな風に思っている方いませんか?

本記事では下記の内容を解説します。

・近江舞子水泳場の行き方、ビーチの様子、更衣室や売店の情報、バーベキューの情報
・近江舞子水泳場をもっと楽しむために持っていくべきもの

この記事を書いている私は、2019年の夏に近江舞子水泳場に行ってきました。
その時の経験をもとに書いています。

関西の海・ビーチの情報はこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

 

スポンサーリンク

近江舞子水泳場とは?

ここでは、近江舞子水泳場の概要と場所、行き方についてご紹介します。

 

どんなところ?

近江舞子水泳場は、琵琶湖の西側にある水泳場です。
まぁ、海で言うところのビーチです。

公式サイトの説明にある通り、ベストビューと良い水質を兼ね備えた場所です。

近江舞子は、比良山系から伊吹山、沖島まで、まるで海のようなパノラマが一望できる最高のロケーションを誇り、びわ湖の中でも最も水のきれいな水泳場として、長年多くの方々に愛されてきました。

近江舞子オフィシャルサイトより

数ある琵琶湖の水泳場の中でも、特に水がきれいな場所です。

また、最寄り駅のJR近江舞子駅からのアクセスが良いのも魅力です。
駅からは徒歩5分程でビーチに着きます。

あとは海と違って、水がベタつかないのが嬉しいですね。
シャワー浴びずに帰りましたが、不快感はありませんでした。

 

アクセス方法は?

近江舞子水泳場への場所、アクセス方法をご紹介します。
私は電車で行きました。

・近江舞子水泳場へは電車で行くのがおすすめです

理由はこちらです。

・大阪から新快速を使えば、最寄り駅まで1時間強で行けちゃう
・最寄り駅のJR近江舞子駅からは徒歩5分くらいでビーチに着く

ではまず場所から見てみましょう。
水泳場の場所はこちら。

琵琶湖の西側です。
琵琶湖バレイをもうちょっと進んだ先にあります。

今回私はJR大阪駅から行きました。
そのルートをご紹介します。

ルートはこちら。
新快速を利用して、片道約1.5時間です。

最寄り駅の近江舞子駅に到着しました。
駅はこじんまりしています。
改札内に自販機はなかったです。

ちなみに、駅前にも何もありません。
カフェやコンビニもないです。

駅を出たすぐの道には、水泳場への案内があります。

そこからは一本道。
進んでいくと、水泳場に着きます。
こんな感じの道です。

ここに有料の駐車場があります。
この日は暑い夏の土曜日だったのですが、お昼の12:00時点で満車でした。

駐車料金はこちら。

・普通車 1,500円
・バイク 300円
・マイクロバス 3,000円

 

スポンサーリンク

近江舞子水泳場に行ってみた!

ここからは、近江舞子水泳場の情報をお伝えします。
ご紹介するのは以下の6つ。

①ビーチの様子
②水質
③売店の情報(海の家的なもの)
④更衣室
⑤シャワー
⑥バーベキュー情報

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ビーチの様子

駅から5分くらい歩けばビーチに着きます。
松林の奥がビーチです。

ビーチはとても広いです。
こんな感じの場所です。

ビーチは広い長〜く続いているのですが、この日は人がとても多かったので大混雑でした。
遊泳区域も広く、結構沖(?)の方まで行けます。
マジで深い場所まで行けるので、行っている人はほとんどいませんでした笑

景色はとても美しいです。
奥には滋賀の山々が見え、青い空との対比が綺麗。

客層は様々でした。

・若いグループ(若干パリピ感)
・親子連れ
・カップル

などなど多くの人たちがいました。
年齢は若い人が多かった印象です。

あとは、パリピ感(笑)のある若いグループの人がやや多かったです。

 

水質について

水質はこんな感じです。
公式サイトの説明通り、めちゃくちゃ綺麗。

膝まで浸かるような場所で、魚を見ることもできました。
メダカくらいの小さい魚が泳いでいました。

ただ、人の多い場所ではちょっと濁ります。
人の動きで砂が舞い上がるからですかね。

 

売店の様子

海の家というか売店は沢山ありました。
ビーチに沿って、上の画像のようなお店が並んでいます。

食べ物、ドリンク(お酒含)は、どのお店でも扱っていました。
海水浴場の「海の家」と同じです。

あとは、

・更衣室貸出
・荷物預かり
・シャワー貸出
・浮き輪空気入れ
・バーベキューセットレンタル(コンロ、トング、炭など)

あたりを提供しているお店もありました。

後述しますが、ここには無料の更衣室があります。
オフィシャルなコインロッカーもあります。

浮き輪の空気入れはありがたいですね。
100円のお店を見つけたので、利用しました。

近江舞子水泳場ではバーベキューができます。
それ用のバーベキューセットを貸し出しているお店もありました。
ざっと見た感じ、1,500円くらいでした。

 

更衣室の様子

近江舞子水泳場には無料の更衣室があります。
こんな感じです。

結構オープンな場所にあり、綺麗ではないです。
着替えるだけなら十分、といった具合。
また、17:00には閉まるそうなので注意。

更衣室にはコインロッカーがあります。
300円で使用できて、帰宅時に100円返ってきます。
使用中は何度も開け閉めできるタイプのロッカーなので便利です。

 

シャワーについて

更衣室は無料ですが、シャワー設備は見当たりませんでした。
シャワーを浴びたければ、売店でお金を払って借りる必要があります。

シャワーのかわりに、更衣室の前には足洗い場があります。
私はここで足だけ洗って帰りました。

・海水と違ってベタつかない
・水質もまぁまぁ綺麗

ということで、割り切りました笑

 

バーベキューについて

近江舞子水泳場では、バーベキューができます。
写真のように、松の木陰で多くの人がバーベキューを楽しんでいました。

水道も何ヶ所か設置されています。
ゴミ捨て場もちゃんとあります。

料金も安いようです。
「協力金」との形で、金額は以下でした。

・大人ひとり200円
・こども100円

設備は持ち込みです。
ただ、いくつかの売店でバーベキューセットの貸出を行っていました。

1,500円くらいでした。
これなら、食材だけ持っていけばバーベキューができちゃいます♪

 

スポンサーリンク

近江舞子水泳場を楽しむために持参した方が良いもの

近江舞子水泳場に持っていったほうが良いものを4つピックアップしてご紹介します。
以下です。

電車で行くという前提で、コンパクトなアイテムをピックアップしています。

①コンパクトレジャーシート
②浮き輪やビーチボール
③コンパクトタオル
④防水のスタッフバック

 

コンパクトレジャーシート

1つ目はコンパクトレジャーシートです。

近江舞子水泳場は松林が広がっており、ここが天然の日除けとなります。
この松林に多くの人がシートを広げています。

荷物置きにしていたり、昼寝していたり・・・。
シートが1つあると便利です。

折りたためてコンパクトになるやつがオススメ。
1コもっていると、色々なときに重宝します。

 

浮き輪やビーチボール

続いては浮き輪やビーチボール。
定番ですね。

海に行くときと同じように、このあたりのアイテムがあると楽しさ倍増です。
売店でもレンタルできますが、数百円取られます。

数百円で買えるものなので、買っちゃった方が良いでしょう。
私は、現地で売店の空気入れを利用して膨らませました。
100円でした。

 

コンパクトタオル

タオルは必需品ですが、コンパクトなマイクロファイパータオルがおすすめです。
理由は以下。

・吸水性と速乾性に優れている
・コンパクトになる

便利なので愛用しています。
海外旅行はもちろん、国内旅行、ちょっとしたお出かけの際にも持って行きます。

拭いて絞ってまた拭いて・・・。
みたいなことがずっとできるので、普通のタオルより勝手が良いのです。

 

防水のスタッフバック

最後のおすすめアイテムは、防水のスタッフバックです。
スタッフバックとは、登山などでよく使われるバックインバック的なアイテムです。

着替えや道具を小分けにして整理するのに使われます。
水辺へお出かけするときには非常に便利です。

理由は下記。

・荷物を整理できる
・防水性のものなら水着を入れて帰れる

防水のものを買っておくと、水場へのお出かけで大活躍します。
私はサイズ違いでスタッフバックをいくつか買っておいて、荷物の量によって使い分けています。

created by Rinker
¥880 (2020/01/19 10:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

近江舞子水泳場の基本情報

名称 近江舞子水泳場
住所 〒520-0502 滋賀県大津市南小松1095
HP https://oumi-maiko.info/

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・近江舞子水泳場は琵琶湖のビーチ
・大阪からのアクセスもよく、水も綺麗なのでおすすめ
・海と同じように、更衣室、売店、BBQコーナーなどがあります

こんな感じです。
更衣室が無料のお陰で、かかった費用は電車代+食事代だけでした。

・大阪からの電車代 3,000円(往復)
・食事代 1,000円

合計で4,000円です。
これで1日楽しめたので、結構アリかなぁ〜と思います。

海水と異なり身体がベタつかない琵琶湖のビーチ。
みなさんも行ってみてはいかがでしょうか。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました