2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

香港の有名ビーチ「レパルスベイ/淺水湾」を観光!行き方やビールを安く楽しむ方法をご紹介!

スポンサーリンク

レパルスベイとは?

香港島の南に位置するビーチです。
ヨーロッパの香り漂う町並み、香港一綺麗と噂されるそのビーチ。
都会の喧騒から逃れて、優雅な時間を過ごすにはもってこいの観光地です。
今回はそんなレパルスベイに行ってきました!
まあ・・・観光というより、私は単に海を見ながらビールを飲みたかっただけなのです笑

スポンサーリンク

レパルスベイへのアクセス方法

調べてみると、香港島の中環駅(セントラル駅)から直通バスが出ているようでした。
が、私は乗り物酔いが酷く・・・笑
極力バスは使いたくないため、極力近くまでMTRで行き、最後はバス。
というルートで行きました。

まずはMTRで海洋公園駅(Ocean Park Station)まで行きます。
私は尖沙咀に宿を取っていたので、下記はMTR尖沙咀駅からのルートです。

海洋公園駅から出て次はバス停まで向かいます。
駅の前の前にオーシャンパークという遊園地があって、人が溢れかえっています。
駅の名前の由来ですね。
それを横目に通り抜け、Googleマップを頼りにバス停を目指します。
ちょうど駅の裏側。
幹線道路沿いにあります。

バス停はこじんまりしています。
ここから赤柱(スタンレー)行のバスに乗ります。
途中の停車駅に、レパルスベイがあります。
見にくいですが、下の写真中央の緑の丸い看板に「往 赤柱」と書いてあり、ここのバスに乗ります。

この時、バス停についた瞬間バスがきました笑
なので、車体の写真撮れず・・・。
ただ、めちゃくちゃオンボロでした。
あまりに外観がボロボロ過ぎて、「オクトパスカード使えないんじゃないかな〜。しまった〜、小銭持ってない〜」とか考えていたら、問題なくカード使えました笑
しばらくバスに揺られます。
ちなみに、運転は結構粗い。

10分くらいでレパルスベイの最寄り駅に着きます。
なーんにも目印がないので、Googleマップで現在地確認をしていなければ、降り忘れるところでした。
降りたバス停をパシャリ。
こんな地味ーなバス停です。
ガイドブックでも大々的に紹介されていたから、なんかもっと豪華な?バス停かと思っていました笑

そしてここがレパルスベイの入口です。
こちらも地味。

しばらく海に向かって歩きます。
人がまばらです。
私が行ったのは6月。
まだシーズンではないから、人が少ないのかもしれません。

そしていよいよ・・・
海ーーーー!!!!
ビーチにつきました!!!

スポンサーリンク

レパルスベイの楽しみ方

私の場合ですが、ビーチにきたら大体・・・
①泳ぐ
②ビール飲みながらぼーっとする
③ビール飲みながら本を読む
のどれかをします笑

今回は水着を持ち合わせていなかったので、下の2つ。
海の家的なお店も結構あるので、散策がてら良さげなお店を探すことにしました。

こんな感じのお店があったり、

こんな感じのお店があったりするのですが・・・

どこも高い!
ビール1杯HK$50(約¥700)は下らないです。
3杯飲んだら¥2,000越えます。
なんと恐ろしい。

コンビニとかないかな〜と思いながら散策を続けていると、ありました!
それっぽいのがありました!!!

中に入って確信。
スーパーマーケットでした。
これ絶対ビール売ってる・・・。
売ってたーーー!!!

しかも安い!
多少の差はあれど、だいたい1缶HK$10(約¥140)!
レストランと比べると5倍くらい違う!
よっしゃぁぁぁぁと思って、まずは青島ビールを買い・・・

砂浜でビールタイム。
幸せです。
ちなみに、スーパーではオクトパスカードが使えました。
小銭が出ないので超便利〜♪

2缶目。
また買いに行きました笑
一度に買うとぬるくなるので、必要な時に補充スタイル。
波の音を聴きながら、まったり読書です。
このぼ〜っとした時間が至福です。

何回かビール補充をしているうちに、夕暮れ。
夕飯は尖沙咀で食べることにして、帰路につきます。
少し市内から距離は離れていますが、都会の喧騒から離れてまったりしたい方にはおすすめ。
そして、節約志向の方にはスーパーマーケットでのビール購入がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました