2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり

香港の大仏(天壇大仏)へのバスでの行き方を紹介します!

こんにちはhiroです!

香港に旅行に行くと決まってから、周りの友人に「香港観光のおすすめあるー?」と聞きまわっていました。
多くの人が推していたのが、この天壇大仏(巨大大仏)でした。
実際に行ってきたので、観光情報をご紹介しますー!

スポンサーリンク

天壇大仏(巨大大仏)までの行き方

山の上にあるこの大仏へアクセスするには、昂坪(ゴンピン)360とよばれるケーブルカーで行くのが一般的です。

このケーブルカー、見晴らしが最高で香港の空の旅を楽しむことができます。
運賃は片道¥1,000以上してまあまぁ高いのですが。

昂坪(ゴンピン)360の乗り場は、大仏があるランタオ島にあります。
MTRの東涌駅まで行ってから、バスに乗り換えて1時間ほどで到着します。

そうしてケーブルカー乗り場に到着したのですが。。。
激混み。。。
なぜかありえないくらいの長蛇の列で、1時間やそこらでは解消されないほどの大混雑。
行きでこんなに並んでいるのですから、きっと帰りも大混雑。。。

これはまずいと思って、Googleでバスルートを調べて、バスで大仏まで行くことにしました。
しかし、ここで痛恨のミス。

【香港】バスで行ける漁村・大澳(タイオー)を全力で観光!の記事で紹介しているように、私は東涌駅でバスを乗り間違えて、大澳(タイオー/Tai O)という漁村に行ってしまいました。
まぁ、そこはそこで大変おもしろかったのですが笑
結局、大澳から昂坪(ゴンピン)360の乗り場まで行くことになりました。

スポンサーリンク

天壇大仏(巨大大仏)を観光

大澳のバス停から21番のバスに乗ること30分。
天壇大仏につきましたー!
青と白の空に、大仏が小さく写っています。
いまからあそこに行くのです!

門をくぐって園内に入ります。

中には牛がいました。
インドみたいですね。
観光客が集まって写真を撮ったり、触ったりしていました。
一体誰が世話をしているんでしょう。

いよいよ大仏さんと対面します。
この長ーい長ーい階段を登って、ようやく到着です。
何段あるんでしょう。
数えればよかった笑

ここで中間くらい。
まだまだあります。
神奈川の江ノ島のようにエスカレーターはないので、老若男女問わず、ひたすら自力で階段を登っていきます。

そしていよいよ到着。
このカット、逆光がいい味出していて、大仏の迫力ありますね笑

大仏のお顔はこんな感じです。

頂上からの眺め。
この日は天気が良かったこともなり、素晴らしい眺望でした。

景色と大仏を楽しんだあとは、同じように階段を降りていきます。

スポンサーリンク

昂坪市集(NGONG PING VILLAGE)を散策

園内には、昂坪市集(NGONG PING VILLAGE)というショッピングモールがあり、ここの散策も楽しいです。
お土産物屋さんやレストランがあり、多くの観光客で賑わっています。
最近できたのか、建物や町並みが新しいです。

 

お腹が空いてきたので、その中の一軒で料理を注文。
エビヌードル的なもの。

スポンサーリンク

MTR東涌駅への帰り方

昂坪市集(NGONG PING VILLAGE)を抜けた先にはバス停があります。
昂坪(ゴンピン)360を使わない場合、ここから帰ることができます。

MTR東涌駅行きは23番のバス停です。
30分に1本はくるので、使い勝手は良いかと。
そして何よりも運賃が安いです。
昂坪(ゴンピン)360は片道¥1,000を越えますが、バスなら片道¥100ほど。
景色も見たいけど、この安値は魅力的です。
(しかもこの日はケーブルカーが激混み・・・)

バスが到着し、続々と乗り込みます。
ここからは疲れて爆睡。

昂坪(ゴンピン)360で行くのが一般的ですが、混んでいたり高かったりと色々あります。
まったり安く行きたい方には、バスはおすすめです。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました