2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

【大阪】ネモフィラ祭りに行ってきた【大阪まいしまシーサイドパーク】

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパークの「ネモフィラ祭り」に行きたい。
見どころや現地の様子、アクセス方法や混雑状況も教えてほしい。
あと、事前にwebチケットが買えるなら知りたい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・大阪まいしまシーサイドパークの「ネモフィラ祭り」に行ってきたので写真を交えて見どころを紹介

この記事を書いている私は、一人旅好きのフリーランスです。

いままで10ヶ国以上を一人旅したり、バンコクで1ヶ月間暮らしたり、コワーキングスペースで仕事をしながら都内のホテルを点々としたりしてきました。

海外旅行も国内旅行も大好き。大阪在住なので、週末のお出かけ先は関西地方が多めです。

私は大阪まいしまシーサイドパークの「ネモフィラ祭り」には何度も行っています。この記事はその経験をもとに書いています。

【並ばずに会場に入れるWEBチケットがおすすめです】
事前にネモフィラ祭りの「WEBチケット」を買っておくと、当日窓口に並ばずにスムーズに入れます。
WEBで購入するとQRコードが発行されるので、当日はコードを見せるだけでOKです。私もWEBチケットを買っていきました。
・大阪ネモフィラ祭りのWEBチケットはこちらで買えます

 

スポンサーリンク

大阪まいしまシーサイドパークで開催中のネモフィラ祭りに行ってきた

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

まいしまシーサイドパーク公式サイトより( https://seasidepark.maishima.com/nemophila/ )

4月中旬、大阪まいしまシーサイドパークで開催中のネモフィラ祭りに行ってきました。大阪湾を望む最高のロケーションに100万株のネモフィラが咲いています。

大阪在住の私は何度もネモフィラ祭りに行っているのですが、行くたびにその美しさに感動します。

現地での滞在時間は1時間ほどでした。

施設内で食事や買い物などはしなかったので、ゆっくりとネモフィラを見て帰りました。事前に「WEBチケット」を買っていたので、入場はスムーズでした。

往路は公共交通機関で行き、復路はシェアサイクルで帰りました。というのも、帰りのバスに長蛇の列ができていたので、待ってられないと思い自転車にしました。

【往路】
大阪メトロ「コスモスクエア駅」 → バス → 大阪まいしまシーサイドパーク
【復路】
大阪まいしまシーサイドパーク → HUBチャリで移動 → 自宅

会場全体の地図はこちらです。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

青く塗りつぶされている場所がネモフィラ畑です。その周りに観賞用の道が整備されています。赤色の矢印が順路ですが、どこから見てもOKです。

所要時間は、ゆっくりネモフィラを見て1時間ってところです。

 

ネモフィラ祭りのみどころ

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭りの見どころを紹介します。

 

見渡す限りのネモフィラ

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

とにかく一面に咲き誇るネモフィラが素敵すぎます。上記の写真は私が撮影したものですが、圧倒的な規模感でネモフィラが咲いています。

どこを見ても青色です。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパークでは、中央にある大きなネモフィラ畑をぐるっと回るように道が整備されています。

見る角度によって違った景色を楽しめます。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

ご覧の通りネモフィラ畑はかなり広いです。

自分のペースでゆっくりと鑑賞できます。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

 

大阪湾とのコントラストも素敵

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパークのすぐ隣は大阪湾です。なので、大阪湾とネモフィラを両方堪能できます。

手前にネモフィラ、その向こうに大阪湾というロケーションです。ネモフィラの青、大阪湾の青、空の青のコントラストを楽しめます。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

海沿いには高い建物がないので、視界が開けています。ネモフィラも大阪湾もよく見れます。遊歩道に流れる海風も心地よいです。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

 

チューリップとネモフィラのカラフルな組み合わせ

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

ネモフィラ畑の一角にチューリップが植えられているエリアがあります。一面の青の中にポツポツとカラフルな色が混じっています。

ネモフィラの開花時期とチューリップの開花時期が重なるので、両方の満開を楽しめます。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

チューリップエリアのエリアは、14:00くらいには太陽の位置的に日陰になっちゃいます。私が行った時も日陰になっており、ちょっと寂しかったです。

見に行くなら午前中がおすすめです。

 

花に埋もれたネモにゃんを探せ

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

「ネモにゃん」というのは、ネモフィラ祭りの公式キャラクターです。

パーク内のネモフィラ畑の中に、この「ネモにゃん」が隠れています。探すのは楽しいですよ。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

いろんな場所にいろんな表情をした「ネモにゃん」がいます。グッズ売場ではネモにゃんグッズも売っていました。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

 

【2022年】大阪まいしまシーサイドパーク「モフィラ祭り」の開催概要

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

2022年のモフィラ祭りの開催概要はこちらです。

会場:大阪まいしまシーサイドパーク
規模:約100万株
日程:2022年4月8日(金)〜2022年5月8日(日)
料金:大人 (中学生以上)1,200円、子供 (4歳~小学生) 600円

なお、開催時間は日によって異なります。

混雑が予想される土日祝は開催時間が長くなっています。

時間(平日):9:00〜17:00
時間(土日祝):8:30〜18:30
時間(5/2、5/6):9:00〜18:30
時間(最終日5/8):8:30〜17:00

詳細は公式サイトでご覧ください。

 

大阪まいしまシーサイドパークへのアクセス方法

大阪まいしまシーサイドパークへのアクセス方法は、大きく3つあります。

・車(レンタカー)で行く
・バスで行く
・HUBチャリで行く

順番に解説します。

 

車(レンタカー)で行く

車で行く場合は、大阪中心部から約20分です。

以下のマップでピンを立てた場所あたりに専用の駐車場があります。

此花大橋を過ぎて、「おおきにアリーナ舞洲」前の交差点を左折。

道なりに進むと、大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」の専用駐車場に着きます。

営業時間:【平日】8:30~17:30、【土日祝・4/29~5/7】8:30~19:00、※5/8は17:30まで
収容台数:1,800台
料金:普通車 800円/台、中型・大型車 2,000円/台

アクセス方法の詳細は公式ホームページをご覧ください。

また、レンタカーで行くなら「たびらいレンタカー予約」で予約するのがおすすめです。全国の主要レンタカー会社の料金を一括検索・一括比較できるので最安値を探すことができます。

 

バスで行く

バスを使っていくこともできます。

バスでのアクセス方法は3ルートあります。

JRゆめ咲線「桜島駅」

【北港観光バス】舞洲アクティブバスに乗車

約15分

「ホテル・ロッジ舞洲前」で降りる
大阪メトロ「コスモスクエア駅」

コスモドリームラインに乗車

約20分

「ホテル・ロッジ舞洲前」で降りる
JR大阪環状線・阪神なんば線「西九条駅」

【大阪シティバス81系統】「舞洲スポーツアイランド」行きに乗車

約35分

「舞洲スポーツアイランド」下車で降りる

アクセス方法の詳細は公式ホームページをご覧ください。

なお、私は2つめのルートで行きました。「コスモスクエア駅→コスモドリームライン→20分乗車→ホテル・ロッジ舞洲前」というルートですね。

このバスですが、交通系のICカードが使えず現金のみなので注意が必要です。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

料金は、

大人210円
子ども110円

です。

乗車時に払います。

バスは1時間に2本程度です。ただ、非常に混んでいてまず座れません。そして状況によっては、お客さんが多過ぎて入り切らず、次のバスを待つことになります。

実際私も1本見逃しました。

バスは1時間に2本なので、希望の時間に乗れないと30分のロスになります。バス停には常に長い待機列ができています。時間に余裕を持って行動しましょう。

 

シェアサイクル「HUBchari(ハブチャリ)」で行く

車や公共交通機関を使わずに、シェアサイクルで行くこともできます。

「HUBchari(ハブチャリ)」は、大阪市内に約300ポートを有するシェアサイクルサービスです。好きな場所で借りて、好きな場所で返却できます。

料金は30分165円です。

電動自転車なので疲れません。大阪ベイエリアのサイクリングを楽しみながら「大阪まいしまシーサイドパーク」までいけます。

会場付近には2つのポートがあるので、ここで返却すればOKです。以下のマップは大阪のポート一覧です。

「HUBchari(ハブチャリ)」の詳細は公式ホームページをご覧ください。

 

ネモフィラ祭りのよくある質問

クエスチョン

ネモフィラ祭りのよくある質問をまとめました。これからネモフィラ祭に行かれる方は参考にしてください。

 

トイレはある?

会場内に仮設トイレがあります。

なぜか会場で配られるパンフレットにはトイレの記載がないのですが、ちゃんとトイレは存在します。

「チューリップコラボゾーン」の下あたりにトイレがあります。

 

食事はできる?

パーク内でも食事ができますし、近隣のレストランで食事もできます。

パーク内の「まいしま楽市楽座」というエリアに、軽食やスイーツなどを販売しているキッチンカーがあります。

たこ焼きや、

マスコットキャラクターのネモにゃんを模した、「ネモにゃんカステラ」などを販売しています。

他にもソフトクリームやレモネード、「ネモにゃん」グッズなども販売していました。パーク内のショップの詳細は公式サイトでご確認ください。

ただ、テーブルと椅子などの食事スペースが少ないので、立って食べている人も多かったですね。ネモフィラ畑周辺にもレジャーシートを広げられる場所はほとんどないです。

パーク内での食事は軽食くらいに考えていた方が良いです。ちゃんとした食事をするなら、パークの外にあるレストランに行きましょう。

大阪まいしまシーサイドパークのすぐ隣にあるホテル「ホテルロッジ舞洲」内には、「舞洲キッチン」というレストランがあります。

名称:舞洲キッチン
住所:〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目3−75 ホテルロッジ舞洲1F
営業時間:ランチタイム 11:00 ~ 15:00、ディナータイム 17:00 ~ 21:00
ホームページ:https://www.lodge-maishima.com/restaurant/

また、「ホテルロッジ舞洲」内には、「森とリルのBBQフィールド」というバーベキュー場もあります。

私はここでBBQをしたことがあるのですが、清潔感あふれるオシャレなバーベキュー場でした。友人でも家族でもカップルでもわいわい楽しめるのでおすすめです。

BBQしたときの写真はこちら。

「森とリルのBBQフィールド」についての詳細は、こちらの以下の記事をご覧ください。

【関連記事はこちら】
【大阪】自然や季節の花が楽しめる観光地まとめ【行った感想も紹介】をあわせて読む

名称:森とリルのBBQフィールド
住所:〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目3
営業時間:サンシャインタイム 11:00 ~ 15:00、サンセットタイム 17:00 ~ 21:00
ホームページ:https://www.lodge-maishima.com/bbq/plan/

 

混雑具合は?

私は4月中旬の土曜日に行きました。

パーク内の混雑具合はこんな感じです。

人は多かったですが、困るほどではなかったですね。

すれ違えないとか、人が多過ぎてネモフィラが見えないとか、前がどかなくて撮影ができないとか、そういったことはなかったです。

ネモフィラ畑の遊歩道の混み具合はこんな感じです。そこまで混んでいませんね。撮影も好きな場所でできました。

ただ、これはあくまで4月中旬の土曜日の混み具合です。

私は過去にゴールデンウィーク期間にネモフィラ祭に行きましたが、その時の方が混んでいました。

なお、ネモフィラ祭の公式ページに、混雑の目安が掲載されています。

【土日祝日の混雑予想】
8:30〜10:00 空いている
10:00〜11:00 混雑している
11:00〜15:00 大変混雑している
15:00〜17:00 混雑している
17:00〜18:00 空いている
【平日の混雑予想】
9:00〜11:00 空いている
11:00〜14:00 混雑している
14:00〜16:30 空いている

ピークタイムは11:00〜15:00で、この時間はかなりの混雑が予想されます。土日祝も平日も朝〜午前中が空いています。

ゆっくりとネモフィラを鑑賞したい方は、午前中に行かれることをおすすめします。公共交通機関も空いているので、行きやすいです。

 

ペットを連れて入れる?

ケージまたはカートに入れた状態なら、ペットと一緒に入場できます。

詳しくは、以下の公式サイトの「園内マップ」の右下に掲載されています。なお「園内マップ」はクリックするとpdfファイルで見ることができます。

 

公共交通機関がとにかく混むので要注意

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭りですが、公共交通機関がめちゃくちゃ混みます。

私は、行きは「コスモスクエア駅」から専用バスに乗って行ったのですが、とにかく混んでいました。

【往路】
大阪メトロ「コスモスクエア駅」 → バス → 大阪まいしまシーサイドパーク

コスモスクエア発のバスですが、運行間隔は30分に1本です。

ただ、バスを待つお客さんが多過ぎて、一度に全員が乗れないことがあります。そうするとまた30分待って次のバスを待つことになります。

実際私も1本バスを見送りました。

1本逃すだけで30分のロスになります。

人が少ない午前中の早い時間に行くか、予定のバスに乗れないことをあらかじめ想定して、スケジュールを組むことをおすすめします。

予想通り、大阪方面へ向かう帰りのバスもめちゃくちゃ並んでいました。なので、帰りはシェアサイクルでサイクリングしながら帰ることにしました。

舞洲にはHUBchari(ハブチャリ)のポートが2つあるので、自転車を借りて帰りました。

【復路】
大阪まいしまシーサイドパーク → HUBチャリで移動 → 自宅

なお、HUBchari(ハブチャリ)の利用には事前の会員登録が必要です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

レンタカーは「たびらいレンタカー予約」で一括比較して最安値で借りよう!

たびらいレンタカー

レンタカー代を安く抑えたいなら、各社のレンタカー料金を一括比較できる「たびらいレンタカー予約」がおすすめです。

たびらいレンタカー予約は、日本全国の大手レンタカー会社のレンタカーを一括検索してお得な格安料金で予約できる「レンタカーの比較・予約サイト」です。

すべてのプランで「カーナビ」「ETC車載器」「免責補償」まで含まれた料金表示なので、わかりやすく安心して利用できます。

交通費、宿泊代、食事代、観光施設代・・・旅行には何かとお金がかかります。レンタカーを安く借りることができれば、浮いたお金で別の楽しみを増やせます。

私も国内旅行に行く際はよく使っているのでおすすめです。

 

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・大阪まいしまシーサイドパークの「ネモフィラ祭り」では約100万株のネモフィラを見ることができる
・2022年は4/8〜5/8の期間で開催中。事前に「WEBチケット」を購入すれば当日の入場がスムーズ
・広大な敷地に咲き誇るネモフィラ、大阪湾の雄大さ、一緒に楽しめるチューリップなど、みどころが満載

こんな感じです。

現地のチケット購入窓口は混雑しています。スムーズに入場したいなら、事前に「WEBチケット」を買っておきましょう。

今回はここまで。
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました