【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

【ラオス】ルアンパバーンでネットを使うには?【SIMカードとWi-Fiの情報】

ルアンパバーンに旅行に行く人
・ルアンパバーンでのネット環境をどうするか考えている。ポケットWi-Fiを借りるべきか、SIMカードを買うべきか。そもそもsimカードはどこで買える?
・あと、ルアンパバーンは田舎って聞いているけど、カフェとかでフリーWi-Fiが通っているのかも知りたい

こんなことを考えている人はいませんか?
この記事では以下を解説します。

・ルアンパバーンでのSIMカードの販売場所
・ルアンパバーンの町中のフリーWi-Fiの状況
・ポケットWi-Fiを借りるべきかSIMカードを買うべきか

この記事を書いている私は、以前、ルアンパバーンに一人旅をしてきました。

3泊くらい滞在して街中も郊外も観光したので、その時の経験をもとにこの記事を書いています。

ルアンパバーンのネット事情を簡単にまとめると、

・ホテル、レストラン、カフェには普通にフリーWi-Fiがある

って感じです。

ただ、屋外にはフリーWi-Fiがないので自分でネット環境を用意する必要があります。この記事ではそのあたりを詳しく書いていきます。

ちなみに、私は日本で「海外用のSIMカード」を予め購入して使用しました。

 

スポンサーリンク

ルアンパバーンにフリーWi-Fiはある?

ルアンパバーンって(失礼ながら)田舎のイメージですよね。観光スポットも2kmくらいの範囲に集まっているので、とてもこじんまりとした街です。

正直、現地に行くまでは、街中にフリーWi-Fiがあるか不安だったのですが・・・杞憂でした。

・私が宿泊した日本人宿
・街中のレストラン
・街中のカフェ

には、ちゃんとフリーWi-Fiが完備されていました。

私は「ソークミーサイ」という日本人宿に泊まったのですが、フリーWi-Fiは普通に快適でした。

試しに「エクスペディア」でルアンパバーンの「Wi-Fiあり」のホテルを絞ってみましたが、めちゃくちゃHITします。

ルアンパバーンは観光地として有名なので、他のホテル・ゲストハウスでも当たり前のようにフリーWi-Fiは完備されているようです。

あと、街中のレストランやカフェにもフリーWi-Fiがあります。シーサワンウォン通りという大通りに、観光客向けのカフェやレストランが集中しており、何軒か入ったのですがWi-Fiありました。

また、レストランやカフェはメコン川沿いのエリアにも集中しています。ここは屋外に建っているお店が多いので、Wi-Fiは期待できないかもです。

少なくとも、私が行ったシンダート(ラオス式のBBQ)のお店にはありませんでした。

なお、ルアンパバーンのカフェ&レストラン情報は「ルアンパバーンで食事をするなら?【おすすめレストランとカフェ情報】」に詳しく書いています。

こんな感じで、

・ホテル
・レストラン
・カフェ

にはフリーWi-Fiがありますが、屋外(街中)にはWi-Fiはありません。屋内だけでしかネット使わないなら良いですが・・・多分、外でも使いたいと思います。

ルアンパバーンは治安の良い街ですが、何かあった時のために常に通信手段を持っておくのは大切です。

というわけで、

・海外用のポケットWi-Fiをレンタルするか
・SIMカードを買うか

をした方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

ルアンパバーンでSIMカードを買うには?

hiro
hiro

SIMカードは空港で買えます!

他の方のブログを拝見すると、街中(シーサワンウォン通り)にもSIMカードショップがあるとのことですが、私は見つけられず・・・。

確実なのは「空港」です。

陸路でルアンパバーンに来る場合は別ですが、基本的には空港を通ると思うので、到着したら買うと良いでしょう。

場所は、

・入国審査を過ぎた先

です。

一本道なので必ず目に入ると思いますが、入国審査を過ぎたエリアに各通信会社が横一列に並んで待っています。

「お店」というものではなく、超簡易的な椅子と長机にスタッフが座っています。パッと見、イベントの受付みたいな出で立ちです笑

ここで購入する場合、

・自分に合ったプランを探して
・SIMカードを購入して
・その場でスタッフが設定してくれる

みたいな流れになります。

大体どこの国もそうですが、店頭でSIMカードを買ったらその場でSIMカードを入れて設定までしてくれます。

ただ、私はここではSIMカードを買いませんでした。

 

スポンサーリンク

私は日本でsimカードを買って行きました

私はルアンパバーンの空港ではSIMカードを買いませんでした。そのかわりに、

・日本で海外用SIMカードを買って予め入れて行きました

「ルアンパバーンで買ったら安いし設定までしてくれるし便利じゃん」と思われるかもしれないのですが、以下の理由からやめました。

・設定のためにその国の言語(もしくは英語)に変更する必要があって面倒
・同じAndroid端末でも会社によってUIが異なるため「設定画面はどこですか」みたいなやりとりが発生して説明が必要
・端末によってSIMの有効化の手順や方法が異なる
・↑の原因で上手くいかない時に「いやいや、ここをこうしてね」と、相手に伝わる言語で説明しないといけない

実は私、過去に2回、現地でSIMカードを入れようとしたけど使えなかった経験があります。
その時の反省から、

hiro
hiro

現地でSIMカードを入れるんじゃなくて、日本で海外用のSIMカードをセットしてから行こう!

と思うようになりました。
ちなみに、「過去に2回」というのは台湾とカンボジアです。

そんな私がいつも使っているSIMカードは、AIS社の8日間で4GB使えるものです。

家に何枚かストックしてあって(Amazonとかで事前に買っている)、海外旅行の際は家でスマホにセットしてから出かけるようにしています。

時期によって値段が変わりますが、いつも1,500円くらいで買っています。現地で買うよりも高いとは思いますが、

・現地でのトラブルを防げる
・高いといっても数百円の違い

と思っているので、許容かなぁって感じです。
速度も早いので超快適です♪

 

スポンサーリンク

Wi-Fiレンタルも選択肢のひとつ

SIMカードを使うためには「SIMフリー」の端末を持っている必要があります。SIMフリー端末を持っていない場合は、海外用のポケットWi-Fiをレンタルするのが良いかと思います。

有名なのは以下の2社です。

試しに2社で料金をシミュレーションしてみました。

 

グローバルWi-Fi

シミュレーションしたプランは以下です。
1日あたり1,270円となりました。

  • 4G(高速)
  • 1日あたり300MB

 

イモトのWi-Fi

シミュレーションしたプランは以下です。
1日あたり1,260円となりました。

  • 4G(高速)
  • 1日あたり500MB

 

なお、どちらも「早割」という割引が適用されているので、ギリギリに予約するとこの金額では収まりません。

また、「補償オプション」(端末破損時の補償)に入った場合は、この金額に1日数百円プラスされます。

海外用のポケットWi-Fiのメリットは以下だと思っており、それに当てはまらない人はSIMカードがおすすめです。

・1台借りれば複数人でシェアできる(一人旅ではない)

SIMフリー端末を持っていない場合は、思い切って買ってしまうのもアリだと思います。最近はASUSやファーウェイなどの安くて高性能なSIMフリースマホが充実しています。

私は2万以下のファーウェイのスマホを使っています。これくらい安いと、万が一旅先で無くしてもダメージが少ないので良いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・ルアンパバーンのホテル、レストラン、カフェには基本的にはフリーWi-Fiがあります
・SIMカードは空港で買えます(市内のシーサワンウォン通りで買えるという情報もあり)
・現地で「なんか上手く設定できない」のを防ぐために日本でSIMカードを買っていくのが個人的にはオススメ
・SIMフリー端末を持っていない人は「ポケットWi-Fi」が選択肢だが、思い切って安いSIMフリー端末を買っちゃうのもアリ

こんな感じです。

なお、日本で買える海外用のプリペイドSIMカードはAIS社の8日間4GBがおすすめです。

Wi-Fiレンタルの場合は、

のいずれかで早期に予約して、割引(早割)の適用を受けると良いでしょう。

思い切ってSIMフリーのスマホを買うならファーウェイあたりがおすすめです。私も海外用のスマホとして2万以下のファーウェイを使っていますが、快適ですので♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました