2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

【上海】豫園の近くでお茶するならここ!「老上海茶館」は本格中国茶を味わえる隠れ家的な茶館

こんにちは!
hiroです!

今回は、上海の観光地「豫園」の近くにあるおすすめの茶館をご紹介します。
有名な「湖心亭」は激混みでゆっくりできません。
どこか他の場所でのんびりお茶を楽しみたい、という方にはおすすめの茶館です。

スポンサーリンク

はじめに ―「湖心亭」は混んでいる

ガイドブックには必ず載っている上海の観光名所「豫園」。
16世紀に完成した中国式の庭園です。
豫園周辺は観光地化されており、お土産物屋や飲食店が軒を連ねています。

「豫園」の中には、「湖心亭」という、これまたどのガイドブックにも載っている有名な茶館があります。
ただこの茶館は観光スポットのど真ん中にあり、常に混んでいる&それ故にゆっくりお茶を楽しめない、という問題があります。
そこで今回は、「豫園」付近のおすすめ茶館をご紹介します!

豫園は賑やかで楽しいのですが、人の波に疲れます。
豫園の喧騒から少し離れて、本格的な中国茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

豫園から少し離れた「老上海茶館」がおすすめ

ご紹介するのは「老上海茶館」という茶館です。
豫園から南に進み、「方浜中路」という大通りに面した建物の2階にあります。
ちなみにこの「方浜中路」は、道の両側にお土産屋さんが並んでおり、ウィンドウショッピンが面白いエリアでもあります。
「老上海茶館」の場所はこちら。

スポンサーリンク

「老上海茶館」の内装、メニュー

「老上海茶館」はお土産物屋の2階にあります。
通りに面した細い階段から2階に登っていきます。
見逃しそうなので注意です。

階段を登っていくとお店に着きます。
細長い店内です。

真ん中の2人組は楽器を演奏していました。
音楽を聴きながらお茶を楽しめます。

調度品も年季が入っていて、趣があります。
店内の家具はほぼアンティークです。

メニューは竹でできています。
おしゃれですね。
が、よーーーく値段を見ると、高い笑
お茶はやっぱり高級品ですね。
(もしくは、観光地価格ですね)

CHINESE GREEN TEA を注文しました。
65元。
¥1,000ほどです。

ちなみに店主は日本語は話せません。
英語は通じました。

スポンサーリンク

「老上海茶館」で本格中国茶を愉しむ

しばらくして、お茶セットが運ばれてきました。
道具からして本格的です。

よく見ると急須には、お店の名前である「老上海茶館」と刻まれています。

初老の店主がお茶を入れてくれます。
お代わり用のポットも置いておいてくれます。
お代わりは自由です。

アンティークの調度品に囲まれて、音楽の生演奏を聴きながら、ゆっくりとお茶を愉しむことができます。
豫園の喧騒に疲れた&観光で歩き疲れた身体に、温かい中国茶が染み渡ります。

5、6杯ほどお代りしました。
お腹が膨れてきたので、ごちそうさま。
店内にはお土産コーナーがあったので、お茶を買って帰りました。

スポンサーリンク

「老上海茶館」の住所、営業時間など

住所 上海市方浜中路385号
電話番号 +86 21 5382 1202
営業時間 9:00–21:00
定休日 年中無休
スポンサーリンク

おわりに

この記事では、上海の有名観光地である豫園の近にある「老上海茶館」を紹介しました。
本格中国茶を味わえる隠れ家的な茶館です。

皆さんも、豫園を歩き疲れたら「老上海茶館」でまったり過ごしてみてはいかがでしょうか。
扇風機の風に当たりながら、心地よい空間・音楽とともに美味しい中国茶をいただけます。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました