【無料】海外旅行プランを簡単にオーダーメイドする方法 >>

香港の北京ダックの有名店「鹿鳴春 / Spring Deer」は一人旅で行っても楽しめるのか?

ピーチのセールが安かったので、関空から香港に行ってきました!
土日+有休を使い、2泊3日の旅です。

今回は一人旅です。

香港といえばやっぱりグルメ!!!
「食は香港にあり」と言わんばかりに、激ウマな中華料理店が何件もあります。

今回は、北京料理の代名詞「北京ダック」を食べに、「鹿鳴春」に行ってきました!
「鹿鳴春」は香港では北京ダックの名店として超有名!

期待に旨を膨らませ、意気揚々と行ったのですが・・・。
結果として北京ダックは食べませんでした笑

私が一人旅だったことに理由があるのですが・・・。
それでは見ていきましょう笑

鹿鳴春の場所やメニュー、混雑状況、予算なども掲載しています。
純粋に鹿鳴春の情報を知りたい方の役に立つと思います。

この記事はこんな人におすすめです。

・鹿鳴春に行こうと思っている一人旅の旅行者
・別に一人旅じゃないけど、鹿鳴春の場所や予算や混雑具合を知りたい人

▼セールをGETしたピーチの搭乗記録はこちら▼

関空でのピーチ国際線の乗り方をわかりやすく解説します!
...

▼香港レストランのまとめ記事はこちら▼

安く食べれる香港のおすすめレストラン7選!【日本語メニューの店もあり】
...

 

スポンサーリンク

鹿鳴春とは?

鹿鳴春は香港の尖沙咀にある北京料理のレストランです。

創業は1969年。
今から約50年も前ですね。

香港市民にも愛される味で、広い店内はいつも混み合っているとか。
そして、ここの名物が「北京ダック」です。

観光客向けのガイドブックには、結構な確率で載っています。
そのせいか、日本人観光客も多め。

私が行ったときも何組か日本人の観光客グループが来ていました。
それに対応するためか、日本語メニューもありました。

 

スポンサーリンク

鹿鳴春の場所

鹿鳴春の場所はこちらです。
香港島ではなく九龍半島側の尖沙咀にあります。

あの有名な重慶大厦(チョンキンマンション)の裏側です。
Googleマップで見るとこちらです。

 

スポンサーリンク

鹿鳴春へのアクセス方法

それでは、鹿鳴春への行き方をご紹介します。

香港は超高層ビルが街の至る所にあります。
お店は大抵、そのビルのワンフロアにあるので、Googleマップだけ見ていても全然辿り着けません笑

Googleマップで目的地の近くまで来たら、ひたすら空を見上げて歩き、目当てのお店の看板を見つけ、フロア(階)を特定するのです笑

ちなみに、上ばかり見ていると、室外機の水が落ちてくるので注意が必要です笑
それでは鹿鳴春への行き方です!

今回私は、鹿鳴春の近くのHop Inn on Modyというゲストハウスに泊まっていました。

▼あわせて読みたい▼

香港のゲストハウスHop Inn On Modyは綺麗で安い!【日本人におすすめ】
...

鹿鳴春からは目と鼻の先だったので、Googleマップで経路検索するとこんな感じです。

ただ、この鹿鳴春もビルの中に隠れているので、まずは通りで看板を探します。
見つけました。

矢印に従い、建物の中に入っていきます。
すると、また看板を発見。

更に進んでいきます。
また、お店の案内を発見しました。

営業時間も書いてあります。
11:30-15:00とあります。
これはランチ営業の時間。

撮り損ねていますが、この下にはディナーの営業時間が書かれています。
18:00〜23:00です。

ようやくお店の入口にたどり着きました。
高級感のある外観!

まぁ、ちょっとお高めのお店ですからね。
ワクワクしながら中に入ってみます。

 

スポンサーリンク

鹿鳴春の店内の様子

鹿鳴春の店内の様子はこちら。
非常に広々としています。

円卓には白いテーブルクロスがかけられ、清潔感があります。
ちなみに、がらーんとしているのは開店直後にお邪魔したから。

私はひとりで行ったので、優雅に円卓を独り占めさせてもらいました・・・笑

 

スポンサーリンク

鹿鳴春のメニュー

鹿鳴春のメニューの一例です。
本当はもっとありましたが、写真を撮り損ねてしまいました・・・。

写真をご覧いただくとわかるように、日本語のメニューがあります。
英語や中国語がわからなくても安心です。

ちなみに、料理には3つのサイズがあります。
Large、Medium、Small の3つです。

私は一人旅なので、迷わずSmallです。
大勢で行かれる時はLargeが良いかもしれません。

それではメニューの一例を見てみましょう。
価格はSmallを書いています。

しかし、料理によってはSmallサイズの提供をしていないものもあります。
それらについては、カッコ( )内にサイズを記載しています。

まずは魚です。
コイが意外と高い・・・。
香港では高級魚なんでしょうか。

コイの鉄板焼き HK$980(Large)
コイの蒸しもの HK$980(Large)
アマゴのたまり醤油炒め HK$140
魚の丸揚げ・甘酢あんかけソース HK$380(Large)
切り身魚の煮付け HK$140
魚のアスパラロール揚げ HK$98
魚の唐揚げ HK$98

続いては海老の料理!
みんな大好き海老ですが、流石中華料理の本場とあって、種類が豊富です。

車エビの揚げ物 HK$180
エビの酒ソース仕立て HK$540(Large)
車エビのチリソース HK$140
車エビの煮付け HK$180
車エビの揚げだんご HK$110
車エビの軟らか揚げ HK$110
車エビのすり身焼き HK$110
芝エビの炒め物 HK$110
芝エビ入りおこげのあんかけ(トマトソース) HK$110
芝エビと卵白の炒めもの HK$110
エビのすり身のせトースト HK$98

続いては高級珍味のナマコ!
やはりお高いですね。

ナマコ

アワビのスライス・オイスターソース煮 HK$300
ナマコの煮込み HK$260
ナマコ入りおこげのあんかけ HK$160
ナマコとエビ子の煮物 HK$260

そしていよいよお肉のメニュー!
有名な北京ダックもありますよ〜

鶏・鴨

北京ダック HK$420(Large)
鶏肉とくるみの味噌炒め HK$110
鶏肉の炒め物 HK$110
鶏角切り肉と野菜の炒め物 HK$110
鶏角切り肉の唐辛子炒め HK$110
鶏角切り肉のチリソース炒め HK$110
スモークチキンの味噌炒め HK$110
鶏肉と卵白の炒め物 HK$110
鶏肉(チキンフィレ)の煮込み HK$110
鶏肉の唐揚げ HK$120

写真に押さえたメニューはこれで全てです。
本当はまだ、麺類、ご飯、スープ、デザートのメニューもあったのですが。

見てお分かりかと思いますが・・・全体的にお高いです。

最低でもHK$100くらいするので、日本円では約1,500円といったところです。
「鶏肉の唐揚げ」がHK$120ですからね。
複数人で行って、ワイワイが良いでしょうか!

 

スポンサーリンク

鹿鳴春は一人で行っても楽しめるのか?

私は一人で鹿鳴春を訪れました。
広い円卓に優雅に座り、メニューをパラパラ眺めます。

探しているのは勿論、このお店の名物の北京ダックです。
ですが、北京ダックはLargeのHK$420のものしかなかったのです・・・。

これは1羽丸ごとテーブルに来てその場で切ってもらうサイズなので、とても一人では食べ切れません・・・。
そして、HK$420というのは、日本円で6,000円近くします。

せっかくの旅行と言えど、食べきれない料理に6,000円の出費は痛すぎます。
完全に下調べをしていなかった私が悪いのですが、量が多い&値段高いということで、北京ダックはオーダーしませんでした。

一人旅で行かれる方は、ご自身の胃袋とお財布事情とご相談ください!

結局私が頼んだのは、揚げ焼きそばみたいな料理。
もちろんサイズはSmall。

これでHK100ほどだったと思います。

テーブルには突き出しやお茶もあり、これもお金がかかります。
全部含めてトータル1500円くらいだったかと記憶しています。

焼きそばはめちゃくちゃ美味でした。
当然日本のソース焼きそばとは異なり、オイスターソース?の味付け中心に、中華の風味あふれる焼きそばでした。

チンゲン菜とエビがこれでもかと入っており、食べごたえ十分。
Smallでもお腹いっぱいの量でした。

北京ダックも「皮一枚」みたいなお一人様用のサイズがあると思っていたのですが・・・。
残念です・・・。

今度は大勢で行こうと思います♪

 

スポンサーリンク

鹿鳴春の混み具合

鹿鳴春はガイドブックにも数多く掲載されている有名店。
「予約した方がいい」なんてよく書かれています。

私の体験談ですが、〜12:00頃までに行く場合は予約なしでも普通に入れると思います。

上の写真は私が足を運んだ時のものですが、席はガラガラです。
このとき11:45くらいでした。

 

スポンサーリンク

鹿鳴春の予算

鹿鳴春の予算です。
日本で食べるのと同じくらいか、ちょっとお高いと思っていたほうが良いでしょう。

Smallサイズの料理でも1つHK$100はします。
みんな大好きエビチリもSmallでHK$140(約2,000円)します。

ビールはHK$40くらいです。

たとえば2人で行って、Smallを3種類、お酒を1杯ずつ頼んだ場合。
合計でHK380(約5,000円)くらいになります。
ひとり約2,500円です。

せっかくだからと北京ダックを頼み、Smallも1つ、お酒を1杯ずつの場合。
合計でHK$600(8,000円)くらいになります。
ひとり約4,000円です。

私のように一人で行って、Smallを1品だけ頼む場合。
約1500円〜2,000円ほどです。

 

スポンサーリンク

鹿鳴春の基本情報

名称 鹿鳴春/Spring Deer Restaurant
住所 42 Mody Rd, Tsim Sha Tsui
営業時間 11:30-15:00、18:00-23:00
電話番号 +852 2366 4012

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は鹿鳴春に一人で行った様子をお伝えしました!
尖沙咀の中心にあるのでアクセスもよく、店内も広々している中華料理屋さんです。

ただ、北京ダックは一人では食べきれない量かも・・・。
一人で行かれる場合は、お腹と相談してみてください!

ちなみに、同じく尖沙咀にある「竹園海鮮飯店」は、「Per Person」という1人前用メニューがあるので、一人旅で行っても何種類もの料理を楽しむことが出来ますよ!

他にも美味しいお店が沢山ある香港のレストラン情報はこちら!

▼一人旅におすすめ!竹園海鮮飯店の紹介はこちら▼

尖沙咀の中華料理レストラン「竹園海鮮飯店」はひとり旅行者に優しいおすすめのレストラン!
...

▼尖沙咀で本格四川料理を食べたい方はこちら▼

【香港】尖沙咀のおすすめ中華料理レストラン「川上龍」をご紹介【本格四川料理】
...

▼ミシュラン点心の味を数百円から楽しめるのは「添好運」▼

香港一人旅の飲茶なら添好運(ティムホーワン)がおすすめ!【ミシュラン掲載】
...

▼北角(ノースポイント)の大衆中華料理屋「東宝小館」▼

香港の北角(ノースポイント)にある「東宝小館」は大衆中華が楽しめるレストラン!
...

▼朝食でお粥を楽しむなら地元民にも人気の「洪利粥店茶餐廳」▼

【香港】尖沙咀の洪利粥店茶餐廳は朝食におすすめ!安くて美味しいお粥が食べれます!
...

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました