2015年、初海外で一人旅...それが全ての始まり >

ビクトリアパーク(ビクトリア公園)はのんびりしたい旅人におすすめの観光スポット!【香港】

こんにちは!
hiroです!

今回は香港ビクトリアパーク(ガイドブックによってはヴィクトリアパークとも)の観光情報を紹介します。
香港の喧騒に疲れて、どこかでまったりしたいな〜という方におすすめの場所です!

スポンサーリンク

はじめに―ビクトリアパークはこんな旅人にオススメ!

ビクトリアパークは、言ってしまえば都会の中にあるただの大きな公園です。
こう言うと怒られそうなのですが、本当にそんな感じです。

観光地というより、地元民の集いの場のような印象を受けました。
このような感じで、大きな広場で子どもたちが思い思いに遊んでいます。
家族連れも非常に多いです。

エキサイティングな旅の思い出を求めて行くのは向いていません。
それは間違いないでしょう。

香港という大都市の強烈なパワー、喧騒。
そういったものに疲れた旅人にビクトリアパークはおすすめです。
旅に疲れたら、芝生に寝そべって、ぼーーーっと高層ビルの合間から空を見上げてみませんか笑
そうして英気を養って、また香港の夜に繰り出すのです!笑

スポンサーリンク

ビクトリアパークって?

ビクトリアパークはMTR銅鑼湾駅(Causeway Bay)と天后駅(Tin Hau)の間にある公園です。
イギリス統治時代に造られました。
公園の名前である「ビクトリア」は、この公園内にあるイギリス女王ビクトリアの銅像に由来しています。

敷地面積は19ヘクタール。
香港最大の公園です。
香港のメディアでは面積比較の物差しとして、「ビトリアパーク○個分」という表現が使われているらしいです笑
日本で言うところの「東京ドーム○個分」ですね笑
ちなみに、東京ドームは約4.7ヘクタールとのこと。
とすると、ビクトリアパークは「東京ドーム約4個分」ですね。

スポンサーリンク

ビクトリアパークの見どころ

なんといっても一番の見所はビクトリア女王の銅像でしょうか。
公園のメインゲートに鎮座しているらしいです。
「らしい」というのは、私は見つけられなかったからです・・・。
なので写真もありません。
行かれた方は是非探してみてください。

私は事前情報を全く持ち合わせていなかったので、目的もなく公園内を歩き回り、ベンチに座って本を読み、疲れたら芝生でぼーっとするというのを繰り返していました笑
そうやって散策した数少ない見どころをここで紹介します。
ちなみに、公園内は禁煙です。
愛煙家の方はご注意ください。

まず発見したのはプール!
なぜ!?
という感じに唐突に出てきたプールですが、人は泳いでいませんでした。
泳ぐような場所ではなさそうです。
かわりに子どもたちが模型のボートを浮かべて楽しんでいました。
(ちょっと写真ではわかりにくいですが)

プールを抜けて進んでいくと、熱帯雨林みたいな場所に出ます。
道の両側に高い木が植わっています。
流石にここからは香港の高層ビルも見えません。
途中、ランニングしている人に多く出会いました。

砲台です。
いつの時代のものでしょうか。
こういう戦争の遺産みたいなものが唐突に出てきます。
香港はもともと港湾都市なので、きっと船に向かって撃っていたのでしょうね。

木々の隙間からビルが見えます。
香港のビルってほんとに高いです。
ドミノ倒しができそうなほど、細長くて高いです。
地震あったらどうなるの、と不安にさせます。
日本も狭い国ですが、香港も狭い国。
ゆえに、狭い土地を有効利用するために、建築物が縦に縦にと長くなるのでしょうか。

ちょっと離れて落ち着いた静かな場所へ。
芝生に座ってぼーっとします。
そして読書。

せっかく旅行に来ているのに何をしているのやらと思いますが、これも贅沢な使い方でしょうか笑
日本にいると仕事やら人間関係やらで忙しない毎日です。
旅先にいるときくらい、予定を詰め込まず、あるがままに時間を使いたいものです。

園内にはちゃんと案内の看板がありました。
これを見ながら歩けばよかったと今更後悔。

ちなみに私が言った日は、偶然にもTHE 51ST HONG KONG BRANDS AND PRODUCTS EXPOというイベントが開催されていました。
特設のエリアが用意されており、しっかりと入場料を取られて中に入ってみました。

ぎりぎりすれ違えるほどの人の多さ。
非常に賑わっていました。
それぞれのブースには、香港各地の特産品らしきものが所狭しと並んでおり、私はひたすら試食をしていました笑

試食をしていたらお腹が空いてきたので、ビクトリアパークはここまで。
美味しい香港料理でも食べに行きます。
美味しい香港レストランについては、
【香港】香港のおすすめレストラン!格安でミシュランの味を堪能できる「添好運点心専門店」

【香港】尖沙咀のおすすめ中華料理レストラン「川上龍」の紹介

【香港】尖沙咀のおすすめ中華料理レストラン「竹園海鮮飯店」の紹介
の記事にまとめています。

スポンサーリンク

ビクトリアパークへのアクセス方法

ビクトリアパークはMTR銅鑼湾駅と天后駅の間にあります。
どっちかというと天后駅の方が近いです。
が、どちらでもほとんど変わらないと思います。
駅からは徒歩で行けます。

スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回は香港の大都会の中のオアシス「ビクトリアパーク」を紹介しました。
特に何かがある場所ではないですが、香港の喧騒に疲れて、どこかでまったりしたい方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました