2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

【大阪】自然や季節の花が楽しめる観光地まとめ【行った感想も紹介】

滝 自然

大阪の自然や絶景を満喫できる観光地が知りたい!
都会の観光には飽きたので、季節の花とか綺麗な景色を楽しみたい。
あと、大阪市内からアクセスしやすい場所だと嬉しい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・大阪の自然や絶景を満喫できる観光地まとめ
・大阪在住で旅好きの管理人が実際に行った場所のみ紹介

この記事を書いている私は、一人旅好きのフリーランスです。

いままで10ヶ国以上を一人旅したり、バンコクで1ヶ月間暮らしたり、コワーキングスペースで仕事をしながら都内のホテルを点々としたりしてきました。

海外旅行も国内旅行も大好き。大阪在住なので、週末のお出かけ先は関西地方が多めです。

 

スポンサーリンク

【大阪】自然や季節の花が楽しめる観光地まとめ

大阪在住の管理人が選ぶ、自然や季節の花が楽しめる大阪の観光地をまとめました。

どれも私が1回は行ったことのある場所です。

それぞれの場所の魅力をざっくりまとめると以下です。

箕面大滝・・・滝、ハイキング、青モミジ、紅葉
大阪市立長居植物園・・・紫陽花、植物園、レイクサイドカフェ
堺・緑のミュージアム ハーベストの丘・・・体験型アトラクション、コスモス
和泉環境リサイクル公園・・・四季の花、公園でピクニック
森とリルのBBQフィールド・・・大阪近郊、ベイサイドの森で楽しむバーベキュー
大阪まいしまシーサイドパーク・・・4月に100万株のネモフィラ祭り開催
中之島公園・・・都会のオアシス。バラ園を楽しめる
大阪城公園・・・初春は梅、春は桜

 

箕面大滝

大阪では超有名な「箕面大滝」。

落差33メートルの滝は大迫力で、日本の滝百選にも選ばれています。

阪急箕面線の箕面駅からハイキングコースを1時間くらい歩いたら滝に着きます。このハイキングコースがほどよいキツさでいい運動になります。

大阪市内からのアクセスも良く、春は新緑のモミジ、夏は森林浴、秋は真っ赤な紅葉が楽しめます。

私は紅葉の季節に何度も行っています。

夏の時期にも行きましたが、夏は夏で素敵です。

滝と青モミジがいいバランスになっています。

箕面の大自然の景色をみながら自分のペースでゆっくりハイキングコースを進むのが楽しいんですよね。

道中にカフェや飲食店もあるので、疲れたら休憩もできます。

道中の売店ではいたるところで「もみじの天ぷら」が売っています。

甘くてカリカリした食感が特徴です。

ハイキングコース沿いには新しい店舗もできていて、行くたびに新鮮味があります。

箕面の滝は大阪市内からアクセスが良いです。

日帰りはもちろん、昼過ぎから行っても楽しめる場所です。

名称:箕面大滝
住所:〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園2−2
電話:072-723-1885
アクセス:阪急箕面線「箕面駅」から徒歩1時間程度
公式サイト:https://www.mino-park.jp/

 

大阪市立長居植物園

公園メンテナンスのため2022年3月31日まで閉園しています。
2022年4月1日から再オープンです。
詳しくは公式サイトの案内をご覧ください。
https://botanical-garden.nagai-park.jp/about/renewal/

大阪市立長居植物園は、大阪市東住吉区にある長居公園内にある植物園です。

ここ、めちゃくちゃ広いんですよね。

公園を一周するだけでいい運動になります。

長居植物園は紫陽花の名所として有名です。

私も6月に紫陽花を見に行きました。

広い園内を自由に散策しながら紫陽花を楽しむことができます。

紫陽花以外にも季節の花や木々を楽しむことができます。結構広いので、散策して〜休憩して〜を繰り返すと、半日は楽しめます。

園内にはオープンテラスのカフェもあります。

結構おしゃれなカフェで、観光客で賑わっていました。

植物園の中心に湖があるのですが、このカフェはそこに面しているのでレイクサイドカフェっぽくなっています。

この日は天気がよかったので、外でのんびりするのが気持ちよかったです。

やっぱりおすすめの季節は、紫陽花が見れる6月頃ですね。

あと、大阪市立長居植物園はアクセス抜群です。

大阪メトロの御堂筋線「長居駅」の目の前にあります。

名称:大阪市立長居植物園
住所:〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1−23
電話:06-6696-7117
営業時間:3月~10月|9時30分~17時(入園は16時30分まで)、11月~2月|9時30分~16時30分(入園は16時まで)
休園日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末・年始(12月28日~1月4日)
料金:大人200円
アクセス:大阪メトロ「長居駅」を降りてすぐ
公式サイト:https://www.nagai-park.jp/n-syoku/

 

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘

「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」は大阪府堺市にある体験型農業公園です。体験しながら楽しめるアトラクションが多いので、子供を連れて行ったら非常に喜びます。

堺市にあるので、大阪市内から行くとそれなりに距離があります。

私は南海泉ヶ丘駅から出ている路線バスで行きました。

ちょうどコスモスが咲いている時期だったので、コスモス目当てで行きました。

コスモスはめっちゃ綺麗でした。

コスモス畑の中に入ることはできないので、外から撮ります。撮り方次第では「コスモス畑に埋もれている」ような写真も撮れます。

園内には大きな吊り橋もあります。

渡ると結構揺れるんですね、迫力満点です。

牛や羊などの動物とも触れ合えます。餌を購入して餌やりもできます。

写真は牛のベンチ。

パターゴルフもできます。

こういったアクティビティは、入園料(おとな1,000円)とは別に支払います。どのアクティビティも数百円です。やりたいものだけ選んで遊ぶ形です。

園内にはフードコートもあります。

写真はハーベストの丘で作っているソーセージをつかったロコモコ丼。

やや硬めの食べ応えのあるソーセージでした。

名称:堺 緑のミュージアム ハーベストの丘
住所:〒590-0125 大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405−1
電話:072-296-9911
営業時間:10:00 ~ 17:00(入園は16:00まで)
休園日:公式サイトに掲載されています
料金:大人1,000円
駐車場:約1,800台(無料)
公共交通機関でのアクセス:南海泉ヶ丘駅バスターミナル6番乗り場「ハーベストの丘」行、南海路線バスにて約20分
公式サイト:https://farm.or.jp/

 

和泉環境リサイクル公園

和泉リサイクル環境公園

和泉環境リサイクル公園」は大阪府和泉市にある公園です。

「花の農場」というエリアでは、四季を通して様々な花が栽培されています。

2月の梅林園にはじまり、春は菜の花やラッパ水仙にチューリップ。夏にはラベンダー、ひまわり、秋にはコスモス。

他にもハーブ園やケヤキ林、日本庭園も楽しむことができます。

私は「梅林園」と「菜の花畑」を目当てに春に行きました。

梅林園の様子はこんな感じ。

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

菜の花畑はこんな感じです。

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

園内には自販機やベンチ、出張のパン屋さんがあります。現地で花を見ながらピクニックができるので楽しいです。

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

和泉リサイクル環境公園

車(レンタカー)で行くのが便利ですが、公共交通機関でもいけます。私は電車とバスを乗り継いで行きました。

公共交通機関で行く場合は、泉北高速線「和泉中央駅」から南海バスに乗って「納花」という駅で降ります。そこから徒歩約15分くらいです。

ただ、道中は歩道がないので、注意して歩きましょう。このような道を歩いていくことになります。カーブが多く、向かってくる車が見えにくいです。

和泉リサイクル環境公園

あと、南海バスの本数は少ないです。基本1時間に1本です。公共交通機関で行くなら、計画的に行動しましょう。

名称:和泉リサイクル環境公園
住所:〒594-1116 大阪府和泉市納花町407−15
電話:0725-55-6969
営業時間:8:00~17:00
休園日:月曜日 / 年末年始
入場料:無料
駐車場:140台(料金無料)
公共交通機関でのアクセス:南海電鉄[難波駅]→泉北高速線[和泉中央駅]下車→南海バス[納花]下車→徒歩約15分
公式サイト:https://www.dinsgr.co.jp/park/

 

森とリルのBBQフィールド

「森とリルのBBQフィールド」は大阪の舞洲にある屋外バーベキュー施設です。

整備された森林の中に全500のバーベキューサイトがあります。施設は新しく清潔で使っていて気持ちがいいです。

大阪市内から車で20分程度のアクセスのアクセスの良さも魅力。同じ敷地内にある「ホテル・ロッジ舞洲」で宿泊することもできます。

私は秋にバーベキューをしに行きました。

なお、近くに大阪市内で使えるシェアサイクルのブースがあったので、私は市内からシェアサイクルで行きました。

こんな感じで芝生を中心にバーベキューサイトが並んでいます。

バーベキューサイトには屋根もあるので、雨が降っても大丈夫です。

夜は照明がついて辺りを照らします。

やはりバーベキューは迫力があります。

大きなグリルで焼いていきます。

「森とリルのBBQフィールド」は大阪市内からすぐの場所ですが、周囲が森で囲まれているので自然の中でバーベキューをしている気分になります。

自然の中でワイワイガヤガヤしながらバーベキューをするのは楽しいです。

「森とリルのBBQフィールド」の近くには「大阪まいしまシーサイドパーク」もあります。ここは毎年春になるとネモフィラが一面に咲きます。

大阪のベイエリアの景色とネモフィラを楽しめる素敵な観光スポットです。あわせて観光することをおすすめします。

名称:森とリルのBBQフィールド
住所:〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目3
電話:06-6460-6090
営業時間:サンシャインタイム11:00 ~ 15:00、サンセットタイム17:00 ~ 21:00
駐車場:あり(有料)
公共交通機関でのアクセス:ユニバーサルシティ駅発の無料送迎バスあり、JRゆめ咲線「桜島駅」から北港観光バス舞洲アクティブバス(2系統)に乗車「ホテル・ロッジ舞洲前」下車すぐ、大阪メトロ中央線「コスモスクエア駅」北港観光バス コスモドリームライン(3系統)乗車「ホテル・ロッジ舞洲前」下車すぐ
公式サイト:https://www.lodge-maishima.com/bbq/

 

大阪まいしまシーサイドパーク

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパークは舞洲にある海浜公園です。毎年4月にはネモフィラ祭りが開催されます。

ここでは約100万株のネモフィラが栽培されており、大阪湾をバックに一面のネモフィラブルーを楽しむことができます。

このネモフィラ祭りには、私も過去何度も足を運んでます。行くたびに感動するので、毎年楽しみしているイベントのひとつです。

以下の写真は2022年のネモフィラ祭りの様子です。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

舞洲はひらけた場所です。周りに高い建物がないので、海も空もよく見えます。そんな開放的な場所で見るネモフィラは格別に美しいです。

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラ祭り

電車が通っていないので、アクセス方法は車かバスです。大阪中心部から30分程度で行けるので、アクセスは良い場所です。

バスの場合は、JRゆめ咲線「桜島駅」、大阪メトロ「コスモスクエア駅」、JR大阪環状線「西九条駅」から出ているバスに乗ります。

ネモフィラ祭りの時期はバスが非常に混んでおり、満員で1本見送ることもザラです。なので私はシェアサイクルで行ったりします。

【関連記事はこちら】
【大阪】ネモフィラ祭りに行ってきた【大阪まいしまシーサイドパーク】をあわせて読む

名称:大阪まいしまシーサイドパーク
住所:〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目
電話:06-4804-5828
公式サイト:https://seasidepark.maishima.com/

 

中之島公園

中之島公園 大阪

中之島公園は大阪の中心市街地にある公園です。

公園の歴史は古く、作られたのは明治24年(1891年)です。大阪で初めて誕生した市営公園と言われています。

堂島川と土佐掘川というふたつの川に挟まれているため、リバーサイドカフェが数多くあります。

中之島公園 大阪

私もこうしたカフェに何度も足を運んでいます。天気の良い日に公園を眺めながらカフェでのんびりするのは気持ちがいいです。

中之島公園といえば、毎年5月に見頃を迎える「バラ園」が有名です。

中之島公園 大阪 バラ園

園内には89品種、約4千株のバラがあります。

中之島公園 大阪 バラ園

中之島公園 大阪 バラ園

公園にはカフェやレストランも充実しており、散歩しながらバラを楽しめます。また、芝生も広いのでさながら都会のオアシスです。

芝生エリアではたまにフードイベントをやっています。

中之島公園 大阪

名称:中之島公園
住所:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1丁目1
公式サイト:​​https://www.osakapark.osgf.or.jp/nakanoshima/

 

大阪城公園

大阪城

大阪市民の憩いの場「大阪城公園」には、梅と桜を毎年観に行きます。入場料無料だし広いしアクセスしやすいしで、最高の公園です。

毎年2月〜3月には、公園の北の方にある「梅林」へ行って梅を鑑賞します。

大阪城公園 梅園

大阪城公園 梅園

大阪城公園 梅園

4月には桜を見に行きます。桜は公園内のいたるところに咲いています。どこでもお花見ができます。

大阪城公園 桜

大阪城公園 桜

入場料が200円かかりますが「西の丸庭園」で見る桜は格別です。有料エリアなので人も少なくゆっくりと鑑賞できます。

西の丸庭園から見た大阪城と桜はこんな感じ。

大阪城公園 桜 西の丸庭園

庭園の中心は広場になっているので、レジャーシートを広げてのびのびとお花見ができます。

大阪城公園 桜 西の丸庭園

名称:大阪城公園
住所:〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1
電話番号:06-6755-4146
公式サイト:https://osakacastlepark.jp/

 

都会の観光地に疲れてきたので、最近はもっぱら自然が目当て

最近は自然を目当てに観光することが多くなってきました。

学生の頃はディズニーとかユニバとか、そういった場所にも足を運んでいましたが最近はめっきり行きません。

この頃は季節の花や景色、自然の神秘など、そういったものを目的にして旅行に行くことが多いです。

中でも季節の花を見に行くことが多いです。箕面大滝は紅葉、長居植物園には紫陽花、ハーベストの丘にはコスモス、といった具合です。

 

自然を求めて滋賀・京都・兵庫に行くことも多い

私は大阪在住なのですが、府内で自然に触れようとすると限界があります。そこで近隣の滋賀・京都・兵庫あたりにはよく行きます。

淡路島には菜の花を見に行ったりしました。

【関連記事はこちら】
【あわじ花さじき】菜の花シーズンの見どころを紹介【3月〜4月】を読む

滋賀県はなんと言っても琵琶湖ですね。

夏にはSUPを楽しんだりしました。

【関連記事はこちら】
【琵琶湖】supで白髭神社まで行く方法【プラン内容と料金】を読む

また、サマーシーズンにはロープウェイに乗って「びわ湖テラス」に行き、山の頂上から琵琶湖を眺めたりしています。

【関連記事はこちら】
びわ湖テラス(びわ湖バレイ)へのアクセス方法とロープウェイの乗り方を読む

関西は大阪を中心に公共交通網が発達しており、近隣の県に行くのも便利です。自然を求めて他県に足を伸ばしてみるのもオススメです。

 

レンタカーは「たびらいレンタカー予約」で一括比較して最安値で借りよう!

たびらいレンタカー

レンタカー代を安く抑えたいなら、各社のレンタカー料金を一括比較できる「たびらいレンタカー予約」がおすすめです。

たびらいレンタカー予約は、日本全国の大手レンタカー会社のレンタカーを一括検索してお得な格安料金で予約できる「レンタカーの比較・予約サイト」です。

すべてのプランで「カーナビ」「ETC車載器」「免責補償」まで含まれた料金表示なので、わかりやすく安心して利用できます。

交通費、宿泊代、食事代、観光施設代・・・旅行には何かとお金がかかります。レンタカーを安く借りることができれば、浮いたお金で別の楽しみを増やせます。

私も国内旅行に行く際はよく使っているのでおすすめです。

 

大阪の観光・遊びスポットを探すなら「アソビュー!」がおすすめ

大阪の観光スポット、人気の体験施設、レジャーを探すなら「アソビュー!」がおすすめです。

「アソビュー!」はレジャー・遊び・体験 スポットを検索・予約できる日本最大級の遊び予約サイトです。チケットはサイトで事前に予約ができるので、当日は行くだけで楽チンです。

大阪を満喫できるレジャー施設の入場券や体験型のアクティビティなど、大阪のレジャー・遊び・体験スポットが数多く掲載されています。

当ブログでは、アソビュー!で予約できる大阪のおすすめスポット・アクティビティを以下の記事でまとめています。大阪の遊びを探している方は是非ご覧ください。

アソビュー!で予約できる大阪のおすすめレジャー・観光まとめ
アソビュー!で予約できる大阪府のおすすめレジャースポット、アクティビティ、観光スポットをまとめて紹介。大阪在住の筆者がアソビュー!を使って、実際に行ったスポットも紹介しています。休日の予定が決まらずに困っている方は本記事をご覧ください。

 

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

本記事では、大阪在住の管理人が選ぶ、自然や季節の花が楽しめる大阪の観光地をまとめました。

どれも私が1回は行ったことのある場所です。

それぞれの場所の魅力をざっくりまとめると以下です。

箕面大滝・・・滝、ハイキング、青モミジ、紅葉
大阪市立長居植物園・・・紫陽花、植物園、レイクサイドカフェ
堺・緑のミュージアム ハーベストの丘・・・体験型アトラクション、コスモス
和泉環境リサイクル公園・・・四季の花、公園でピクニック
森とリルのBBQフィールド・・・大阪近郊、ベイサイドの森で楽しむバーベキュー
大阪まいしまシーサイドパーク・・・4月に100万株のネモフィラ祭り開催
中之島公園・・・都会のオアシス。バラ園を楽しめる
大阪城公園・・・初春は梅、春は桜

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました