【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

【香港】スターフェリーで100万ドルの夜景を見よう!【乗り場と料金】

香港に行ったらぜひ乗りたいのが、スターフェリーです。

スターフェリーは、九龍半島と香港島を結ぶ海上交通の手段です。
いまとなっては、観光要素の方が強いでしょうか。

ヴィクトリア湾を、ゆったりとしたスピードで風を切って進むフェリーは快適です。
デッキからは、大都市香港の摩天楼を望むことができます。
夜景は特に綺麗。

今回はそんなスターフェリーの乗り方、料金や観光情報をお届けします。
この記事はこんな人におすすめです。

・香港でスターフェリーに乗ってみたい人
・香港の夜景をフェリーの上から見たい人

 

スポンサーリンク

スターフェリー/Star Ferry/天星小輪とは?

スターフェリーを運営する天星小輪有限公司は、1898年創業。
スターフェリーは、120年以上の歴史を持っているのです。

1日平均で約5万人の乗客を運んでいると言われています。

フェリーはヴィクトリア湾内を往復し、九龍半島側と香港島側(2ヶ所)を繋いでいます。
海上交通に大きな貢献をしているスターフェリーですが、地下トンネルが繋がった今となっては、香港の観光名所という方がしっくりきます。

九龍半島の尖沙咀〜香港島の中環までは約10分。
海上を進む爽快感はもちろん、景色の良さが最大の魅力です。

それに運賃も安いのです。
100円に満たない金額で、絶景のクルーズを楽しめちゃいます。

夜はもっと綺麗。
香港の高層ビル群の夜景を一望できます。

後述する「ハーバー・ツアー」も人気を博しています。
通常運賃よりも値は張りますが(それでも安い)、客室風に改装した専用のフェリーで、ヴィクトリア湾内をクルージングできます。

 

スポンサーリンク

スターフェリーの航路は?

公式サイトより

スターフェリーは2路線あります。

ひとつは、九龍半島の尖沙咀と香港島の中環を繋ぐルート。
私が利用したのはこちらです。

もうひとつは、尖沙咀と香港島の湾仔を繋ぐルートです。
値段は基本的に同じですが、運行スケジュールが異なります。

オススメは、尖沙咀〜中環の航路です。
所要時間は10分ですが、とにかくデッキからの眺めがいいです!
目の前に迫る香港高層ビル群の夜景は圧巻です。

 

スポンサーリンク

スターフェリーの乗場・乗り方は?

スターフェリーの乗り方は簡単です。
4つのステップを順番に見ていきましょう。

1 スターフェリー乗り場へ行く
2 切符を買う
3 改札を通って乗船する
4 下船する

この4ステップです。
まずは、フェリー乗り場に行くところから。

1 スターフェリー乗り場に行く
中環のフェリー乗り場はこちらにあります。

フェリーターミナルまでは空中通路でつながっています。
地上から行こうとすると、大通りが多く横断歩道も少なく、混乱します笑
案内板も出ているので、そこまで迷わないかと思います。

ちなみに、入口は1等席(クーラー付き)と2等席で入口が異なるので、注意。
私は2等で行きました。
ですので、上の写真は2等デッキの入口です。

2 切符を買う
自動券売機で、切符代わりのトークンを買います。
大人なら大人料金、子供なら子供料金分のHK$を入れたらOKです。

ちなみに、オクトパスカードが使えます!
持っている方は、こちらが圧倒的に便利でしょう。

このように「カード持っている人はこちら」の看板が出ますので、迷うことはないと思います。

ちなみに、自動券売機で使える細かいお金を持っていない人は、近くの有人窓口でもトークンを買えます。
ご安心ください。

3 改札を通って乗船する
トークンを買った場合は、改札の投入口にトークンを入れます。
オクトパスカードの場合は、改札にタップするだけでOKです。

その先に待合室があります。
ここでしばし待ちます。

時間になると乗船ゲートが開くので、いよいよ乗船です。

4 下船する
向こうのフェリーターミナルに着き、船のタラップが降りたら下船します。

乗船時に料金を払っていますので、下船時は何もありません。
降りて尖沙咀のまちに繰り出すだけです!

フェリーターミナルへの接岸時は船が揺れるので、注意です。
デッキでかざしていたスマホなどを海に落とさないように・・・笑

 

スポンサーリンク

船上からの夜景は最高!

スターフェリーの魅力はなんといっても夜景です。

もちろん、昼は昼で魅力があります。
ヴィクトリア湾をよく見渡せるデッキから、波に揺られて行き交う大型船をぼ〜っと眺めるのは心洗われます。

ですが、やっぱり夜は素晴らしいです。
船上から100万ドルの夜景を独り占めできるのです。

船からの景色はこんな感じです。
夜景できらめく高層ビルが、ちょっとずつ近づいてくるのです。

みんなスマホを構えて写真を撮っています。
落とさないか心配・・・!

おじさん集団も柱にもたれながら黄昏れています。

ほんの10分の船旅ですが、ちょっとずつ大きくなってくる九龍半島のビル群を眺めるのは楽しいですよ。

私は滞在中、九龍半島と香港島間の移動は結構フェリーを使っていました。
片道50円くらいでこの経験ができるのは素敵です。

ちなみに、夜景といえば香港島側から眺める夜景も綺麗です。

香港島のフェリーターミナル付近は、プロムナードになっているので、散歩しながら対岸の夜景を楽しむことができるのです。

 

スポンサーリンク

乗船料金は?

乗船料金は平日か祝日か、1等デッキか2等デッキなのかで異なります。
もちろん、大人と子どもでも違います。

 

■平日(月〜金)
大人・・・HK$2.7(1等)、HK$2.2(2等)
子ども(3-12歳)・・・HK$1.6(1等)、HK$1.5(2等)
障害を抱えている方・・・HK$1.6(1等)、HK$1.5(2等)
■土、日、祝日
大人・・・HK$3.7(1等)、HK$3.1(2等)
子ども(3-12歳)・・・HK$2.2(1等)、HK$2.1(2等)
障害を抱えている方・・・HK$2.2(1等)、HK$2.1(2等)
スポンサーリンク

運行スケジュールは?

運行スケジュールは、休みの日と平日とで異なります。
また、出港するフェリーターミナルによっても異なります。

ですが、基本的には10分ほどの間隔で船は出ています。
神経質に時間を気にする必要はありません。

■中環発:平日
06:30-07:25 10-12分間隔
07:25-09:55 6分間隔
09:55-20:40 6-8分間隔
20:40-23:30 10-12分間隔
■中環発:祝休日
06:30-07:25 10-12分間隔
07:25-22:40 6-8分間隔
22:40-23:30 10-12分間隔

 

■尖沙咀:平日
06:30-07:15 10-12分間隔
07:15-09:45 6分間隔
09:45-20:30 6-8分間隔
20:30-23:30 10-12分間隔
■尖沙咀:祝休日
06:30-07:15 10-12分間隔
07:15-22:30 6-8分間隔
22:30-23:30 10-12分間隔
スポンサーリンク

スターフェリー・ハーバーツアー

スターフェリーは交通手段ですが、「スターフェリー・ハーバーツアー」は、がっつり観光用のツアー。
約60分もの間、ヴィクトリア湾をクルーズすることができます。

帰国してから知ったので、実際には乗れていません。
知っておけばよかった・・・。
無念。

値段も手頃で、約1,500円〜乗れます。
昼行便と夜行便があり、シンフォニー・オブ・ライツの時間に合わせたクルーズが一番人気とのこと。

 

■昼行便の運行スケジュール/大人HK$110
尖沙咀発・・・11:55、12:55、13:55、14:55、15:55、16:55、17:55
中環発・・・12:15、13:15、14:15、15:15、16:15、17:15
湾仔発・・・12:30、1330、1430、15:30

 

■夜行便の運行スケジュール/大人HK$200
尖沙咀発・・・18:55、20:55
中環発・・・20:15

 

■シンフォニー・オブ・ライツの時間帯の運行スケジュール/大人HK$230
尖沙咀発・・・19:55
中環発・・・19:15

尖沙咀発の11:55を皮切りに、20:55の最終便まで約1時間に1本ペースで運行しています。
シンフォニー・オブ・ライツの時間はそれぞれの港で1本のみ。
お値段もちょっと上がり、HK$230です。

名称 スターフェリー・ハーバーツアー
電話番号 2118-6201
定休日 なし
運行時間 12:00頃〜21:00頃まで1時間間隔で運行。詳しくは運行スケジュール参照。
料金 昼行便HK$110、夜行便HK$200、シンフォニー・オブ・ライツHK$230
HP(英語、中国語) http://www.starferry.com.hk/en/Introduction

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は香港のスターフェリーの魅力についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

交通手段でもあり、観光スポットでもあるスターフェリー。
片道50円〜乗れて、香港100万ドルの夜景を一望できるのでおすすめです。

それではまとめです!

・スターフェリーは九龍半島と香港島を繋ぐ交通手段!
・所要時間は10分、片道50円〜乗れちゃう!
・ヴィクトリア湾内を一望できるので景色は最高!夜景はもっと最高!
・クルーズをゆっくり楽しみたい方は、1,500円〜乗れるスターフェリー・ハーバーツアーがオススメ!

今回はここまで!
チャオ!

香港島のフェリーターミナルからは、香港の離島「長州島」にも行くことができます!
まったりとした時間が流れる観光島でビーチもあっておすすめです。

▼あわせて読みたい▼

【香港】長州島へのフェリーでの行き方をご紹介!
...

▼あわせて読みたい▼

長州島を観光!やっぱり海を見ながらのビールは最高!
...
タイトルとURLをコピーしました