2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

済州島/チェジュ島のビーチに行ってみた!金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachで白い砂浜と青い海を堪能♪

11月のちょっと寒い時期にチェジュ島に旅行をしてきました。

日数は2泊3日。
土日+有休を1日使って旅行に行きました。

チェジュ島はリゾートアイランドとして有名。
ということで、ちょっと寒い季節ではあるものの、海に行ってきました!

もちろん、泳ぎはしませんでした。
波の音を聞きながら、まったりするのが目的です。

今回行ったのは、金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beach!
チェジュ島の北東エリアにあるビーチです。

ここが白い砂浜が有名な場所♪
砂の白さが海の青さを引き立てるのです。

ということで今回は、金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachの場所、行き方、魅力についてご紹介します。
あわせて、チェジュ島の海水浴のベストシーズンについても書こうと思います。

この記事はこんな人にオススメです。

・金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beach に行こうと思っている人
・チェジュ島でビーチに行こうと思っている人

▼チェジュ島2泊3日の費用やプランはこちらでまとめています▼

チェジュ島2泊3日一人旅の予算は約4万円です!【詳しく解説します】
チェジュ島2泊3日の予算を知りたい方へ。この記事ではチェジュ島2泊3日の予算と内訳を詳しく紹介しています。実際に2泊3日の一人旅をしてきた経験から書いています。これからチェジュ島に行かれる方は必見です!

▼チェジュ島で宿泊したホテルはこちら▼

チェジュ島のおすすめホテル「チェジュRホテル&ゲストハウス」の紹介!【立地良し・綺麗・安い】
韓国の済州(チェジュ)島のおすすめホテルの紹介記事です。チェジュ R ホテル & ゲストハウス(Jeju R Hotel & Guesthouse)は、空港近くのアクセス良好な格安ホテルでした〜!

 

スポンサーリンク

チェジュ島はリゾートアイランド

チェジュ島といえば何を思い浮かべるでしょうか?
世界遺産の溶岩洞窟である万丈窟(マンジャングル)や、漢拏山が有名ですね。

ただ、それらと同じくらいリゾートアイランドとして有名です。
火山島の自然に囲まれたチェジュ島は、韓国最南端の島。

緯度は日本の佐賀県と同じくらい。
温暖な気候が特徴です。

四方を海に囲まれているので、ビーチや海水浴場が至る所にあります。
白い砂浜に青い海はまさにリゾート♪

その中で今回行ったのは、金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beach。
空港のある新済州エリアから東に進んだ場所です。

 

スポンサーリンク

金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachの場所、行き方

金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachの場所や行き方をご紹介します。
まず、場所はこちら。

チェジュ島の北東にあります。
空港のある新済州エリアから東に進んだ場所です。

続いてはアクセス方法です。
私は今回、万丈窟(マンジャングル)観光の後に、このビーチに向かいました。

▼世界遺産の万丈窟の記事はこちらから▼

万丈窟(マンジャングル)へのアクセス方法!済州島(チェジュ)島の世界遺産に行こう!
韓国の済州島(チェジュ島)にある世界遺産の万丈窟(マンジャングル)へのアクセス方法を紹介しています。街の中心部からバスで行く方法を写真付きでご紹介しています。

万丈窟(マンジャングル)から「711」という路線バスが出ているのですが、このバスが金寧海水浴場の前にちょうど停まるのです。

もちろん、事前に知っていたわけではありません。
万丈窟から帰る際、冒険心が悪さをして、本来降りるべき駅を無視したらビーチに着いたのです笑

ということで、万丈窟から金寧海水浴場までのルートはこちらです。

万丈窟の入口すぐにバス停があるのですが、そこから711番のバスに乗ります。
バスに揺られて15分ほどで到着です。

ちなみに、チェジュ島のバスターミナルからのルートはこちら。
101もしくは201バスで行けるようです。
所要時間は1時間ほどです。

バス停を降りると、大きくビーチの名前が書かれた看板があります。

これで、金寧海水浴場に到着です。
晩秋のビーチを散策してみます♪

 

スポンサーリンク

金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachを観光してみた

金寧海水浴場を散策してみました。

11月の晩秋とあっては、泳いでいる人はいません。
観光客も少ないです。

悪く言えば活気がないビーチですが、良く言えば独り占めです笑
白い砂浜に足跡を付けて、散策をしてみました。

到着してまず目に入るのは、白い砂浜。
いやホントにびっくりするくらい白いんです笑

海もエメラルドグリーンでとても綺麗。
遠くには風車が見えます。

数は少ないですが、観光客もちらほらいました。
海風が冷たいので、皆さん結構厚着笑

ビーチの岩が黒いことに気づきます。
チェジュ島は火山活動によって造られた火山島です。
この岩も火山岩なのでしょうか。

あてもなくビーチをふらふら歩いていると、砂浜のキャンバスを発見。
残念ながら読めず。

金寧海水浴場の散策はここで終了〜
この後は再度バスに乗り、東の城山日出峰へと向かいました♪

▼チェジュ島2泊3日の旅行プランはこちら▼

チェジュ島2泊3日一人旅の予算は約4万円です!【詳しく解説します】
チェジュ島2泊3日の予算を知りたい方へ。この記事ではチェジュ島2泊3日の予算と内訳を詳しく紹介しています。実際に2泊3日の一人旅をしてきた経験から書いています。これからチェジュ島に行かれる方は必見です!

 

スポンサーリンク

金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachの基本情報

名称 金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beach
住所 Gimnyeoung Beach, Gujwa-eup, Cheju, Jeju-do
アクセス(万丈窟から) 万丈窟前から711のバスでTotal20分ほど
アクセス(中心市街地から) チェジュ島のバスターミナルから101もしくは201のバスで約1時間

 

スポンサーリンク

チェジュ島のベストシーズン

「東洋のハワイ」とも呼ばれるチェジュ島。
そんなリゾートアイランドのベストシーズンを考えてみます。

リゾート地ではありますが、やっぱり冬は寒いです。
私が行った11月の平均最高気温は16℃ほど。

同じ時期の日本(東京)の平均最高気温が15℃ほどなので、ほぼ変わりません。
私は薄着で行って、非常に寒い想いをしました笑
11月に行かれる方は、是非完全防備で行かれてください笑

チェジュ島の「平均最高気温が高い月TOP3」は以下の3ヶ月間です。

7月 29.0℃
8月 29.8℃
9月 25.8℃

海水浴に行きたければ、この3ヶ月間に行くと良いでしょう。
ただ、9月の中旬以降は気温が下がるので、注意です。

こうして見るとベストシーズンは日本と同じ時期ですね。
私も次に行くときは温かい季節に行こうと思います・・・笑

 

スポンサーリンク

お得にチェジュ島を旅行するコツ

最後に、チェジュ島への旅行費用を抑えるコツをご紹介します。
「フライトや宿をこれから予約するよー」という方は参考にしてみてください。

宿代やフライト代を安くするコツは以下です。

・大型連休や金、土、日を避ける
・出発の3ヶ月前には予約する
・フライトはLCCのセールを狙う
・フライトはエクスペディアエアトリなどの予約サイトで予約する
・宿はエクスペディアBooking.comagodaなどの予約サイトで予約する

繁忙のタイミングを避けつつ、予約サイトで早めに予約するのがGOODです。

エクスペディアなどの予約サイトを使えば料金を比較できるので、安い値段で予約することができます。
たまにセールをやっていたりもします。

 

hiro
hiro

私はフライトはエクスペディアホテルはBooking.comを使うことが多いです。

 

▼飛行機を安く予約する▼

エクスペディアで航空券を探す
エアトリで格安航空券を探す

▼ホテルを安く予約する▼

Booking.comでホテルを探す
Expediaでホテルを探す
agodaでホテルを探す

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はチェジュ島の金寧海水浴場/Gimnyeong Seonsegi Beachをご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

金寧海水浴場は白い砂浜が特徴の美しいビーチです。
チェジュ島の中心市街地からは路線バスで1時間ほどで行けちゃいます。

万丈窟の観光とあわせていくのもオススメです。
万丈窟前のバス停からは〜20分ほどで行けちゃいます。

海水浴をするならベストシーズンは7月〜9月(中旬)です!
行かれる方は参考にしてください〜♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました