【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

ルアンパバーン観光に必要な日数は?【最低2日は欲しい】

ルアンパバーンに旅行に行く人
・ルアンパバーン観光に必要な日数を知りたい
・1日で十分なのか数日必要なのか分からないから教えて欲しい
・あと、滞在日数別の旅行プランとかあれば嬉しい

こんなことを考えている人はいませんか?
この記事では以下を解説します。

・ルアンパバーン旅行に必要な日数
・滞在日数別のルアンパバーンの観光プラン

この記事を書いている私は、以前、ルアンパバーンに一人旅をしてきました。

丸3日間ルアンパバーンに滞在してみて、「最低でもこのくらいの日数は必要だな〜」と感じることがあったので、この記事でまとめてみます。

この記事がルアンパバーンへ旅行を考えている人の参考になれば幸いです。

なお、この滞在で私が宿泊したホテルは「ソークミーサイ ゲストハウス」でフライトは「エクスペディア(Expedia)」を使って予約しました。

エクスペディア(Expedia)」は、フライト+ホテルの同時予約で、ホテル代が割引になるサービスもあるのでオススメです♪

 

スポンサーリンク

私のルアンパバーン滞在日数は3泊

私のルアンパバーン滞在日数は3泊5日(トランジットで1日空港泊)でした。
滞在中のプランはこんな感じです。

同じようなスケジュールで行かれる方の参考になれば、と思い掲載してみます。

滞在初日

13:00 クアラルンプール発
15:00 ルアンパバーン着
18:00 ナイトマーケット【観光】
19:00 ナムカーン川沿いでディナー

2日目

09:00 象使い免許取得ツアー【観光】
17:00 プーシーの丘【観光】
19:00 メコン川沿いでディナー

3日目

05:00 托鉢【観光】
07:00 朝市【観光】
12:00 クアンシーの滝【観光】
17:00 薬草サウナ&マッサージ【観光】
19:00 メコン川沿いでディナー

4日目

09:00 あてもなく街をぶらり
17:00 ルアンパバーン発

こんな感じです。

前後の移動で乗り継ぎや空港泊があるのですが、そこは省いています。
ちなみに、行きはクアラルンプール経由で帰りはハノイ経由でした。

というわけで、ルアンパバーンに滞在できたのは、

・丸2日
・半日×2

という感じです。

ルアンパバーンは市内と空港の距離が近いので、結構ギリギリまで観光できます。
(市内までは約4km、車で約15分ほどです)

空港もこじんまりしているので迷って時間を使う・・・なんてことはないです。

スケジュールの中で【観光】と付いているのが、有名な観光スポットに行ったものを指します。全部で7ヶ所ですね。

青くなっている観光スポットをクリックすると、詳細な観光記事に飛べます。
興味がある方は見てみてください。なお、全観光スポットのまとめ記事もあります。

3泊だとこれくらいの場所を回れます。
ただ、私はあまり予定を詰め込まないタイプなので、普通の人はもっと回れるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ルアンパバーン観光に必要な日数

hiro
hiro

ルアンパバーン観光に必要な日数は最低2日間です!

個人的に最低でも2日が必要だと思いました。
理由は下記です。

街中観光で1日、郊外観光で1日使うから

ルアンパバーンは小さな街なので、街の中の観光スポットは1日でかなり効率的に回れます。
観光スポットが2km圏内に集中しているので、レンタサイクルを使えばすぐです。

ただ、郊外の観光スポットは車で1時間強かかる場所にあります。

ゆえに、郊外への観光はどうしても1日がかりになってしまいます。
(半日で切り上げることもできなくないですが、不完全燃焼で終わるかと・・・)

そう考えると、

・市内観光で1日 → 世界遺産の街を探索
・郊外観光で1日 → ラオスの自然に触れる

が、ちょうど良いのではないかと思います。
(ただしバタバタだと思うので、2泊3日がベター)

なお、私が行った観光スポットを「市内」と「郊外」で分けるとこんな感じです。
「・・・」以降の数字は観光に必要な時間の目安です。

市内観光

ナイトマーケット ・・・ 1〜2時間
プーシーの丘 ・・・ 1〜2時間
托鉢 ・・・ 1時間
朝市 ・・・ 30分〜1時間
薬草サウナとマッサージ ・・・ 1〜2時間

郊外観光

クアンシーの滝・・・4〜5時間
象使い免許取得ツアー・・・半日〜1日

こんな感じです。
なので、2日(1泊2日)の時間があれば、

1日目 空港着→市内観光
2日目 早起きして托鉢→郊外観光→空港着

みたいなことができると思います。
ルアンパバーン到着が朝早いのであれば、初日に郊外へ観光に行っても良いでしょう。

超個人的に考えた「私なら多分こうする」という滞在日数別のプランは、事項で詳しく紹介します。

なお、この滞在で私が宿泊したホテルは「ソークミーサイ ゲストハウス」でフライトは「エクスペディア(Expedia)」を使って予約しました。

エクスペディア(Expedia)」は、フライト+ホテルの同時予約で、ホテル代が割引になるサービスもあるのでオススメです♪

 

スポンサーリンク

ルアンパバーン観光の日数別プラン

「もし滞在日数が●日だったら・・・」という仮定で、滞在日数別のプランを考えてみました。

私が実際に行った3泊のプランは省略します。
この記事の↑の方に書いてあるので。

あと、私が実際に行った3泊プランは実質2泊3日とほぼ変わらないので、「2泊3日のプラン」も省略しようと思います。
(最終日はただ街をフラフラしていただけなので・・・)

 

1日(日帰り)プラン

あまりケースとしてないかもしれませんが、行動時間が1日しかない時のプランを考えます。

想定されるのは、アジア周辺国への乗り継ぎの合間などにちょっとルアンパバーンにも寄ってみたというパターンです。

たとえばこんな感じのプランはどうでしょうか。

10:00 空港着
12:00 メコン川沿いでランチ
14:00 レンタサイクルでまちを散策
16:00 プーシーの丘
18:00 ナイトマーケット
19:00 空港へ

朝のイベントである托鉢は見れませんが、プーシーの丘での夕日とナイトマーケットを楽しめます。

メコン川沿いにはレストランが多いので、ここでランチを取るのが良いです。
開放的で良い気分ですよ♪

 

1泊2日のプラン

1泊2日のプランを考えてみます。

フライトの時間にもよりますが、2日あれば市内と郊外の両方を観光できると思います。
あと、早朝の托鉢も体験できそうです。

というわけでルアンパバーン1泊2日のプランはこんな感じ。

10:00 空港着
12:00 メコン川沿いでランチ
14:00 レンタサイクルでまちを散策
16:00 プーシーの丘
18:00 ナイトマーケット
19:00 ナムカーン川沿いでディナー
22:00 元気があればバーへ♪
↓ ↓ ↓
05:30 托鉢体験
07:00 朝市
09:00 象使い体験ツアー
16:00 薬草サウナ&マッサージでリフレッシュ
17:00 空港へ

こんな感じです。

象使いライセンス取得ツアー」は、クアンシーの滝に置き換えても良いでしょう。
なお、メコン川沿いとナムカーン川沿いにレストランが集まっています。

 

4泊5日のプラン

私の滞在日数は実質3泊4日だったので、4泊5日だとプラス1日という計算になります。
(トランジットの影響で3泊5日になったのです)

というわけで、「もう1日あったらやりたかったこと」を考えてみます。

繰り返しになりますが、私が3泊の滞在で経験した観光は以下です。
「これ以外でプラスオンするなら何か?」という話です。

・ナイトマーケット
・象使い免許取得ツアー
・プーシーの丘
・托鉢
・朝市
・クアンシーの滝
・薬草サウナ&マッサージ

色々考えましたが、個人的に時間があれば行きたかったのは以下の2つでした。

・パークウー洞窟
・ラオスの料理教室ツアー

パークウー洞窟はルアンパバーン郊外にある洞窟です。ルアンパバーンから1時間〜1.5時間ボートに乗ってor車で向かいます。

約4,000体の石像があるとのことで、ちょっと見てみたいと思いました。

調べてみたら日本語ガイド付きの「パークウー洞窟ツアー」もあるようでした。

ただ、これは他でも言えることですが、日本語ガイド&日本から事前予約は相当高くつきます。
現地で直接予約した方が安いですが、一応リンクを貼っておきます。

もう一つ興味があったのは「ラオス料理教室ツアー」です。
事前予約制ですが、自分でラオス料理を作って食べれるので面白そうだと思いました♪

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・ルアンパバーン観光に必要な日数は最低2日間
・理由は1日ずつ「市内観光」と「郊外観光」に充てられるから
・1泊2日だとバタバタになるので2泊3日がベター

こんな感じです。
私は3泊したのですが、なんかちょうど良かった気もします笑
もう1日あったら「ラオス料理教室ツアー」とか行きたかったですが。

この記事がルアンパバーン観光を考えている人の参考になれば幸いです。

なお、この滞在で私が宿泊したホテルは「ソークミーサイ ゲストハウス」でフライトは「エクスペディア(Expedia)」を使って予約しました。

エクスペディア(Expedia)」は、フライト+ホテルの同時予約で、ホテル代が割引になるサービスもあるのでオススメです♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました