2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

びわ湖テラス(びわ湖バレイ)へのアクセス方法とロープウェイの乗り方

びわ湖テラス(びわ湖バレイ)へのアクセス方法を教えて欲しい。ロープウェイが混むって聞くけど実際のところどうなの? コロナが不安だけど大丈夫?
あと、びわ湖テラスに行く際の注意事項があれば教えて欲しい

こんなことを考えている人はいませんか?
この記事では以下を解説します。

【この記事のポイント】
・びわ湖テラスへの行き方(車、バス、電車、タクシー、ツアー)
・びわ湖テラスへのロープウェイの乗り方と料金
・びわ湖テラスに行く際の注意事項

この記事を書いている私は、一人旅好きのフリーランスです。

いままで10ヶ国以上を一人旅したり、バンコクで1ヶ月間暮らしたり、都内のホテルを点々としながらコワーコングで仕事をしたりしてきました。

【ロープウェイのチケットはwebで事前購入がお得です】
Webの前売ロープウェイチケットが発売されており、当日窓口で買うより最大17%安く購入できます。
チケットはwebで事前に購入した方がお得です。浮いたお金は山頂でのカフェ代やアトラクション代に充てることができます。

 

スポンサーリンク

びわ湖テラスとは?

びわ湖テラスは、標高約1,100mの山岳地帯に広がるリゾートです。麓からロープウェイで5分くらい登ったら着きます。山の上から琵琶湖を一望できてめちゃくちゃ綺麗です。

「びわ湖バレイ」とも言ったりしますが、メディアや旅行会社ではなぜか「びわ湖テラス」と呼ばれていることが多いです。

正確には「びわ湖バレイ」という施設(エリア)の中に、絶景が見れるテラスがあって、それを「びわ湖テラス」と呼んでいます。

そんな絶景を見れるテラスは全部で2つあります。

  • THE MAIN
  • CAFE 360

「THE MAIN」からの眺めはこちら。

びわ湖テラス びわ湖バレイ

「CAFE 360」からの眺めはこちら。

びわ湖テラス びわ湖バレイ

上記の写真は両方とも私が撮影したものです。

晴れた日には琵琶湖を一望できます。

びわ湖テラスには、こうした絶景スポット以外にも、

・アスレチックエリア
・有料のアクティビティ
・子供向けの遊具
・レストラン
・カフェ

などがあります。

天気の良い日に、家族連れやカップルで行くのがオススメかなぁ〜と思います。天気悪いと景色見えないですからね。

【関連記事はこちら】
 びわ湖テラス(びわ湖バレイ)のアスレチックと絶景を堪能!【楽しみ方を紹介】を読む >>

 

スポンサーリンク

びわ湖テラスの場所と最寄駅

びわ湖テラスの場所はこちらです。

レンタカーで行くなら、レンタカー比較サイトたびらいレンタカーで最安値を探していくのがおすすめです。

最寄り駅はJRの志賀駅です。

 

スポンサーリンク

びわ湖テラスへの行き方

びわ湖テラスへの行き方をご紹介します。

行き方は大きく分けて4つあります。

① 電車とバスで行く
② 電車とタクシーで行く
③ 車で行く
④ ツアーを利用する

私は過去2回、びわ湖テラスへ行きましたが、どちらも電車とバスで行きましたした。

後ほど触れますが、休日のびわ湖テラスの駐車場はめちゃくちゃ混みます。公共交通機関で行くのがおすすめです。

 

電車とバスで行く

hiro
hiro

私はこの方法で行きました!

移動の流れはこちら。

JR大阪駅
 ↓
JR志賀駅
 ↓
JR志賀駅前のバス停
 ↓
バス乗車
 ↓
ロープウェイ駅着
 ↓
ロープウェイでびわ湖テラスへ

トータルの所要時間は2時間半くらいです。バスに乗るタイミングやロープウェイの混み具合にもよりますが、だいたいこれくらいです。

また、JR大阪駅からJR志賀駅までは、途中で乗り換えを挟んで約1.5時間です。新快速(超早い特急みたいなもの)という車種で行くと良いです。

また、JRは進行方向に向かって右側の席を取れば、走行中に琵琶湖を一望できます。

景色はこんな感じ。

新快速 琵琶湖

なお、大阪からのルートはこちらです。

JR志賀駅を降りたらバス停へと向かいます。バス停は志賀駅を出た目の前のロータリーにあります。志賀駅の出口は1つなので迷うことはないでしょう。

バスの発車時刻は、

グリーンシーズン・・・4/1〜12/1
スキーシーズン・・・12/2〜3/31

で異なり、平日と土日祝日でも異なるので注意してください。

※2021年3月13日に時刻表が更新されました

グリーンシーズンの時刻表はこちらです。

びわ湖テラス バス 時刻表

びわ湖テラス バス 時刻表

スキーシーズンの時刻表はこちらです。

びわ湖テラス バス 時刻表

グリーンシーズンの時刻表を見てみると、観光客が集中する土日祝日には、1時間に2本程度の便が出ています。

本数が一番多いのは9時台で、

9:01
9:23
9:43
9:59

の4本が出ています。

ロープウェイの混み具合にもよりますが「志賀駅バス停」から「びわ湖テラス」まではプラス1時間程度です。なので、9時台のバスに乗れたら、びわ湖テラスには10:00頃〜11:00頃に着くことができます。

ちなみに私は、混雑時間を外した13:00台に乗りましたが、かなり空いてました。

2021年4月1日時点での運賃は390円です。

バスに乗る時間は15分ほどです。

バスが混雑しすぎて乗れない時は、タクシー利用もアリです。1,000円程度で抑えることができます。

また、バスの本数は決して多くないので、待ち時間に周囲の散策やランチを食べても良いでしょう。

【関連記事はこちら】
びわ湖テラス(びわ湖バレイ)周辺の観光スポット・ランチ・ホテル【実際に行ってきた】を読む >>

なお、バスのルートはこちらです。

 

電車とタクシーで行く

hiro
hiro

バスの時間が合わない時や混雑しすぎてバスに乗れない時はタクシーがおすすめ!

JR志賀駅まで電車できて、そこからはタクシーを利用するパターンです。

JR志賀駅のバスロータリーには客待ちのタクシーが数台停まっています。これに乗ってびわ湖テラスのロープウェイ駅まで行くのです。

私は「行き」ではなく「帰り」でタクシーを使ったのですが、1,000円くらいでした。4人で乗ったのでひとり250円ですね。

バスが大人片道330円(2021年4月1日に料金改訂があり390円になりました)するので、4人で乗ったらタクシーの方が安いです。

・複数人で行く場合
・行きそうな人に声かけて相乗りする

などの場合はタクシー利用しても良いかと。

バスは休日でも1時間に2〜3本しか無いです。「時間がもったいないなぁ」と感じる方はタクシー利用をおすすめします。

なお、私のように「帰り」にタクシーを使うのもアリです。

帰りは志賀駅行きのバスが激混みします。観光客が帰る時間は大体みんな一緒だからです。びわ湖テラスのロープウェイ乗り場の周辺には、客待ちのタクシーが複数台待機しているので、声を掛ければOKです。

実際、私はバスの待機列が長すぎたのでタクシーで帰りました。

 

車で行く

hiro
hiro

山頂までは無理ですが、ロープウェイ駅までなら車で行くことができます!

駐車場はこちら。

山の斜面に第15駐車場まであります。

第1駐車場がロープウェイ乗場に一番近くて便利です。

一番不便なのは第15駐車場で、ロープウェイ乗場から非常に遠いです。ただ、駐車場からロープウェイ駅までシャトルバスが出ているので、それに乗っていけばOKです。

駐車場代は平日と土日祝日で異なります。

乗用車・・・平日¥1,000 土日祝¥2,000
二輪・・・平日¥500 土日祝¥1,000
※50cc以下、自転車無料
※8月7日(土)~15日(日)は土日祝料金になります。

私は過去2回、びわ湖テラスに行ったことがありますが、どちらのタイミングも駐車場は激混みでした。

ドライブを楽しみたい!

という理由なら車一択ですが、そうでないなら公共交通機関を使った方が良いす。公式ホームページにも注意書きがあります。

【アクセスについて】
週末や連休は周辺道路が非常に混雑します。
駐車場も午前中で満車になりご入場頂けなくなる場合がございますので、
公共交通機関のご利用をお薦めいたします。

また、レンタカーを利用する場合は「たびらいレンタカー」を利用して、最安値を探しましょう。ホテルやフライトの比較サイトのように、各社のレンタカー代を比較して最安値を探すことができます。

 

ツアーを利用する

hiro
hiro

ロープウェイ代込みの「びわ湖テラス」日帰りツアー」を利用するのもおすすめです。

料金は1万円程度。

プランにより異なりますが、基本的には以下の内容が含まれています。

・大阪市内からの往復バスの交通費
・ロープウェイ代
・昼食代

ツアーは時間やルールに縛られるので自由度は少ないです。

一方で、電車やバスの時間を調べたり、交通機関の混雑にイライラしたりする必要がないメリットがあります。

また、プラン内容によっては、びわ湖テラス以外にも滋賀県の名所を観光できたりします。

 

スポンサーリンク

ロープウェイの乗り方

【ロープウェイのチケットはwebで事前購入がお得です】
Webの前売ロープウェイチケットが発売されており、当日窓口で買うより最大17%安く購入できます。
チケットはwebで事前に購入した方がお得です。浮いたお金は山頂でのカフェ代やアトラクション代に充てることができます。

びわ湖テラスに行くにはロープウェイに乗る必要があります。

乗り場はこんな感じ。

ロープウェイのチケット売場もここにあります。

上記の写真の日は、割と空いている日でした。別の日に行った時は、手前の広場が人で埋め尽くされており、ロープウェイに乗るのに1時間くらいかかりました。

また、土日祝日だけかもしれないのですが、この広場には何店か屋台も出ています(※私が行った2019年時点の情報です)。行列ができている時は、屋台で何か買って食べながら待っても良いでしょう。

ロープウェイの料金は以下です。

※2021年5月3日時点の料金です

往復券(平日) 【当日窓口】
大人・・・3,000円
小学生・・・1,500円
幼児・・・1,000円
【Web前売】

大人・・・2,500円
小学生・・・1,400円
幼児・・・900円
往復券(土日祝日) 【当日窓口】
大人・・・3,500円
小学生・・・1,500円
幼児・・・1,000円
【Web前売】
大人・・・3,000円
小学生・・・1,400円
幼児・・・900円
往復券(GW・お盆) 【当日窓口・Web前売一律】
大人・・・3,500円
小学生・・・1,500円
幼児・・・1,000円

ロープウェイのチケットは結構高いです・・・。

当日窓口で買うより「Webの前売ロープウェイチケット」を購入した方がお得です。

チケットはこんな感じです。

2021年のロープウェイの運行時間は以下です。

【運行期間】
2021年4月10日(土)~11月23日(火・祝)
【平日】
9:30~17:00(上り最終16:00/下り最終17:00)
【土日祝・8月】
9:00~17:00(上り最終16:00/下り最終17:00)
【補足】
※15分間隔運行:毎時00・15・30・45
※運行間隔は当日の状況により、変更になる場合がございます。
※びわ湖バレイ休業日は運休
※11月8日(月)~11月23日(火・祝)の期間は 9:30~16:30(上り最終16:00/下り最終16:30)となります。

山頂からの最終の下りは17:00と早いので注意が必要です。この最終便の直前はロープウェイが非常に混雑します。待機列も長蛇になるので、早めに行動した方が良いです。

なお、運行間隔は15分ごとです。

毎時・・・00分、15分、30分、45分

に出発します。

大型連休や天気の良い日はロープウェイが非常に混雑します。私は過去に1時間くらい待ったこともあります(2018年のGW)。

そんなロープウェイですが乗車時間は5分程度と非常に短いです。とても早いスピードで進むので、アトラクションに乗ってる感覚になります。

ロープウェイのチケットの価格や運行時間についての詳細は、以下の公式ホームページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

電車+路線バスで行った場合の交通費

電車+路線バスで行った場合の交通費はこちらです。

「JR大阪駅を出発した大人ひとりの往復の金額」としています。

電車代】
2,680円(片道1,340円×2)
【路線バス往復】

780円(片道390×2)
【ロープウェイ往復】
2,500円(土日祝日にWebの前売ロープウェイチケット利用)

合計で5,960円です。

なお、JR志賀駅→ロープウェイ駅までをタクシーを利用すると片道で1,000円程度増えます。

この場合は合計で7,960円です。

 

スポンサーリンク

びわ湖テラスに行く際の注意事項

過去2回足を運んだ経験から、びわ湖テラスに行く際の注意事項をまとめました。

 

駐車場が混雑する

公式HPにも注意のアナウンスがあるのですが、大型連休や天気のいい休日は駐車場が混雑します。

【アクセスについて】
週末や連休は周辺道路が非常に混雑します。
駐車場も午前中で満車になりご入場頂けなくなる場合がございますので、
公共交通機関のご利用をお薦めいたします。

私は過去2回、びわ湖テラスに行っています。

そのうちの1回(2018年のGWに行った時)は、

・第15まである駐車場がほぼ満車
・ロープウェイ1時間待ち

でした。

というわけで公共交通機関がおすすめです。

 

駐車場料金は高い

駐車場代は平日と土日祝日で異なります。

乗用車・・・平日¥1,000 土日祝¥2,000
二輪・・・平日¥500 土日祝¥1,000※50cc以下、自転車無料
※8月7日(土)~15日(日)は土日祝料金になります。

土日祝日だと、駐車場代だけで2,000円するんですよね。ロープウェイ代が大人ひとり往復3,000円程度するので、これだけで5,000円です。

山頂でも色々お金使うと思うので、安くはない金額です

というわけでやっぱり、公共交通機関がおすすめです。

 

帰りはタクシーがおすすめ

公共交通機関を使用する場合、びわ湖テラスからJR志賀駅まで帰る手段は2つあります。

①路線バスに乗る
②タクシーを利用する

の2つです。

土日祝日」の「16:00〜17:00頃」に帰る場合は、タクシーをおすすめします。

理由は以下です。

休日の16:00〜17:00は、びわ湖テラスから帰る観光客が集中して路線バスが激混み or 定員オーバーで乗れなくなるから

私は一度、定員オーバーで帰りのバスに乗れなくなったことがあります。バスの本数は少ないので、待ってられずにタクシーを利用しました。

びわ湖テラスからJR志賀駅まではタクシーで1,000円くらいです。その時は4人で乗ったので、ひとり250円ですみました。

ロープウェイ駅を降りた先に、客待ちのタクシーが数台停まっています。

そこで、

バスが混んでいるからタクシーどうですか〜?

相乗りしたら安いですよ〜

と勧誘をしてきます。

確かにその通りです。

というわけで、帰りのバスが混んでいたらタクシー利用がおすすめです。

 

ロープウェイのチケットはwebで購入すると安い

びわ湖テラスのロープウェイのチケット代(大人往復)は、

平日・・・3,000円
土日祝日&GW・・・3,500円

と決して安くない金額です。

ただ「Webの前売ロープウェイチケット」が発売されており、当日窓口で買うより最大17%安く購入できます。

というわけで、チケットはwebで事前に購入した方がお得です。浮いたお金は山頂でのカフェ代やアトラクション代に充てることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・びわ湖テラスの駐車場は混雑します
・電車+路線バスで行くのがおすすめです。
「JR志賀駅→路線バス→ロープウェイ駅→ロープウェイで山頂」という流れです
・JR大阪駅発の場合、電車+路線バスの往復交通費(ロープウェイ代込)は約6000円で、山頂までの所要時間は約2時間半です。
・時短と快適さを考慮して、バスをタクシーに変えるのもアリです(片道プラス約1,000円)
・「Webの前売ロープウェイチケット」を使うことで、最大17%安くなります

・まるっとプロにお任せしたいなら「ロープウェイ代込みの「びわ湖テラス」日帰りツアー」を使用するのもアリ

レンタカーを利用する場合は「たびらいレンタカー」を利用して、最安値を探しましょう。ホテルやフライトの比較サイトのように、各社のレンタカー代を比較して最安値を探すことができます。

ですが、車で行く場合は以下の注意が必要です。

・休日の駐車場は激混み
・駐車場代は高い(休日は2,000円/日)

びわ湖テラスは関西からアクセスも良く、手軽に行ける滋賀の観光名所です。

山頂からも眺めも最高です。

【関連記事はこちら】
 びわ湖テラス(びわ湖バレイ)のアスレチックと絶景を堪能!【楽しみ方を紹介】を読む >>

【関連記事はこちら】
びわ湖テラス(びわ湖バレイ)周辺の観光スポット・ランチ・ホテル【実際に行ってきた】を読む >>

【関連記事はこちら】
大阪からびわ湖テラス(びわ湖バレイ)へ日帰り旅行してきました!【混雑具合も紹介】を読む >>

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました