【12/6(金)9:00 スタート】Amazonサイバーマンデー!
狙い目の旅行グッズまとめ! >>

【日数別】高雄のおすすめ観光モデルコースを紹介します

スポンサーリンク

高雄観光に行く人
・高雄に旅行に行くので、おすすめの観光モデルコースを教えてほしい

・日数別で提案してくれると嬉しい

・あと、それぞれの観光スポットの観光にかかる所要時間とかも知りたい

こんな悩みを解消します。
この記事を読むと以下がわかります。

・日数別で高雄のおすすめ観光モデルコースがわかる

先日こんなツイートをしました。

台湾の高雄は年間通して暖かいので、日本の冬から脱出したい人にはおすすめです。
私が実際に行ったプランは以下。
【台北から日帰り】龍虎塔→旗津島→六合夜市
【2泊3日】龍虎塔→瑞豊夜市→宿泊→旗津島→六合夜市→愛河→宿泊→芸術特区
旗津島が良すぎて、5〜7時間くらい滞在した記憶

この記事を書いている私は、一人旅好きのサラリーマンです。台湾の高雄には過去2回旅行をしたことがあります。今回の記事はその時の経験をもとに書いています。

高雄は台湾南部の都市で年間を通して暖かいことが特徴です。海の幸も豊富な美食の街でもあります。日本からも直行便で4時間くらいなのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

高雄のおすすめ観光モデルコース

高雄に旅行に行くけど観光のコースがわからない。そんな悩みを解消します。私の実際の経験をもとに、日数別に3つに分けてご紹介します。

・2泊3日コース
・1泊2日コース
・日帰りコース

実は「1泊2日」はしたことがないです・・・。「日帰り」と「2泊3日」は経験あり。1泊2日は「私が行くならこうする」という仮定でお話します。

 

2泊3日コース

高雄の2泊3日のモデルコースをご紹介します。このときは、12月下旬に行きました。高雄の気温は28℃くらい。滞在中は半袖で過ごしていました。

おすすめのモデルコースはこちら。
カッコ( )内は観光時間の目安です。

1日目 : 昼過ぎに高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→瑞豊夜市(1〜2時間)→ディナーへ
2日目 : 朝食店(〜1時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅(〜30分)→六合夜市(1〜2時間)→愛河(〜1時間)
3日目 : 駁二芸術特区(2〜3時間)→昼頃に空港へ

 

蓮池潭の龍虎塔はガイドブックでも有名な場所ですね。新幹線が停まる駅の近くにあるので、行きやすいです。

「龍の口から入り虎の口から出る」ことで、福を招き入れることができるそうです。写真は下記。昼に行くのが王道ですが、夕暮れ時もライトアップされていて綺麗ですよ。

 

瑞豊夜市は地元民が多い夜市です。六合夜市もいいですが、ローカルな夜市に行きたければこちらをおすすめします。

ゲームの屋台(射的や輪投げなど)もあり、童心に帰って楽しめます。また、座って食べれる席も多いです。疲れたら休憩して→元気になったら回って→また疲れたら座って飲んで食べて・・・みたいなことができます。

夜市は18:00頃からスタートします。龍虎塔を見た後に行くのが、タイミング的にはちょうど良いかと。最寄り駅は地下鉄の「巨蛋駅」です。駅からは直線道路を進んで5分ほど。アクセスが良いです。

 

翌日の朝は高雄の朝食を食べに行きましょう。有名なのは「興隆居」です。ジューシーな肉まん(湯包)を食べれます。

1コNT$15(約50円)で買えます。イートインは大行列ですが、テイクアウトはすぐに買えます。なのでテイクアウトがおすすめです。

 

高雄で私が一番好きなのが旗津島です。住民もいるとは思いますが、「観光島」や「レジャーアイランド」といった位置づけの島です。高雄から10分ほどフェリーに乗って行けます。

メインストリートには海鮮レストランが並びます。ビーチもあります。凧揚げができる広い公園もあります。島を一望できる高台もあります。ビーチ沿いのバーで、台湾ビール飲みながら海を眺めるのとか最高ですよ。

あと、イチオシは島を一周するレンタサイクルです。(↓)のような道を風を切って進んでいきます。太陽の光が強いですが、「南国にきたー!」って感じでとても楽しいです。日頃のストレスとか悩みとかすべて吹き飛びます笑

遊び疲れたら、海鮮レストランで新鮮な海の幸を食べて休憩です。フェリーの最終は26:00(深夜2時)なので、どんなに遊んでも安心です。

 

旗津島で遊んだ後は、美麗島駅→六合夜市を観光しましょう。実は、六合夜市の最寄り駅は美麗島駅です。なので、期せずして一緒に観光ができちゃいます。

2つの場所の説明は以下。

美麗島駅・・・かつて「世界で最も美しい駅第 2位」に選ばれた駅
六合夜市・・・高雄の有名な夜市。観光客が多い

美麗島駅は(↓)のようなステンドグラスアートが美しい駅です。1日3回、このステンドグラスの色がカラフルに変わるショーをやっています。土日は11:00、15:00、17:00、19:00、20:00の5回行われます。

六合夜市は美麗島駅から非常に近いです。歩いて5分もかからないです。瑞豊夜市と同じように18:00頃から賑わってきます。

この夜市は一直線の大通り。まっすぐ歩いていけば観光できるので楽です。両側に屋台がずら〜っと並びます。

瑞豊夜市に比べるとゲーム系の屋台が少ない印象を受けました。あと、観光客が多かったです。瑞豊夜市の方がローカル感があって私は好きでした。

 

六合夜市を楽しんだ後は「愛河」で〆です。ここはライトアップされた綺麗な河です。水上のクルーズとかも楽しめるようですが、私は利用しませんでした。

かわりに、河沿いのカフェ&バーに入って、ライブの生演奏を聴きながらイルミネーションを眺めていました。

河沿いには何軒かお店がありました。遊歩道を散歩するのも楽しいですが、一日遊び疲れて「もう座りたい〜」という気分なのでしたら、河沿いの席でまったりするのがおすすめです。

 

続いて最終日。フライトの時間にもよりますが、私の場合は活動時間が午前中だけでした。【高雄を午後発】→【夕方に日本着】→【帰宅は夜】という流れでした。

駁二芸術特区は午前中(半日)でも楽しめるのでおすすめです。ここは古い港湾倉庫群を改築したアート空間です。エリアはかなり広く、じっくり楽しもうとすれば1日がかりかと。

駁二芸術特区の面白いところは、芸術作品がエリア内のいたるところに散りばめられていることです。マンホールや室外機、建物の壁。そんな都市景観の中にアートが紛れ込んでいます。

アート作品を探しながら散策するのが楽しいですよ。ショップやカフェもあるので、お土産探しや休憩もできます。カップルが多かった印象です。高雄のデートスポットなのですかね。

 

1泊2日コース

高雄の1泊2日のモデルコースをご紹介します。実は1泊2日は経験したことがありません。ただ、「2泊3日」と「日帰り」の経験はあるので、それをもとに考えてみました。

こんな感じです。

1日目 : 昼頃に高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅&六合夜市(1〜2時間)
2日目 : 朝食店(〜1時間)→駁二芸術特区(2〜3時間)→空港へ

やはり、高雄随一のパワースポット「龍虎塔」は外せません。そして私の大好きな「旗津島」も外せません。

夜市は六合夜市をチョイスしました。美麗島駅とセットで見れるので良いですね。元気があれば愛河も行けます。

最終日の朝は是非、「興隆居の肉まん」をどうぞ。ホテルで朝食が付いているならそれでもいいですが、ここの肉まんは絶品です♪

朝食を食べた後は、「駁二芸術特区」に行きましょう。現代芸術中心のアート空間です。エリアを散策しても良し、カフェでまったりしても良し、雑貨屋でお土産を買っても良し。

「駁二芸術特区」の周辺には、地下鉄やライトレール(路面電車)の駅が多くあります。ゆえに、空港へのアクセスが良いです。出発の時間を調整しやすく、予定を立てやすいです。

 

日帰りコース

高雄の日帰りモデルコースをご紹介します。私の場合は、「台北から台湾新幹線を使用して日帰り旅行」をしました。観光時間は9時間くらいでした。

おすすめモデルコースはこちら。

日帰り :  昼頃に高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅&六合夜市(1〜2時間)→高雄発

日帰りでも、有名な観光スポットを3ヶ所くらい回れます。もっと詰め込めば、色々行けるかもしれません。私は詰め込むのが嫌なので3つくらい。

新幹線で台北から着た場合、「左營駅」で降りることになります。この駅は「龍虎塔」の近くにあります。徒歩で20分くらいでしょうか。なので、日帰り旅行のスタートは「龍虎塔」がおすすめです。

その後は、(私の大好きな)「旗津島」がおすすめです。南国高雄の離島で過ごす一時は格別です。ただ、旗津島の代わりに、「駁二芸術特区」に行くのもアリです。

夜はギリギリまで滞在して、ぜひ、夜市に行きましょう。美麗島駅とセットで観光するために六合夜市をチョイスしていますが、よりローカル感を求めるならば「瑞豊夜市」がおすすめです。

私は21:40頃の台湾新幹線で高雄を発ち台北に帰りました。夜市は18:00頃からスタートします。21:00頃までの滞在でも十分楽しめます。

 

スポンサーリンク

現地ツアーの利用もあり

ここまで「2泊3日」「1泊2日」「日帰り」の観光モデルコースを考えてきました。ただ、自分でプランを作るのって結構大変です。なので、旅行会社の力を借りてしまうのもアリです。

自分でイチから観光コースを考えるのは大変。プロの力を借りたい。でも、全部が決まっている旅行パッケージツアーは嫌。とはいえ、滞在中の1日くらいはプロの観光ガイドコースで回りたい!

こんなことを考えている人には「現地ツアー(オプショナルツアーともいいます)」がおすすめです。出発前でも出発後でも、webサイト経由で予約ができます。

たとえば、「日本語ガイド」を売りにしているツアー会社「タビナカ」では、「【完全プライベート専用車で行く】高雄屈指のパワースポット『蓮池潭』を含む定番観光ツアー【ホテル送迎】【日本語ガイド】」のような高雄観光1日ツアーを扱っています。

効率よく高雄を観光したい場合は、こうした現地ツアーを利用するのも良いです。専用車などを利用できると、ほぼプライベート旅行のようになります。

また、運転手がいると観光スポット間の移動もスムーズです。自力で移動する場合、電車やタクシー、バス等を自分で手配する必要があります。上手く乗り換えができない場合もありますし・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。
日数別の観光モデルコースは以下です。

2泊3日コース

1日目 : 昼過ぎに高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→瑞豊夜市(1〜2時間)

2日目 : 朝食店(〜1時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅(〜30分)→六合夜市(1〜2時間)→愛河(〜1時間)

3日目 : 駁二芸術特区(2〜3時間)→昼頃に空港へ

 

1泊2日コース

1日目 : 昼頃に高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅&六合夜市(1〜2時間)

2日目 : 朝食店(〜1時間)→駁二芸術特区(2〜3時間)→空港へ

 

日帰りコース

日帰り : 昼頃に高雄着→蓮池潭の龍虎塔(1〜2時間)→旗津島(3〜5時間)→美麗島駅&六合夜市(1〜2時間)→高雄発

 

こんな感じです。

なお、自力ですべて頑張ってプランを作る必要はないです。プロの力を借りて、旅行会社の高雄1日観光ツアーを利用するのもアリだと思います。

「日本語ガイド」を売りにしているツアー会社「タビナカ」では、「【完全プライベート専用車で行く】高雄屈指のパワースポット『蓮池潭』を含む定番観光ツアー【ホテル送迎】【日本語ガイド】」のような高雄観光1日ツアーを扱っています。

では、素敵な高雄旅行を楽しんでくださいー♪

今回はここまで!
チャオ!

タイトルとURLをコピーしました